天才の天災

春夜

いつもの朝と役割

コンコンッ
「失礼します。」
「おう。おはよう、ココ。」
「...ん〜...おはよ...」
「お二人共、おはようございます。
シズクちゃんも朝は苦手なんですね。」
「ボスよりはマシな方だけどね…」
「ご主人様はあまり起きるのに時間がかかるとは思えませんが…」
「あんたは何でか起こすの上手いからね。」
「呼びかけてるだけなんですが…」
「あたし達の時は揺すっても起きないよ...」
「ご主人様は何時に起きる予定ですか?」
「あー、昼過ぎって言ってたから、もうそろそろだね。」
ミネアは竜族でシズクは魔族、2人共あまり食事を必要としない。
竜族は怪我や病の時に治癒能力を高めるために食事をとり、何も無い時は1週間は何も食べなくても問題は無い。
魔族はそもそも食事を必要としない。
空気中にある魔法を撃つ時に使われる魔素を吸収するため、生涯何も食べない魔族も存在する。
が、そんな2人が食事を1日に1回とる理由。それはレンが食べるからである。
ココは人族なので、3人が食べない間に料理の試作品などを作って食べている。
「ご主人様。もうすぐお昼です。
そろそろ起きてください!」
「ん〜...んぁ。おはよ。」
今にも消えそうなほど小さい声だが、
ここまで起きればレンは起きる。
これが出来るのも、恐らく世界にココだけだろう。
「おはようございます、ご主人様。」
「おはよう、ボス。」
「おはよ。ますたー。」
「おはようございます、マスター。」
ココがベッドの側に立っていて、
シズクは俺の隣で寝ている。
ミネアはどこにいるのかって?
正解は、俺の枕元だ。
この前、物として役割を得たいとこいつらが言い出してきた。
ココは屋敷を任しているし、家事も全部こなせる。
シズクとミネアは戦闘しか出来ないが、
俺に支援は必要ないし、今までも2人はあまり戦闘にも加われず、後ろで見ているだけだった。
シズクは女にしては長身で、すらっとしている。胸はあまりない。
ミネアはグラマラスというのだろうか。
出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいる。前の世界にいれば、殆どの男を虜にしそうな体型だ。
試しにミネアに枕になれと命令したところ、あまりにも気持ちがいい。
柔らかく、すごく落ち着いたため、
寝る時はミネアを枕にして寝ている。
ミネアを枕にした事でシズクが落ち込んでいたようだった。
シズクはくっつくことが好きらしく、
よく俺に引っ付いていてから、最近冷えるから温めろと言ったら嬉しそうにしがみついてくるようになった。
この世界に来て、初めて好きなことができた気がする。

「今日は何か用事あるのかい?」
「ない。」
「この前助けたお礼に王城に行くってのはどうだい?」
「面倒くさい。」
「即答...もう行くことはなさそうだね...」
「ますたー、自分の力、全部試した?」
「自分の力?」
「ますたー、強い。魔法も使える。
スキルも多い、聞いた。全部、使った?」
「あー、そーいや使ってないのもめちゃくちゃあるな…」
「見たい。」
「ボスの力かぁ。あたしも見てみたいね!」
「私もご一緒してよろしいでしょうか?」
「いい機会だし、使ってみるか。」
戦いの度に2回魔法やスキルを使うのは、
もし強敵が出てきた時危険な目にあうし。
「空間魔法、
絶対領域アブソリュート・テリトリー
もちろん2回連続で使う。
俺の心の奥に何かができた感覚があった。
転移門ゲート
2回使うと、俺達の目の前に黒いモヤがかかった何かが現れた。
その中心は引き込まれそうな、空間が捩れたような、そんな感じがする。
「このゲートは俺が作った空間に繋がっている。俺達が通ればゲートは消える。
向こうの空間は、一応時間の流れを遅くしている。来たい奴だけ通れ。」
「失礼します。」
そう言うやいなや、全員が躊躇い無く飛び込んだ。
やれやれ、もう少し警戒心を持ってもいいんだがな…
いや、やっぱりこいつらは俺の所有物として1級品だな。
そう思いながら、レンの姿もゲートの奥に消える。

完全にレンを信じ切っている所有物達の行動で、レンの所有物に対する信頼度が少し上がったのは、誰も知る由はないだろう。
恐らく、レン自身も...

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く