話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陽光の黒鉄

spring snow

最終話

「ついに日米英が戦争終結! 世界平和に一歩近づく!」


「日本艦隊の砲撃に屈した米国、今後の発展やいかに!」


 1943年の四月。日本の大手各社の新聞の一面はこういった記事で彩られていた。先のサンディエゴ砲撃で米国はついに和平の道を模索し始めたのであった。
 このときの戦闘で市民に死傷者こそ出なかったものの、アメリカ世論が受けた影響というものは絶大であった。何せアメリカ国民が史上初めて受けた本格的な敵による攻撃であり、艦砲射撃であったからだ。その損害は生半可な者では無く再建までに二年以上かかると考えられていた。
 その現状をアメリカ大手の新聞はこぞって発表。アメリカ国民が初めて戦争を身近に感じた瞬間であった。元々、乗り気では無かった戦争であるために国民は一気に反戦へ傾いていき、ついに議会にて和平への道を模索することが決定された。
 無論、世論だけに左右されたわけではない。
 アメリカ軍はこの攻撃で太平洋方面に展開する拠点を損失したのだ。さらに言えば、イギリス海軍が東海岸方面への大規模な攻撃を計画しているとの情報も伝わってきており、これ以上の戦争継続は難しかったのである。
 日本海軍に与えられた被害は新鋭戦艦一隻の撃沈のみ。小型艦へは多数の沈没や撃破に成功したが、大型艦への攻撃で目立った戦果はその程度であった。
 つまりアメリカ海軍は日本海軍への致命的な攻撃に成功したわけでも無く、太平洋方面への拠点を失ったのである。
 もはや世界三大海軍国のアメリカもここまでであった。


 日本側としては和平への道を模索していたこともあり、すぐに交渉が始まる。イギリスはドイツへの対策が急がれており、和平に異存は無かった。
 そして日米英の首脳は日本統治下のハワイで講和の交渉を行う。そこで決定された条件は以下の通りであった。


一つ、日米開戦の要因であった潜水艦の雷撃事件は双方に原因があり、この件に関しては双方謝罪を行う。
一つ、アメリカは禁輸中の資源をすぐに解禁。世界貿易の発展をめざし、活発な貿易活動を行う。
一つ、日本はこの戦争で占領した米国領のうち、ハワイに関しては米国に返還すること。また今後日米共にハワイに軍を駐留させることを一切禁ずる。




 日米の関係においては上記のような内容が決定された。
 アメリカ側としては戦争に完全に負けたわけでは無いため、賠償金や領土割譲と言った案件は一切飲む気配が無かった。実際、日本やイギリスとしてもこれ以上の要求をしても不可能であるばかりか、力を取り戻したアメリカに敗北する可能性すら合ったため、諦めた。
 日本国内においてはこの条件に不満を訴える国民の一部が暴徒化し、日比谷焼き討ち事件のような暴動が何件か起きたが、陸軍の出動により鎮圧化することに成功した。
 こうして七ヶ月に及ぶ日米の戦争は終結を向かえたのである。




 大和は小さな花束を持って海を見ていた。
 目の前には以前、自分が艦砲射撃を行ったサンディエゴの町並みが広がっている。
 日米英での戦争は終わったが大戦が終わったわけではない。ヨーロッパ戦線ではドイツとソ連の戦争が激化しており、ドイツの台頭を恐れているイギリスの元でソ連、日本、アメリカで連合軍が組まれ、ドイツに宣戦布告をしたのだ。
 そのため、日本軍も戦力投入が決定され、その戦力のうちの一隻として参加したのが大和であった。
 大和を含む日本艦隊は太平洋かたホーン岬経由で大西洋入りし、イギリスを目指す航路をたどる過程でここに立ち寄ったのだ。


「武蔵、日米戦争は終わったわ。あなたが最後に戦い抜いた戦闘のおかげよ」


 サンディエゴ沖合の海は静かであった。海鳥が空を飛び、雲一つ無い青空。空を敵機が飛ぶことも無く海中から魚雷が突き進んでくることもない。
 以前と同じと言えば視界の先にアメリカ大陸が見え、巨大な街が見えるだけだ。


「あなたは生まれてからたった一年足らずで死んでしまった。本当に身近な生涯だったのにたったの一回も平和を目にすることができなかったわね」


 大和の近くに一羽の海鳥が降り立った。真っ白な羽に包まれた美しい海鳥だ。


「でも、私にとってはわずかな間だけでも武蔵という妹ができたことを誇りに思っている。そしてその武蔵が日本の講和への道を開いたことも」


 ここには武蔵だけではない。日本海軍の駆逐艦、軽巡洋艦といった艦艇、そして護衛の戦闘機や観測機といった航空機などかけがえのない戦友達が数多く眠っている。


「本当にありがとう。そしてゆっくり眠りなさい。あなたは十分に戦ってくれた。後は私たちが引き継ぐわ」


 大和はそう言うと静かに手に持っていた花束を海面に投げた。
 静かに海面に落ちた花束は波に揺られながら大和から遠ざかっていった。


「さよなら」


 大和は静かに一言だけ言うとその場で座り込んだ。
 海鳥が甲板から飛び立っていき、太陽めがけて上っていった。その場を優しい海風が吹き抜ける。まるで大和達、日本艦隊を守るかのように穏やかな風であった。
 海鳥の陰が消え、陽光が照らしだした。陽光の黒鉄を照らしだした。

「陽光の黒鉄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く