話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陽光の黒鉄

spring snow

第27話 トラック諸島沖海戦の反省会

 トラック諸島の夜が明けた。


 海上には沈んだり被害を受けた艦から流れ出た重油が漂い、海面を虹色にしている。艦上構造物であったものの部品や甲板の木の破片などが辺り一面を漂っているのが確認できる。
 そんな海面に疾走する艦艇が何隻か確認できる。
 それは日本海軍所属の駆逐艦や軽巡と言った小型艦艇だ。沈み掛けている船や沈んだ船の乗員の救助や火災の鎮火を行っているのだ。


 昨夜行われた日米の大海戦において最終的に海上を制したのは日本海軍であった。


 扶桑と伊勢が被雷した後、敵水雷戦隊は煙幕を展開。米戦艦はそれに紛れ戦闘海域から遁走した。
 連合艦隊司令部は後を追うか考えたが、予想以上に被害が大きく、後を追うことを断念。代わりに周辺海域に待機させていた潜水艦部隊に追撃を命じた。
 元々索敵のために広く展開していた潜水艦の網に米艦隊は何度か掛かり、戦艦一隻を撃沈。重巡、軽巡各一隻を撃沈ないしは大破にすることに成功する。
 この追撃戦により伊号型潜水艦を一隻撃沈されたものの十分な戦果とされた。


 これら一連の戦闘による日本海軍の被害は戦艦大和、長門、扶桑、伊勢の四隻が中破。陸奥が小破と判定される被害を受けた。この他に軽巡阿武隈と駆逐艦の五隻、伊号潜水艦一隻が沈没。軽巡川内、駆逐艦の雷、暁、響が大破。重巡の青葉、古鷹、軽巡の神通、駆逐艦の浦波、綾波が中破という被害を受ける。
 これに対し、米軍は戦艦三、重巡二、軽巡二、駆逐艦八隻撃沈。戦艦五、重巡一、駆逐艦三が中破に値する被害は与えたと考えられている。
 もちろんこれらに重複している戦果はあるとされるので、更なる情報収集が必要だが、こちらは戦艦を一隻も沈められていないのに対し、米軍は三隻沈められた上、被害の出た数も米軍の方が多いことを考えれば、今回の戦闘は勝利と考えて良いだろう。
 これら一連の戦闘は「トラック諸島沖海戦」と命名されることとなった。


 戦場の事後処理が一通り終わり情報を纏め終わった三日後。連合艦隊司令部では反省会が行われていた。


「まず、今回の戦闘で出てきた問題点について議論をしていきたい」


 宇垣参謀長が議題を挙げ、各閣僚に問題点はどこであったかと投げかけた。


「それは各艦の命中率にあると考えます」


 そうズバッと草鹿龍之介が言った。


「本戦闘においてかなり優位であったにもかかわらずかなりの米戦艦を逃がすに到ったのは予想以上に砲撃や魚雷が当たらなかったことにあると私は考えます」


「確かに、それは間違いなく大きな要因に当たるでしょうな」


 森下もその点は同意した。
 草鹿は航空畑を歩んできているが故にあまり専門的な事は分からない。しかし、優れた観察眼を持っておりそれは問題点を把握する上で大きな役割を担っていた。
 それに対し、森下は砲術の専門家であり生粋の鉄砲屋だ。彼は具体的な問題点を専門家から見た点で話す(無論、宇垣や古賀も生粋の鉄砲屋であり、彼らもある意味専門家ではあるのだが)。


「今回の戦闘では予想以上に夜間の弾着観測が難しかったと言うことが挙げられるでしょう。昼戦であば、水柱の色で弾着の見極めが出来ていましたが夜戦において色では判断できません。敵艦から外れた場合、どれがどの艦の弾着なのか分からないというのが今回の砲戦で感じました」


「それは各艦長からの報告でも来ている」


 古賀がいくつかの小冊子を取り出し机の上に置いた。それらは戦艦の艦長から寄せられた戦闘詳報である。


「ここにも同様のことが記載されており、何かしらの工夫が必要だと書かれておった。それに関しては艦政本部の方とも話し合いながら決めていきたいと思う」


「問題は魚雷ですな」


 そう言ったのは水雷参謀の岡田貞外茂少佐だ。


「魚雷というのは肉薄をしないと当たらないことはご存知の通りでありますが、肉薄する距離が問題です。当然、これを抑えるために戦艦の周囲には重巡などの護衛艦や戦艦自身の火器が水雷戦隊を襲います。これらは撃たれ弱いですから射点に付くまでが危険で、この射点の見極めが極めて難しいのです」


「無論、その事は重々承知ではある」


 古賀はそんなに熱心に語らんでも分かっているとでも言いたげに言う。


「やはりある程度、敵戦艦の防御網を突破できるよう工夫をしなければ、水雷戦隊の活躍は期待できないでしょう」


 岡田はそう言って締めくくる。


「なるほど。では他に問題点はあるか?」


 宇垣が一通り意見を確認し、もう出ないことを確認して次の議案を考えさせる。


「敵駆逐艦への対応ですね」


 航空参謀の源田実が発言する。
 彼は海軍兵学校卒業後、海軍砲術学校、海軍水雷学校と卒業した後、海上勤務をしてから航空畑に入った人物だ。そのため、駆逐艦の動きに注目できるのは水雷学校の頃の記憶であるのかもしれない。
 彼が連合艦隊幕僚として迎えられたのは駐英武官として英国に滞在した経験があり、同盟国の英国との関係を考えると幕僚としていた方が良いと古賀が、海軍省の人事局に要請をしたのだ。


「扶桑、伊勢に大きな被害を出したのは敵戦艦ではなく、駆逐艦の魚雷でした。元々、魚雷はかなり危険であるという判断は下しておりましたが、今回の戦闘で改めてその危険性が確認されたと考えます」


「ふむ魚雷か。米軍の魚雷はいかなるものなのか?」


「こちらとは違い、二酸化炭素を排出し航行するもので三〇ノットほどで一万メートルほどを走る能力があるとみられております」


「それほど性能は高くは無いのだな」


 古賀が呟く。


「ですがこれは我が方の戦艦二隻に被害を与えました。侮ることは危険です」


 源田が警鐘を鳴らした。


「二酸化炭素が出ると言うことは航跡が白くなるのか? ならば何故戦艦の艦長はこれを早期発見、回避することができなかったのだ?」


 古賀は素直な疑問を呈する。これは当然であろう。戦艦に乗っている乗員は誰もが海軍内でも優秀な者ばかりであるし、夜間の見張り員は専用に育成された特別な人員だ。とても見逃したとは思えない。


「報告によれば、周囲を駆逐艦の水柱などがあり把握が難しかったのと扶桑型戦艦と伊勢型戦艦は元々操作性に難ありとの報告が挙ってきておりました。戦闘詳報を見ますに魚雷発見の報の後に舵を切るものの舵が思うように効かなかったとあります」


「ふむ、やはり扶桑型戦艦と伊勢型戦艦は近代海戦には適さないか」


 古賀のつぶやきに皆が、黙った。
 これから先、米軍は更に強力な戦艦数多く送り込んでくるだろう。そうなったとき扶桑型戦艦と伊勢型戦艦を使えないと言うことは貴重な戦艦の戦力が減ると言うことだ。
 これは今回の海戦で分かった余りにも大きな問題であった。

「陽光の黒鉄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く