話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陽光の黒鉄

spring snow

第28話 フィリピン攻略戦

「今回の作戦では大きな被害が出たわね」


 大和はトラックにいる戦闘艦艇の被害の状況を見ながら言った。


 米海軍の撃退には成功し、作戦が成功した上戦艦が一隻も失われなかったのは日本海軍の大勝利と言えよう。しかし、その代償は大きいモノだ。
 大和以下連合艦隊の主力艦船の大半が傷つき、しばらくの間大規模な戦闘が出来なくなったのだ。
 ただ、全艦が一斉に本土で修理を行うとトラックの守備が手薄になるために、被害の大きい艦艇から順に本土で修理を行うことになった。しかし、大和に関してだけは例外で、彼女だけは一旦トラックに残り応急修理をしておいて万が一の事態に備える。というもの長門型が本土で修理を行っているため、彼女が本土で修理を行ってしまうとトラックにいる戦艦が旧式戦艦のみとなってしまうのだ。
 それを防ぐため、彼女のみはトラックに留まることになった。


 無傷な艦艇を増やして大和を修理に向かわせるとしても、金剛型は建造から二十年以上経つ古い艦だ。万が一にも米戦艦と対決した場合、勝てるとは考えられない。
 また今、日本海軍が計画しているのはシーレーンを確保するためのフィリピン攻略作戦だ。これはイギリスとの輸送路を確立するために必要なもので陸軍と共同で行う作戦になる。近くにイギリス軍がいるためにイギリス軍には援護を要請するが如何せん、東南アジアにいるイギリス軍はそれほど強力なものではなく、あまり活躍は期待できない。そのために今回の主力は日本軍となる。海軍としては上陸部隊の援護のために戦艦を投入しておきたかった。ここに金剛型を投入しようと考えており、トラック防衛のために引き抜くわけにはいかないというのも理由の一つである。
 フィリピンにいる米艦隊はそれほど強大な艦隊ではなく戦艦はいない。とはいえど不安は残る。


「頼みます!」


 遠く離れた金剛達に大和は願った。








 それから数ヶ月後、フィリピン方面の攻略は無事に成功した。
 米艦隊による攻撃も殆ど無く、米海軍の軍艦は攻略戦が始まる前に撤退をしており、予測されていた海戦も全くなかった。
 まず、艦艇で参加したのは第一艦隊から第三戦隊を引き抜き、編入した第二艦隊をフィリピン方面攻略艦隊と改名して投入した。旗艦の金剛に将旗を掲げるのはは近藤信竹中将だ。彼は様々な人物と確執などがある以外にも色々な点で妙な行動を執ることが多く、攻略艦隊の指揮官には向いていないのではないかと懸念されてはいたが、年功序列の関係上、彼を指揮官とするほかはなかったために、彼が指揮官に抜擢された。


 また、上陸部隊の主力を担うのは第十四軍で、指揮官は本間雅晴中将だ。
 約三万五千名の兵力でバタン島やルソン島の北と南部から上陸し、各地の飛行場を真っ先に占領に掛かり、これの制圧に成功する。
 この時大きな役割を果たしたのは日本陸軍が装備していた九七式中戦車であった。これは日本陸軍が各国の最新鋭戦車に負けずとも劣らずと言える戦車を研究しながら開発した戦車である。
 日本陸軍の戦車の設計は第一次世界大戦後にイギリス軍からマークⅠ戦車を輸入し、これの技術などを徹底的に研究した。
 この研究を元に開発が行われている。その現代の形態が九七式中戦車であった。
 重量は15トンであり、エンジンはガソリンエンジンを200馬力のもので前面及び側面装甲25㎜、後部装甲20㎜、上部10㎜で搭載した砲は長砲身の57センチ砲だ。速力は時速45キロほどで。世界標準の戦車と言えよう。
 これらは一気に島を縦断していき、米軍に防御体勢を取らせる前に各拠点を制圧していった。
 この戦車の速力に追従するために各歩兵隊は自転車を装備。その進撃速度を落とさないように維持した。


 その結果、米陸軍はバターン半島に追い込まれ、ここに立て込まれることとなる。
 しかし、援護に来ていた第三戦隊の戦艦郡がここを艦砲射撃を持って猛攻撃を加えた。さらに英軍の協力を得た日本陸軍は大きな犠牲を出さずに攻略。
 周囲の島々も海軍やイギリス軍の援護もあり大きな被害を受けることなく、攻略に成功したのだ。


 こうして日本はシーレーンの問題の解決を終了した。


 しかし、この戦いにおいて日本は衝撃を受けることとなる。
 それは英陸軍が投入した戦車の中には重装甲を持つ戦車が確認されたことであった。これはマチルダⅡ歩兵戦車という名で、砲塔には75㎜など極めて厚い装甲で囲まれ、これを傾斜させることでさらに防御力を高めるという化け物のような戦車を見せつけられたのだ。
 速力こそ速くはなかったが、その装甲は確かで米軍のどんな火砲の貫通も許さないほどであった。


 この戦車を見てかなりの自信を持っていた九七式戦車では勝ち目がないことを実感させられた日本陸軍は更なる強力な戦車の開発に着手する。
 しかし、そのためには戦車の輸送手段が整っていない。当時の日本の輸送船のクレーンや上陸用舟艇である大発では九七式中戦車以上の重さを持つ車両を輸送することは難しい。
 そこで日本陸軍は海軍に輸送力の極めて大きい上陸用舟艇の開発を依頼し、これらの問題の解決に掛かったのだ。


 これがフィリピン攻略戦における一連の流れである。

「陽光の黒鉄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く