天才の天災

春夜

種族差別

ミネアの腕を治した後、俺達は予定通り鍛冶屋に向かった。
鍛冶屋には、煌びやかな装飾が施された武器や防具がずらりと並んでいた。
「店の人はいねーみてーだな、ボス。」
ボス呼びでミネアの強気な口調だと借金の取立てとか、そんなのを思い出すな…
「いや、いるぞ。部屋の奥だ。」
「そうなのか?」
「仕事中のようだ。」
気配察知と神眼を使うことで、姿を見なくても鑑定ができる。
しかしこれは、スキルレベルに関係なく、鑑定がかけられる距離に制限があるみたいだな。宿からはいることが分かっても鑑定が出来なかった。付け加えるならば、
目視した相手にしか神眼が使えないということもわかった。
しかし、露店のような感じで商品を並べているが、仕事をしているやつの他に店員っぽい者は見当たらない。ここのセキュリティは大丈夫なのか?
盗み放題な気がするが...
「...なるほどな。」
「ん?どうしたんだ、ボス。」
「いや、道を歩いてる連中がなんでこの店の商品に手をつけようとしないのか、鑑定をしてみるとよく分かったよ。」
叡智、ミネアにも鑑定結果を見せてやれ。
「かしこまりました、マスター。」


ブロンドソード
攻撃補正D+
耐久性F-


付与魔法【呪】

製作者の魔力を通すことでこの魔法は解除される。
解除前に製作者と一定以上離れた場合、
製作者に位置情報が送られ、呪いを受けた者は製作者が魔法を解除するまで、身動きが取れなくなる


「他の商品と周りの連中を見る限り、
商業者にとってはこれが当たり前みたいだね。」
「その言い方だと、お前ら竜族は違うのか?」
「あたしら竜族は強さが正義だからね!
そもそも人が作った武器は使わないし、竜の姿になったら使い物になんないからね…」
「竜の姿で剣を持って鎧をつけてるのも、面白そうだがな...」
「ボス...あんたも冗談言うんだね...」
冗談のつもりは無いんだか…まぁいい。
店前で話をしていたら、向こうから来てくれた。
「なんだいにぃちゃんら!客か?」
「今回は値段を見に来ただけだ。」
「そうかい。金が出来たら、また来な。」
「おう。」

「ドワーフじゃないんだな…」
ボソッと呟いたつもりだったが、ミネアが答えてくれた。
「そーいやボスはこっちの世界の事はからっきしなんだっけか。
周りを見てみな。」
「周り?なんの変化も見られないが…」
「種族だよ。人族ばかりだろ?この国では、亜人は魔物のなり損ないの様に思われているって聞いたことがある。
ドワーフやエルフなんかもこの世界にはいるが、ほとんど他種族と共存なんかすることは無いよ。」
種族の差別か…
人間は面倒な生き物だな…
「そーいえば、お前は入れたんだな。
竜族なんだろ?」
「例外ってのも存在するのさ。
あたしの場合はボスから貰った首輪だね。たぶん他の奴らはあたしはボスの奴隷だと思ってるんじゃないか?」
「奴隷、か。
この世界は知らないことが多いな。」
「ま、ゆっくり覚えていくといいよ。」
「そうだな。」
大きな正門をくぐり、草原に出る。
飛行フライ
すると足の裏から押されるような感覚があり、どんどんと浮き上がっていく。

待てよ?二神の効果で何をするにも1度目は失敗のはずだ。ステータスを確認したが、二神が消えているわけではない。
なら何故、俺は今宙に浮くことが出来ている?
そう思ったのとほぼ同時、急に足の押されるような感覚がなくなり、逆に引力が強くなったのかと錯覚するほどの勢いで、さっきまでいた地面に吸い寄せられる。

ズドォン!!

「ぼ、ボス!!!大丈夫かい?!
あんな高さから突っ込んでくるなんて...」
「いってぇな。二神の失敗にはこんなのもあんのかよ…」
とは言ったものの、体力値が高すぎるせいか、表示されていないだけで防御力が高いからなのか、あまり痛くはなかった。
「なんともねぇよ。それより、手を貸せ。」
「ボスが強いのはわかってるけど、あんまり無茶しないでおくれよ?」
「わかってる。」
ミネアの手を握り、ミネアを持ち上げたまま、今度こそフライで飛ぶ。
龍化を使ってみるのもいいが、一応正門前だからな。目立たない為にも、人目は避けるべきだという理由からフライを使うことにした。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く