天才の天災

春夜

謁見

冠を被った白髭の老人が玉座に座っている。
周りには貴族が少しと、国王の護衛であろう騎士2人、その他に数名が部屋にいた。
「よくぞ参られた。
アリシアから話は聞いているよ、
レン殿。おや?」
国王がそう告げたが残念、俺はまだ扉をくぐってはいない。
アリシアが国王の前まで歩いていき、頭をたれる。
「どうした、アリシア。
早くお前の恩人を部屋にお連れしなさい。」
「お父様。申し訳ございませんが、
お父様と私とレン様、レン様のお仲間の4人での面会は出来ませんか?」
国王は何も言わず、少し考えた素振りをする。
「なりません!」
隣にいた騎士が強く言い放つ。
「大声をあげてしまい、大変申し訳ございませんでした。アリシア様。ですが、
私達騎士がこの場を引くことはできません。陛下やアリシア様にもしもの事が起こらぬよう、私たちがついているのです。」
「そう...ですか...」
アリシアは見るからにしょんぼりとしてしまった。親に叱られた子供みたいだ。
「どうして4人での面会なのだ?」
考えていた国王が口を開いた。
アリシアが黙り込んだ。頭の中で必死に理由を考えているんだろう。
「俺がそれを望んだからだ。」

実は部屋に入る前、アリシアにひとつ聞いていた事があった。


「この扉の向こうにお父様がいらっしゃいます。入りますよ?」
「あ、その前に。」
「なんでしょう?」
「俺は国王とか貴族だからと言って敬語を使ったり、頭を下げるつもりはない。アリシアにも普通に接しているしな。
貴族の中にもそういうのを気にしてる奴は多そうだからな。面倒くさい。
だから、俺が入る前にお前から俺達3人と国王だけにして欲しいって言ってくれ。」
「うーん、一応恩人である貴方のお願いですから話はしてみますが…
恐らく断られるんじゃないでしょうか…」
「だろうな。少なくとも護衛の奴らは反対すると思うが、一応言ってみてくれ。」
「分かりました。」


「国王、俺がアリシアが言っていたレンだ。」
「貴様!!!!国王様に無礼な態度をとっただけでなく、アリシア様に敬称も付けないとは!」
「国王以外は少し黙ってろ!」
威圧のスキルを言葉にのせて発する。
俺はこの世界でありえないほど強いってミネアが言っていたし、ほんの少しだけにしておこう。
「で、俺をここに呼んだ理由は?」

周りの奴らは今にも漏らしそうな勢いで震え上がっている。
「き、聞いていた通り、いや、聞いていた以上の強さだ。
レン殿、お主に感謝をしたくてな。
国王ではなく、アリシアの父として。
本当にありがとう。」
そう言って国王は俺に頭を下げた。
「それはいい。まだ何かあるか?
あるなら俺とミネア、アリシア以外の人払いをしてくれ。」
「了解した。コラン、皆と共に下がれ。」
どうやら騎士の名前はコランらしい。
念の為神眼でステータスは見たが、どいつもろくなもん持ってなかったから名前まで見てないな。
「しかし陛下!」
「良い、国王命令だ。」
「かしこまりました...
何かあればお呼びください。即座に駆けつけます。」
「うむ。すまんの。」

ようやく震えていた奴らも出て行った。
にしても、やっぱり親子だな。
アリシアと出会った時と同じ展開だ。

「それで、娘は第2王女じゃ。第2王女を助けて貰ったからには何か報酬を出さなければなるまい。何か欲しいものはあるか?」
「金。」
「即答じゃな。」
最初から決まってたしな。そのために来たんだし。

旅の道中で叡智からお金の基準は聞いておいた。銅貨、銀貨、金貨、白金貨があり、それぞれ100枚で1つ上の硬貨1枚だそうだ。ちなみに叡智の情報だと、
冒険者登録には銀貨4枚らしい。
ミネアと俺で8枚だな。

「銀貨8枚。」
「ぎ、銀貨8枚?!」
「出せるだろ?」
「出せるには出せるが、もっとないのか?その、欲が無さすぎると思うが。」
「ないな。」
「むぅ、どうしたもんか…」
国王が驚いているとアリシアが聞いてきた。
「どうして銀貨8枚なんですか?」
「冒険者登録するからな。俺ら2人。」
「お強いですが、まだ冒険者ではなかったんですね。それで銀貨8枚と...」
「ああ。冒険者になれば、必要な分は魔物を狩ったら手に入るしな。」
「レン様はお強いですからね。
すぐに名前が国中に広がりそうです。」
「レン殿は冒険者になるのか!」
急に国王が「それだ!」って感じで顔をあげて話に入ってきた。
「そのつもりだが。」
「そうか、なら報酬は初期ランクを上げよう。」
「初期ランクを上げる?
どういうことだ?」
「冒険者は皆、登録してすぐはFランクからのスタートでな。それは、簡単に命を落とさぬようにとギルドの計らいなんじゃが。レン殿は強いと聞いておるし、あの威圧じゃ。まだ本気は出しておらんじゃろ?」
「本気の威圧をするには皆、士気を高める、もしくは気合いを入れるために咆哮をあげるものがほとんどです、マスター。」
なるほど、俺は咆哮あげてないしな。
「それはギルドの決まりじゃ。その決まりのおかげで冒険者の死者はものすごく減った。しかし、レン殿のように強い者が登録することも多々ある。そういう者にとってこの決まりは枷になりかねん。
そこで、ギルド関係者や権力者の推薦で最初の設定ランクをDランクまで上げれるんじゃよ。」
「なら、そうしてくれ。」
「今紹介状を書くから、ちとアリシアと待っていてくれ。」
そう言って国王が部屋を出ていった。

「ふ、二人きりですね…」
顔を赤らめながらアリシアがそんな事を言ってきた。
「ミネアもいるぞ。」
するとアリシアはチラッと目を俺の隣に向けると、眠そうに欠伸をしているミネアがいた。
封印されていて激痛が続くあの状態で1000年なら、ろくに眠れていないのだろう。
登録して稼いだら、直ぐに宿に行こう。
「むむぅ...」
アリシアが頬を膨らませてミネアを睨む。
本人は気づいていないようだ。
睨んでると言うより、見つめてる感じだもんな。全く怖くない。
そんなことをしながら10数分たった時、再び国王が戻ってきた。
「これを受付で渡すといい。」
「そうか。ありがとな。」
「いやいや。本当なら地位や爵位でも与えたいぐらいじゃが、お主は受け取ってくれなさそうじゃからの。
それに、礼を言うのはこっちの方じゃ。
本当にありがとう!
また何かあったら、いつでも寄るといい。アリシアも喜ぶじゃろう。」
「ああ。」
「もう、お父様!レン様の前でそんな事...」
そう言って俺を見て、さらに顔を赤くするアリシア。
「ハッハッハッ」
「もう、知りません!」
ぷいっとアリシアがそっぽを向いた。
本当に怒っているのではないようだ。
「ミネア。行くぞ。」
「んぁ?もう終わったのかい?」
「寝るなら宿で寝ろ。早く行くぞ。」
「ふあぁ〜」
そんなやり取りをしながら、俺達は部屋を出る。
アリシアと国王は俺達の姿が見えなくなるまで、頭を下げていた。



「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く