天才の天災

春夜

屋敷と奴隷

俺たちは屋敷を買う為、不動産みたいなとこに来た。
「いらっしゃいませ。物件をお探しですか?」
ドアを開けると、若い男性が営業スマイルを浮かべている。
「屋敷をくれ。
なるべく大きめの、庭が付いてるやつ。」
「予算の方は?」
この世界にローンなどはない。
全てのものの売り買いは一括でその日のうちに取り引きされる。
俺達は家を買いに来たが、3人とも手ぶらだから冷やかしかもと思ったのだろう。
「金ならいくらでもある。
いくつか候補をくれ。その中から選ぶ。」
「かしこまりました。」
疑いは晴れていないものの、仕事だからと割り切ったのか、作業をする。
数分たった頃、
「当店で用意できるのはこの3点です。」
パソコンのようなもので画像を見せてもらう。

1つ目は、王城の次に大きい。だが、値段があるうえに、ここから少し距離がある。
王国からも少し離れているようだが、
この国の所有物ということで、この国で商売しているらしい。
2つ目は、1つ目と同じぐらいだが庭が小さめ
3つ目は、1つ目と同じぐらいの庭に少し小さい屋敷

「なら1つ目のを買おう。」
「よ、よろしいですか?
白金貨5枚になりますが…」
「構わん。」
俺はそう言って、白金貨10枚作り、5枚を渡す。
「あ、ありがとうございました。
屋敷までご同行致しましょうか?」
書いてある地図を叡智に頼んでマップに記憶してもらう。
「いや、俺たちだけでいい。他によるところもあるしな。」
「かしこまりました。
本日は当店をご利用頂き、ありがとうございました!何かございましたら、ご連絡ください。屋敷の所有者の名義はどうされますか?」
「レンでいい。」
「かしこまりました。
本日からこの物件はレン様の屋敷にさせて頂きました。ご自由にお使いください。」
「ああ。」

店を出て、昼飯を食べていないことを思い出す。
そーいや、起きたの昼前だしな。
「お前ら、何か食うか?」
「そーいえばもう昼だね。」
「食べる。」
「何が食いたい?」
「ますたーの料理。」
「?俺の料理?」
「あー、ボスと王国に来る前に魔物を焼いて食ってたろ?ボスは料理が上手いってその時のことを話したら、食べたいってさ。」
あの時は味付けなんかなかったから、
森に生えてる草を鑑定して、味がついた草をすり潰してブレンドして焼いてたな…
「いいぞ。料理してやる。
でも、それはもう1つの用事を済ませてからだ。それまで我慢しろ。」
「わかった。待つ。」
「久しぶりに食うねぇ、ボスの飯。
宿の飯も美味いけど、やっぱりボスの飯には適わないからね。」
即興料理に負ける宿の飯とは...
種族がタナトスになってから腹が減ることは無いが、人間だった頃の感覚が抜けないせいか空腹を感じる気がする時がある。
神というのはどれだけ食べても、食べなくても問題はないようだから、やっぱり感じるだけのようだ。
「じゃあ、もうひとつの方へ行くぞ。」
「そーいや聞いてなかったけど、
次は何処へ行くんだい?」
「奴隷商。」
ガシッ
急に右腕に重さを感じ、振り返るとシズクが目を潤ませて震えている。
「売らねぇよ...」
安心したのか、涙を手で拭いながら歩き出す。
「あたしらはものだからねぇ。
シズクは売られるのが怖いんだろう。」
「お前は怖くないのか?」
「ボスはいらなくなったら売らずに捨てると思うんだよね。あたしの感だけど…」
「ま、その感は当たってるな。
金なら作れるし、いらなくなっても他のやつにやる気はない。捨てるか殺すな。」
「着いた?」
シズクが立ち止まった先には、小さな一軒家がある。
「ああ、ここだな。」
扉を開けると小太りのオッサンがいた。
「いらっしゃいませ。なんの御用でしょう?」
「奴隷を買いに来た。」
すると奴隷商はくるりと後ろを向き、
歩き出した。
「かしこまりました。
では、着いてきてください。」
カウンターの後ろには下に続く階段が隠されていて、俺達は奴隷商のあとに続く。
地下に着くと、鉄格子でいくつもの囲いを作った部屋があった。
囲いの中には複数の奴隷がいる。
「どのような商品をお求めで?」
「身の回りの世話と屋敷の管理を任せるやつ1人。」
「少々お待ちください。」
俺は予めこの奴隷達を鑑定していて、
めぼしい奴を見つけてきている。
しばらくして、奴隷商が1人の女を連れて戻ってくる。
「これはいかがでしょう?
元々メイド業をしていた者ですが。」
「違うな。」
俺が求めていたやつじゃない。
「ミシェルという女だ。」
「ミシェルですか?」
奴隷商が少し驚いた素振りを見せる。
取り扱ってる奴隷の名前を見たことも無いやつが知っていたのだから、当たり前なのだが…
「この奥にいます。着いてきてもらってもいいですか?」
奥に続く扉を抜けたところにいる。
さっきの女のように連れてこない理由は、
「ここです。」
右足と左手がなく、右目も潰れている。
死ぬのは時間の問題だろう。
「ひでぇ傷だな。」
ミネアは顔を顰め、シズクは俺のコートを握っている。
「これを買おう。」
「ですがこの傷です。
恐らくもうじき死ぬ物なので、お売りすることはできません。」
「俺なら直せる。」
「そ、そんな馬鹿な...
神官の方もこられたことはありますが、
この傷を治すことは出来ませんでした。」
「なら、証明しよう。」
俺はミシェルに手をかざし、ヒールよりも上の階級の魔法を使う。
「リヴァイブ。」
この魔法は普通のやつには使えないほどの大魔法だが、俺の魔力なら全然問題なくうてる。死んでなければどんな傷も癒すという能力だが、二神でさらに効果が上がり、
死んでも1日以内なら生き返るようになっている。
「...あ、れ?みえ、る?」
ミシェルが自分の変化に気づき、戸惑っている。
「これで買ってもいいな?」
「ほ、本当に治すことが出来るとは...」
「値段は?」
「必要ありません。
もともと廃棄する予定でしたので、
お金は取れませんよ。」
「そうか。なら貰っていくぞ。」
「あ、こちらの紙に血を貰ってもいいですか?」
紙には主従契約書と書かれている。
俺も隷属魔法は使えるが、面倒だし任せよう。
渡された針を使い、紙に血を垂らす。
「これで契約が完了しました。
それと...」
そう言って奴隷商は金貨を10枚俺に渡す。
「今後このような奴隷が売られてきた際、治していただけませんか?
もちろん、レン様が望む者がいた場合、
真っ先にお渡しします。」
「良い取り引きだ。のったよ。」
「ありがとうございます。」
俺はまだ使っていない念話魔法を連続で2回使い、ある物を作って渡す。
念話道具テレパス
ネックレスになっている。
「これは?」
「それは俺が作った道具だ。
それを使えば、離れていても俺に念話が送れる。新しいのが入った時はそれを使え。」
そして、同じものをミネア、シズク、ミシェルにも渡す。
「一応お前らにも渡しておく。」
「サンキュー。」「ありがと。」
「あ、ありがとうございます…」
さてと、用事は住んだな。
「じゃ、こいつは貰うぞ。」
「はい。今後ともよろしくお願いします。レン様。」
頭を下げる奴隷商を横目に店を出る。
「あ、そうだミシェル。」
「はい?」
「お前にはもうひとつ、これを渡す。」
「首輪、ですか?」
「ああ。それはお前らが俺の所有物だという証だ。詳しいことはミネアから聞いとけ。」
「分かりました、ご主人様。
それと...」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く