天才の天災

春夜

ミシェルの過去

〜ココside〜
私は今朝食の準備を終え、ご主人様を起こすために寝室に向かっています。
ご主人様の所有物になって日は浅いですが、ご主人様がすごく私達を大切にして下さっていることはよく分かります。
ご主人様に買われる前は、私はある村にいました。村の人達は畑仕事や狩りをして、その日をやりくりしていたので、裕福な暮らしはしたことがありません。
小さな村だったので、稼げる働き口はそう多くありませんでした。大好きなお母さんは病気で寝込んでいたし、お父さんは狩りで私が生まれてすぐに亡くなったため、
私がしっかり働いてお母さんに心配をかけないようにしようと頑張っていた時、
村のおじいちゃんが
「王国でメイドや執事として働けば、
莫大なお金が貰える。」
と言っていたのを思い出し、メイドとして働く為に知識をつけ、村の人達に教わりながら何とかメイドらしくなることが出来ました。
そのおじいちゃんが、狩った魔物を売る為に王国に行くと言っていたので、私も一緒に乗せて行ってもらうことにしました。
「お母さん、私、頑張ってきます。
村の人達にも今までたくさんお世話になったから、恩返ししなきゃ!」
「もう立派なメイドさんね…
休みを貰えたら、いつでも帰っておいで…ゴホッゴホッ!」
「無理しないで、お母さん。
また帰ってくるから、お母さんもゆっくり休んでてね。」
「ええ。ありがとう、ミシェル。」
「明日早いから、もう寝るね。
おやすみなさい、お母さん。」
「おやすみ、ミシェル。」
そう言って寝室に戻り、明日の準備を済ませて早めに眠ることにしました。
私が眠りについたその夜中、村があまりにも騒がしかったので目が覚めてしまい、窓の外が明るいことに気がつきました。
「まだ夜中なのに、なんだろう?」
おじいちゃんが馬車のライトをつけているのかと思い、ふと外を見ると、
「な、...なに...これ?」
村は火の海に包まれていた。
まだ自分の家には火は着いていない。
今のうちにお母さんと逃げないと!
そう思ってお母さんの部屋に行き、
「お母さん!村が燃えてるの!
早く逃げよう!」
「え、ええ。」
お母さんは重々しく体を起こし、私の方に手をかけてベッドから起きた時、
窓の外で大きな影が動いたのが見えた気がした。
バタン!
「ミシェルちゃん、ラーシャさんも!
ど、ドラゴンが!早く逃げよう!」
おじいちゃんが助けに来てくれた。
「おじいちゃん、ちょっと手を貸して貰えますか?」
「ああ。ラーシャさんは俺がおぶって行く!」
「ごめんね...ゴホッ!ラルムさん...
迷惑かけてしまって...」
「迷惑なんてとんでもない!
村の人達は皆家族みたいなもんだ!」
私は泣きそうになるのを我慢して、
3人で外に出る。
「グォォォォォ!!」
「ひっ!」
「ミシェルちゃん!止まらずに走れ!」
「は、はい!」
その時は必死におじいちゃんのあとを追いかけました。
「おじいちゃん!ほかの人たちは?
もう避難してるの?」
「......」
「おじいちゃん?」
「他の家も見て回ったが、どこの家も日が回って近寄れる状況じゃねぇ。
ラーシャさんの家は俺達の家から少し離れているから、まだ火は回ってなかったんだろう...」
「そんな...じゃあほかの人たちは!」
「わからん...俺たちより先に避難しているか、あるいは…」
逃げ切るまでは泣くのはよそうと思ってましたが、涙を抑えることは出来ませんでした。
「グルゥァァ!」
空を飛んでいたドラゴンが私達に気がついた様で、火の玉を口から吐き、私達目掛けて飛んできた。
「きゃぁぁぁ!」
「ウォーターウォール!」
火の玉が、突如間に出てきた水の壁によって防がれた。
「おじい、ちゃん?」
「舐めてもらっちゃ困る。
これでも昔は冒険者として活動してたんだ!だが、俺ももう年だ...
気付かれずに逃げれたら最高だったんだがな…ラーシャさん、あの時に話していた事、やってもいいか?」
「ええ。ごめんなさい、ラルムさんだけでも逃げれるかもしれないのに...」
「俺は別に構わねぇよ!長くない命だ!
ミシェルちゃんを守れるなら本望さ!」
「おじいちゃん?お母さん?
一体何の話をしてるの?」
「ミシェルちゃん。これは村人全員が話し合った意見だ。もちろん、ラーシャさんもな。ミシェルちゃんは俺達の、いや、この村の宝だ。もしこの村に何かがあった時に、ミシェルちゃんは、俺達が命懸けで守る。これは、あんたのお父さんが亡くなった時に、みんなが父親の代わりになろうと話し合ったことなんだ。」
「何...言ってるの...?」
「ミシェル、あなたには今まで、迷惑かけたね。母親らしいことなんて何もしてやれなかったけど、あなたは私の自慢の娘よ...」
「お母さんまで!みんなで逃げれば助かるかも...」
「ミシェルちゃん。このドラゴンは恐らく上位種、S級冒険者のパーティでこなせるほど危険なんだ。」
「で、でも!」
ここで自分の考えを譲ることは出来なかった。私はお母さんも、この村の人達も大好きだから。
「ミシェル、あなたが私の子供で本当によかった。私のところに生まれてきてくれて、ありがとう...」
「ミシェルちゃん。あんたは若いのに、俺達老人に気を使ってくれたり、明るく話しかけてくれたり、すげぇ嬉しかったぜ!こんな小さな村で、どこでも作れる作物やよく出回ってる魔物しか売りに出せない村だけど、あんたを今までラーシャさんと村で育て上げてきたことは、この村の最大の誇りだよ。ありがとな。」
私は涙が止まらなかった。
こんなこと、今まで言われたことがないし、おじいちゃんの背中はいつもより大きく感じ、私が何を言っても一緒に逃げてはくれないだろう。
「ミシェル。
私からの最後のお願い...生きて!」
今まで病で寝込んでいた母から聞いたことがないほど意志のこもった、強い言葉。
「グスッ...ゔん。」
私の返事を聞くと、お母さんはにっこりと微笑んだ。今まで何度も目にした、お母さんの笑顔。
「このまま走り抜けな!ミシェルちゃん!俺は今まで培ってきたウィザードとしてのこの力!!倒すためじゃなく、愛するものを守るために使ってやらぁ!」
「4重魔法展開!アクアプロテクト!」
背中越しにおじいちゃんの声が聞こえ、私の周りに青い球状のバリアが4重ではられた。
振り返っちゃだめ!振り返っちゃ...
そう頭で言い聞かせ、ただひたすらに走る。
「ミシェル!!」
ふと頭の中でお母さんの元気な声が聞こえた気がした。
つい後ろを振り返ってしまうとそこには、
「愛してる!」
地面に座り込み、そう口を動かしたお母さんがたちまち炎に包まれた。
「いやぁぁぁぁ!」
足が止まりそうになりながらも、お母さんの最後のお願いを叶えるために全力で走る。王国に行って助けを呼べば、もしかしたら助かるかもしれない...
わずかな希望を胸に走った。
もうどうやって助かったのか覚えてません。気づけばバリアは無くなっていて、
体中傷まみれで倒れていた。
私...もう死んじゃうのかなぁ…
お母さん...おじいちゃん...ごめんなさい...
ガラガラガラ
馬車の音が聞こえて目を開くと、
魔物を追い払った奴隷商人が立っていた。
「人間ではないですか。ここまで傷をおっていては商品にはなりませんねぇ。
いや、もしかすると司祭様なら治してくださるかもしれない。一応連れていきますか...」
ブツブツと独り言を言っていたけど、よく聞き取れなかった。身体中の痛みはない。
それよりも心におった傷が大きかった。
私の意識は途絶え、目を覚ますと牢屋のようなところにいました。

私がご主人様に出会ったのはそのすぐあとのことです。
メイドとして、所有物としてあるまじき行為だとは思っているとですが…その...
私はどうやらご主人様に惚れてしまったみたいです...でもそれは私だけではなく、
他の人たちも同じみたい...
シズクちゃんもミネアさんも、もしかしたら叡智さんも...

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く