天才の天災

春夜

それぞれの道

龍一達が目を開くと、全く見覚えのない光景が広がっていた。
いかにもという感じの西洋の城内と思われる建物の造り、ローブと言われるものを着た者が約10人がこっちを見て感嘆の声を上げている。
「おぉ!姫様、成功にございます!
今すぐにでも国王様にご報告を!」
「お待ちなさい。」
いかにもお姫様らしい女性がローブの人混みから姿を現す。
金髪を腰まで伸ばしている、数多の男を虜にしてしまうような美貌。
「勇者様方、此度は私共の召喚に応じていただき、誠にありがとうございます。」
つい聞き入ってしまいそうになる、透き通った声が響く。
「誰だ、てめぇ...」
女性とは反対の、殺気を乗せて言葉を発しているのは龍一だ。
「りゅ、龍一君!抑えて!
今は何もわからない状況なんだし、苛立ちを表情に出すのは良くないよ!」
「...ちっ...」
「すみません。私たちみんな、急な事に戸惑ってしまっているのです。
私たちがここに呼ばれた経緯など、教えていただけないでしょうか?」
龍一が晃平、彩音の元に下がると同時に、
1歩前に出てきて口を開いたのは、
全く見覚えのない男性。
この男性だけではない。今この場にいる者達はほとんどが1度も会ったことがない。
彩音はその中に1人、見知った女性を見つけたので、駆け寄る。
「沙織さん!沙織さんも来ていたんですね…」
「彩音ちゃん!光に包まれたと思ったら突然...それより!元の場所にはどうやったら帰れるのかしら!もしここが違う世界なら、早くレン君のいる世界に帰らなくちゃ!」
彩音は内心でほっとしていた。
沙織さんはついこの間レンが逮捕されたことで、心に大きな傷を負ってしまった。
立ち直っているように見えるが、
人の心の傷というのはそう簡単に消えるものじゃない。それに続いてこんな状況だ。
ショックは受けてはいるようだが、レンのことで頭がいっぱいというのは前の世界でも変わらない。つまり通常という事だ。
「沙織さん、ここに来る前に声みたいなものは聞こえましたか?」
「え?レン君の声?」
「あ、いえ。レンじゃなくて、もっと無機質な感じの声です。」
「聞こえたような気もするけど、
あまり覚えてないわ…」
「そうですか。その声は自分を神と言っていました。そして、私たちの他にも別の場所に転移した神にも計り知れない才能を持った者がいて、敵対はするな、と。」
「それがどうしたの?...まさか...」
「ええ。私はレン程の才能がある人間が、そう何人も存在しているとは思えません。もしかしたら、レンもこっちの世界のどこかにいるんじゃないかと...」
「おい!彩音、それはマジか!」
「ちょ、急に話しかけないでよ!
ビックリするじゃない!」
「なんか聞こえた気はしていたが、
そんなことを言っていたとはな…」
「僕にも聞こえたよ。
多分、レンくんで間違いはないだろうね…探しに行くにしても、何も手がかりがないんじゃ無闇に動くのは危険だと思う。
お姫様が今から王様と謁見、明日からは訓練をつけてくれるみたいだし、その聞こえた声によると、僕たちには力があるみたいだ。強くなってからでも遅くはないんじゃないかな。」
「...訓練...仮に今会えたとしても、
俺はレンさんの邪魔にはなりたくねぇ...
仕方ねぇか…晃平!レンさんを探す計画はお前が立てろ!」
「えぇ〜...みんなで立てた方がいいんじゃ...」
「ムカつくが、俺にお前ほどの知恵はねぇ!だから計画はお前が立てろ。
そのための道は俺が開いてやる!」
流石は、元ヤクザの若頭ってだけはあるね…
「わかった。その代わりみんな、
くれぐれも無茶はしないようにね。
あと、出来るならみんなの力は他の人には言わない方がいい。この世界にステータスとかゲームみたいなものがあったとしたら、僕らだけの秘密にしよう。」
「「「了解。」」」
「そちらの勇者様方、今から謁見です。
申し訳ありませんがついてきて頂けますか?」
「あ、はい。すみません!」

(レン君が1人別の場所に...?
待っててね、レン君!できるだけ早くお姉ちゃんが助けに行くから!)

(レンさんが1人...か...
あの人は絶対強い。そんな気がする。
あの人に認められる為にも、こっちの世界で誰にも負けないぐらいに強くなってやる!)

(レンくん、来てるといいなぁ。
学校の時も、来てすぐに眠っていたことが多かったから、言いそびれちゃったな...
あの時不良から助けて貰ったお礼...
後悔しないように、次あったら絶対言おう!その為にも、力をつけてここから出る計画を立てなくちゃ!)

(レン、1人なんだな...寂しくないかな…
レンに会いたい...私は風紀委員を中学校からやっているから、何となくわかる。
レンはタバコも吸うし、お酒も龍一と飲んでいた。容赦もないのも知ってる。今回レンが逮捕されたのも、人を殺したからだってのも分かってる。でも...
レンは悪い人じゃない気がする。
レンが悪い人なら私達は邪魔だって思われているのかな…嫌だな…レンからだけは、嫌われていたくない...
レンに会って、聞いてみたい!
レンの口から、直接。)

(このお姫様は、困っていた。
魔王のせいで、人族の危機だと。
魔王は許せない。女性を悲しませる魔王を許していいはずがない。
僕は僕の正義を貫こう。
強くなって、困っている人は絶対に助ける。それが僕の正義だ!)

召喚された者達が覚悟や目的を胸に持ち、
それぞれの道を示した。
今この瞬間、勇者としての人生が幕を開ける。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く