天才の天災

春夜

ミネアとの雑談

「1000年ぶりの外の空気はおいしいねぇ!今までジメジメした洞窟だったから気分が高ぶるよ!」
「それはよかった。
それにしても、思ったより早く帰ってきたな。」
「そうなのかい?ま、いいじゃないか!
それよりこれからどこに行くんだい?」
「王国が近くにあるはずだからな。
ひとまずそこに行くつもりだ。」
まだ試してないスキルとかも沢山あるしな。
「ところで、お前はなんで封印されていた?なんかしたのか?」
「竜族は実力主義なんだ。
強いものが正義で、弱いものは不要な存在だ。でも竜族にも人族と同じように派閥が存在する。これでもあたしは1000年前まではリーダー的立場だったんだけどね。
別派閥の奴らがあたしを陥れようとして来てあえて捕まったり、攻撃を受けたりしていたんだけど、今回ばかりは負けちまったってわけさ。」
あえて攻撃を受けて自分達の圧倒的な力を誇示する、か。
竜族、プライドが無駄に高い奴らが多そうだな。
「俺の所有物になった以上、そんなプライドは捨てろよ?」
「分かってるよ、ボス。
攻撃を受けてたのはあたしがリーダーだった時の話だ。言っただろう?竜族は実力主義だって。ボスは見ただけで圧倒的な力を持った支配者だってのは分かるからね。
ボスの所有物になったこと、それは竜族として生まれたあたしの今の唯一の誇りでもあるからね。」
さっぱりした性格だな。こういうタイプは嫌いではない。
こいつは元々姉御肌なんだな。
「そーかよ。それより、見えてきたぞ。」
「おおー!!人族の国ってのはでかいんだな。それに頑丈そうだ。」
「人族の国や街は初めてか?」
「人族の中にはエルフ、竜族、ドワーフのような亜人を嫌っている奴らも多いって聞くしね。竜族も好戦的な奴が多いから、面倒事を増やさない為にも、あまり近寄らないようにしてたのさ。」
「なるほどな。」
しかし、結構な人数並んでるな。
中に入ろうとする度にこの行列じゃ、外に出るのが嫌になりそうだな。
いっそ前のヤツら全員消してしまえば、並ぶ必要が無くなるんじゃないか?
「ボス。ボスの行動に口出しする気は無いけど、ここで人を殺したら厄介事が増えるよ?」
「なんで俺の考えてることが分かった?」
「気づいてないのかい?
ボス、鎖を切った時もそうだったけど、殺気が漏れ出てたよ。少し笑ってるようだったし。」
笑ってるようだった?
全く気づかなかった。それに、前の世界でもあまり笑ったことがなかった気がする。
言われてみれば、今前の奴らを消そうとした時、少し楽しんでいた気がする。
今まであまり味わったことの無い感覚だ。
だとしたら、いよいよ戦闘狂みたいだな…
「次の者!前へ!」
そうこうしているうちに、俺達の番だ。
「今まで犯罪や罪を犯したことはあるか?」
「この世界では無いな。」
「この世界...?どー言う意味だ?」
「ただの独り言だ。気にするな。」
「まぁ、真偽のベルが作動していないから、嘘はついていないようだな。
ギルドカードは持ってるか?」
ギルドカード...テンプレでよくある設定で誤魔化すか。
「悪いが、遠いところから来たため、身分を証明できるものは無いな。冒険者になるつもりだから、ギルドカードはこの国で作る予定だ。」
「そうか。なら規定通り、銀貨2枚を貰う必要があるが。あんたらは2人だから合計で銀貨4枚だな。」
金か...そーいや持ってないな。
しょうがねぇ、創るか。
ポケットに右手を突っ込み、銀貨4枚を創った。
「ほらよ。」
「確かに頂いた。
ようこそ、ガレン王国へ!」
「おう、行くぞミネア。」
「あいよ。」

中も想像以上に広かった。
今はもう夜になってしまった。
久しぶりに濃い一日を過ごしたからかどっと疲れた。
今日の所は宿をとって早めに寝よう。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く