天才の天災

春夜

叡智、改め...

ゲートをくぐった先は、辺り一面白に包まれている。この空間に終わりはない。
叡智に聞いた情報によると、
本来の空間魔法によって作り出された空間は、術者の魔力や技量によって大きさが限られる。つまりは俺のステータスは人の域を超えており、さらに二神によって効果が跳ね上がっているのか。
「マスターのステータスが人の域を超えているのは否定しません。ですが、この空間がどこまでも続いているのは、別の理由が存在します。」
別の理由?その理由はなんだ?
「マスターの魔眼によるものと思われます。」
あー、いろんなものの制限を無くすってやつか…武器とスキルは書いていたが、魔法にも影響するんだな…
「そのようですね。」
鑑定や叡智といえど、完全に全部がわかる訳では無いんだな。
これからはそのことも頭に入れていこう。
「マスター。マスターが魔法やスキルを試している間、私も少し実験してもよろしいですか?」
何をするんだ?
「以前からずっと試したいことがありましたので…マスターやミネア達に害も損も与えることはありませんので!」
なんか必死だな。
今までの機械じみた口調とは打って変わって、意思を持っているような気がする。
まぁ、俺に損がないなら好きにしていろ。
「ありがとうございます。」
それきり叡智の反応はなくなった。
さて、俺達もやるか。
「おいお前ら。いつまでも騒いでないでじっとしてろ。魔法が当たっても知らねぇぞ!」
「そ、それは困ります!」
ガキのように走り回っていたが、
俺の魔法が当たることはやはり誰でも怖いだろう。今から使う魔法やスキルは俺も知らないのばかりだ。何も知らないんじゃあ加減のしようがない。
3人とも急いで俺の後ろに周り、見物モードに入った。
よし、やるか!


結構な時間がたった時、叡智がようやく反応が返ってきた。
「マスター、大変時間がかかってしまい、申し訳ございませんでした。」
別にいい。それより、何か収穫はあったか?
「はい!私の念願が叶いそうです!」
そうか。お前が何をしていたのか、正直俺も気になる。見せれるか?
「あ、その前に、損は無いと言っておいてアレなのですが…その...少し魔力を頂いてもよろしいでしょうか...?試しているうちに私に保有されていた魔力が尽きてしまいまして...」
それぐらいなら問題は無い。
今の俺の魔力は、ほとんどそこがないからな。
「ありがとうございます。では...」
すると、俺の魔力が少し吸われたような感覚があった。
そして、真っ白の空間があっという間に光に包み込まれた。
光がおさまり、ゆっくりと目を開けると、
「マスター。成功しました!」
見覚えのない女が目の前に立っていた。
銀と言うより、透き通るような白い髪を腰まで伸ばしている。
スタイル抜群で、紅い目をしている。
「あ、あんた誰だい!!ボスの空間に許可なく立ち入るなんて、いい度胸してんじゃない!」
「...敵!」
珍しく二人とも好戦的だ。
今目の前に立っている女性。
見覚えもなく、声も聞いたことがない。
でも、何となくでわかった。
「なるほどな。肉体を造ったのか、
叡智。」
「え、叡智?」
「叡智は、スキル。体はない、はず...」
「だから造ったんだよ。
俺がお前ら所有物を間違えるわけないだろう?」
すると女性はクスッと笑い、
「ご名答です。マスター。
この姿、いかがでしょうか?」
「いいんじゃないか?」
「ふふっ!嬉しいです!
マスターの記憶や感情で理想の姿を探してはいたのですが…マスターは容姿にこだわりはないらしく、何もヒントを得られませんでしたので、マスターの前の世界でのご友人が仰っていた「巨乳は正義」というのを参考にしてみました!」
そんなもん参考にしなくてもいいんだが…
「あぁ!これでついに、マスターに触れることが出来るのですね!」
叡智が頬を赤く染めながら、何かを呟いている。
「何で俺に触れたいんだ?」
「今までマスターのスキルとして、お役に立てていたのはすごく嬉しかったんですが…ミネアやシズク、ココが羨ましくもあったんです。」
まあなんにせよ、戦力が増えたことに変わりはない。喜ばしいことなのだろう。
「叡智、これはお前の分だ。」
そして俺は、イベントリからあらかじめ作っておいた、ミネア達と同じ首輪を取り出す。
「わ、私まで頂いていいんですか?」
「お前も最初から俺のものだ。
そもそも俺のスキルだしな。」
「ありがたくいただきます!」
「ますたー、名前。」
「名前?」
「叡智、スキル名。ますたーの物の名前、いる。」
「必要か?」
「ぜひ!!」
試しに聞いてみたところ、飛びつきそうな勢いで即答だった。
なら付けるか。んー...
「リズ...ってのは?」
「リズ...はい!私は今日をもちまして、リズに改名します。よろしくお願いします、マスター、ミネア、シズク、ココ。」
「あぁ。」
「よろしくな!」
「...よろしく。」
「こちらこそ、よろしくお願いします!」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く