天才の天災

春夜

勇者のステータス

ミレリア帝国の魔王討伐に向けての勇者召喚、このことが世界各地に広がるのに時間はかからなかった。

重々しい扉を開けて20人の勇者が入室し、
跪く。
勇者の前に座っているのはガタイのいい無精髭を生やした男性。
この男はミレリア帝国国王、
ロレス・ヴァン・ミレリア。
元の名はロレス・ユークリフ。
ミレリア帝国は竜族に次ぐ実力主義の国だ。
初代帝国国王以外にミレリアの名を継ぐものは一人もいない。
ロレスは元々平民の生まれで、実力をかわれて帝国騎士団に入団し、瞬く間に戦果をあげ騎士団長として名を馳せた。
全国王が寿命で死んだ後、満場一致でロレスを国王にすることに賛成した。

「今回、勇者として召喚された者達です。」
側近の老人が国王に告げる。
「うむ。頭を上げよ。
そなた達の事は事前にレイアから聞いておる。」
勇者を召喚した女性が礼をした。
「勇者様方、紹介が遅れてしまい申し訳ありません。レイア・ユークリフです。
レイアとお呼びください。」
「はい、レイア様。」
初めに返事したのは、さっきからリーダー的行動をとっている男。
「そなた達の潜在能力はしかと分かった。だが、今の実力ははっきりとは分からん。俺にステータスを開示せよ。」
「ステータスを、開示、ですか?」
「ステータスオープンと口に出すが良い。さすれば俺達にも見えるようになる。」
「かしこまりました、ステータスオープン。」
すると目の前にステータスが浮かび上がった。

コウキ

人族

Lv1

体力 500

魔力 300

攻撃力 650

俊敏力 500

魔法
光Lv1

スキル
聖剣召喚

聖剣技
クリスタルロア

それに続くように他の人もステータスを開示する。


龍一

人族

Lv1

体力 450

魔力 100

攻撃力 800

俊敏力 400

魔法
なし

スキル
体術Lv1
チャージLv1
限界突破Lv1
司令Lv3


コウヘイ

人族

Lv1

体力 200

魔力 400

攻撃力 200

俊敏力 250

魔法
支援


スキル
賢者
罠感知Lv1



アヤネ

人族

Lv1

体力 400

魔力 300

攻撃力 400

俊敏力 200

魔法

精霊

スキル
精霊召喚
契約Lv1
共有Lv1



サオリ

人族

Lv1

体力 450

魔力 500

攻撃力 700

俊敏力 400

魔法

回復

スキル
武術Lv1
居合いLv1
並列思考Lv1


全員得意不得意はあるものの、
みんなもそこまで差はなかった。
「ほぅ、お前達は騎士団長と魔法師団長に預けるとしよう。2人の下で、明日より訓練に励むが良い。」
「かしこまりました、国王様。」
「「「「「はい!」」」」」
コウキに続いて皆も返事をする。
「では、今日は皆様お疲れでしょう。
皆様の部屋をご用意してます。
ゆっくり休んでください。」
そういった後、メイドと思われる人が近づいてきた。
「勇者様、ご案内させていただきます。」
どうやらそれぞれに1人メイドが着くようだ。
龍一達は案内されるまま、自室に戻った。
そしてメイドがいなくなったあと、龍一の部屋に晃平、沙織、彩音が集まり、作戦会議が行われた。
レンを探す為の作戦を建てるには、
晃平が4人のステータスを覚えて役立てる必要があるからだ。
「はっきりと役職にステータスが傾いているね。」
龍一は格闘、晃平は支援、彩音は精霊魔法、沙織は剣士と回復。
「それぞれスキルについて聞きたいんだけどいいかな?」
「あぁ、構わねぇ。」
自分たちの魔法やスキルを細かに説明し合う。
まずは龍一。

チャージ
このスキルを使うと、次の一撃の攻撃力が上昇する。一定時間行動不能。
その威力に応じて使用後疲労が訪れる。
スキルレベルに応じて攻撃力上昇、行動不能時間短縮、疲労軽減。

限界突破
自分のステータスを10倍に底上げできる。
集中が切れると肉体に膨大なダメージを負う。

司令
軍団の統率がとれる。
危機的状況になった時、精神的負荷が軽減される。
率いるチームの絆に応じてチーム全体のステータス上昇。

「確実に脳筋、だね...」
「ァあ?!」
「ご、ごめん!それはそうと、この司令っていうのは...」
「あぁ、多分前の世界でヤクザの若頭やってたからだろうな。それ以外検討がつかねぇ。」
「なるほど...」

次に晃平。

支援魔法
味方に攻撃力、防御力、回復力を高める魔法や、敵の攻撃力、防御力、回復力を下げる魔法が使用可能。
熟練度に応じて能力と持続時間上昇。

闇魔法
影に姿をくらませることが出来る。
熟練度に応じて出来ることが増える。

賢者
敵の弱点、クセを見抜くことが出来る。
自分より遥かに強い敵には効果がない。
1度見たものや聞いたことは脳内に完全に暗記が可能。
スキルレベルに応じて脳へのダメージ軽減。
自分の脳の容量より多くのことを覚えようとすると脳に異常が起こる。

罠感知
不可視化の魔法が付与された罠や
ダンジョン等の仕掛けが見つけやすくなる。
スキルレベルに応じて精度上昇。

「完全な支援型だね。」
「でもチームの為の力として申し分はないわね。」
「そうね。」
「男なら戦えっての。」
「ははは...じゃあ次は...」


次は彩音。

精霊魔法
魔力を必要とせず、使役している精霊を通して威力の高い魔法が撃てる。
使役している精霊の実力に加え、
両者の絆に応じて威力上昇。

無属性魔法
空間魔法の下位互換。
イベントリなど、空間魔法と同じような事が出来るが、容量などは遥かに劣る。

精霊召喚
使役した精霊を自分の精神空間から
召喚出来る。

契約
精霊と言葉を交わすことで、両者の同意の元使役することが出来る。

共有
使役している精霊の意識と自分の意識を共有出来る。離れていても脳内で精霊との
念話が可能。
スキルレベルに応じて、精霊が得た経験値を獲得可能。


「精霊っている?」
「こっちに来て一日目なのにいるわけないじゃない...」
「だよね...」
「で、でも、精霊を使役出来ればすごく強いわよ!」
「さ、沙織さぁん!」
「でも今は役に立たねぇだろ。」
「うっ...」
「近いうちにみんなで探しに行こうよ。」
「ありがとぉっ!」
「それで最後に...」


ラストは沙織。

回復魔法
触れた対象の傷や病を癒すことが出来る。
熟練度が上がれば触れずに癒すことが出来、生きているもののあらゆる傷や病を癒すことが可能。
呪いは解くことが出来ない。

武術
あらゆる武器に適正がある。
相手の隙が見抜きやすくなる。
熟練度に応じて技術や威力が上昇。

居合い
一定の体勢で精神を統一し、長い時間を必要とするが、一定の距離を一瞬で移動し、
ステータスの20倍の攻撃力で広範囲を一撃で攻撃可能。
精神的負荷が大きいため、乱用は不可。
スキルレベルに応じて攻撃力の上昇、
範囲の拡大、溜め時間短縮が可能。

並列思考
2つの物事を同時に思考可能。
魔法と剣技の同時使用も可。
スキルレベルや熟練度によっては威力や精度が落ちることもあるが、
スキルレベルと熟練度の上昇によって補正有り。


「攻撃と支援、両方に長けているね。」
「ありがとうございます。
みんなも凄いスキルや魔法だと思うよ?」
「この中でレンくんを探すのにカギになるのは沙織さんの成長、龍一君のスキルを使うタイミング、彩音ちゃんの精霊、
僕の精神的成長だね。
明日から訓練って言っていたけど、
それぞれの課題を忘れないように意識して練習してね。」
「ぜってぇ誰にも負けねぇよ!」
「け、喧嘩じゃなくて訓練だよ…」
「精霊、早く見つかるかなぁ…」
「大丈夫よ。レン君に会うためなら、
全力で付き合うよ。」
「ありがとうございます!」
「じゃあそろそろ解散にしよう。
おやすみなさい。」
「「おやすみ。」」
「おう。」

そして色々なことを経験した勇者にとっての濃い一日は終わりを迎えた。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー318951

    にやラサ納屋練りの打つボール投げたり、この場合多い人が遅れたごめんなさいごめんなさい(>_<)の打つボール投げたり、この場合多い人が遅れたごめんなさいごめんなさい(>_<)の打つボール投げたり、この場合多い人が遅れたごめんなさいごめんなさい(>_<)の打つボール投げたり、この場合多い人が遅れたごめんなさいごめんなさい(>_<)の打つボール
    兄弟姉妹サイトはいいですが。その言葉が遅れたごめんなさいごめんなさい(>_<)をす

    0
コメントを書く