話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陽光の黒鉄

spring snow

第15話 日米戦艦の初の砲撃戦

「撃て!」


 長門が鋭い声を放つと前部と後部に背負い式に配置された四十五口径四十一センチ主砲が一門ずつ計四発の砲弾を音速の二倍ほどの初速でたたき出す。


 後方に続く陸奥も同じように交互撃ち方で砲撃を行っている。


「弾着、今!」


 計測員の言葉と同時に巨大な水柱を敵艦の後方に跳ね上げる。その水柱は炎を表すかのように真っ赤に染まっている。これは砲弾の風帽に染料が仕込んであり、どの艦の弾着なのかを分かりやすくしているのだ。陸奥は突き抜ける青空を示すような青色の染料を仕込んである。


 この戦闘で用いているのは対艦用の九一式徹甲弾だ。これは従来の徹甲弾より水中弾発生率を高くした砲弾である。


「観測機より入電。『第一射の散布界、概ね4』!」


「第一射、遠4!」


 相次ぐ報告を頭に入れ。動揺手、旋回手、射手が一体となって長門の主砲を動かしていく。


「射撃準備よし!」




ブーーー!




 主砲発射の警告音が艦内に響き、砲口に巨大な火炎が踊る。それはまるで地獄の釜が砲口に具現化しているような光景だ。


 その直後、敵艦からの砲弾が落下。周囲に巨大な水柱を上げた。それらは艦の前方にまとまって着弾した。




「まだまだだな、米軍!」


 長門は敵艦に向け嘲笑を浴びせるように怒鳴る。


「弾着、今!」


 敵に砲弾が到達。敵艦の周囲に水柱を上げ、その姿を隠す。


 しかし、有効弾も挟叉弾も一発もない。またも空振りに終わる。


「今度こそ!」


 そう言って長門は手元の拳銃に新たに弾を装填し、撃鉄を上げる。それと同時に砲身内に砲弾と装薬が装填され、尾栓が閉じられる。
 静かに長門は敵艦に狙いを定め、その動きを追う。また砲身も静かに上がり始め、敵艦を捉えたのかぴたりと止まった。


「撃て!」


 その叫び声と合わせて長門が拳銃の撃鉄を下ろすと主砲が火を噴いた。


 交互撃ち方を始めて既に五回空振りをしている。敵艦の砲撃精度も徐々に上がってきており、そろそろ当てたい頃であった。


 その焦りを嘲笑するかのように、敵艦の主砲が火を噴いた。


 弾着はこちらの方が若干早い。その時をじっくりと待つ。


「弾着、今!」


 その瞬間、長門は目を見張った。


 敵艦を包むように水柱が上がると同時に敵艦に火柱が上がったのが見えたのだ。それは明らかに発砲炎とは違う炎であった。


「やった!」


 長門の艦内は一時騒然となる。
 しかし、艦長の矢野英雄大佐と第一戦隊指揮官の清水光美少将だけは渋面を作っていた。既に交互撃ちを始めてから通算六回。普段の訓練であれば、三回目ほどで命中させられるにも関わらず、その命中率の低さに素直に喜べなかったのだ。ましてや長門に乗り込む彼らは大和までとは言わずとも帝国海軍の中でも精鋭中の精鋭ばかりだ。そのような者達がこれほど命中までに時間が掛かることに対する危機感を感じられずにはいなかった。


「砲術より艦長。これより斉射に移ります」


 砲術長の声もどことなく固かった。彼は諸に訓練と実戦の違いを感じている人間だ。彼も艦長達と同じ考えなのだろう。


 斉射のためにしばし主砲が沈黙する。その時、敵艦の砲弾が禍々しい飛翔音と共に長門に襲いかかる。
 その瞬間、長門は背に何かが這いずり回るような嫌な悪寒を感じた。直後、艦の両舷に巨大な水柱が上がった。


 長門が命中弾を得ると同時に敵艦は挟叉弾を得たのだ。


「くっ、挟叉されたか!」


 苦悶の表情を浮かべ、矢野艦長が呻いた。
 次の砲撃では確実に直撃弾が来る。敵は長門より以前に作られた旧式艦だ。そのような艦に直撃弾を得るのに手間取り、あまつさえ挟叉をされることに嘆かざるを得なかった。


 陸奥の砲撃は未だ空振りを続けており、おそらくは艦長が砲術長を叱咤している頃合いであろうと清水は考える。彼は矢野と違い、それほど挟叉に動じてはいなかった。もちろん直撃に手間取ったのはかなりの痛手であると考えている。しかし、彼が挟叉ごときに表情を変えていては部下を安心させられんと平静を保とうとしていた。


「何、敵もいずれは挟叉弾を出す。それが早いか遅いかの違いだよ」


 清水は矢野に軽く言った。


「弾着、今!」


 その声に矢野達は敵艦に双眼鏡を向ける。
 一瞬敵艦が水柱の影に隠れて見えなくなる。しかし、その中で命中らしき火柱がいくつか確認できる。


「観測機より入電! ただいまの砲撃の命中弾3!」


 その報告に艦橋内は一気に盛り上がる。相手は旧式の戦艦。その戦艦に四十一センチ砲弾が三発も命中したのだ。的にも大きな被害を与えたのに違いない。そう誰もが考えていた。


 直後、敵艦の砲弾が長門に落下。艦橋内に直撃弾の炸裂音と衝撃が響き渡る。


「どこをやられた!」


 矢野は叫ぶ。
 このようなときのために副長が後部艦橋に詰め、そこでダメージコントロールの指揮を執ることになっている。


「副長より艦長。ただいまの被害。クレーンに命中。観測機の離発着艦は困難です」


「了解」


 副長からの報告を聞き、矢野は一安心した。現在、観測機を上げてはいるがその収容は味方の基地であるトラックとは目と鼻の先にあるため、収容は出来るためそれほど心配することはない。何よりも安心したのは戦闘航行に必要な缶室や機械室、主砲などといったものに被害が出なかったことだ。


「してこちらの砲撃はどうだ?」


 先ほどの被弾で確認できなかった砲撃の成果を目にとめておきたかった。矢野は双眼鏡で敵を見ると敵は艦上から火を噴いており、艦首付近に着弾したことが見て取れた。艦首は主砲などがある場所で運が良ければ、主砲を一基ほど奪っているかもしれない。
 そんな期待を胸にしながら、敵艦を見た矢野は思わずあっと叫びそうになった。


 敵艦が砲撃したのだ。しかも、前部と後部で。
 つまり敵艦に被害は全く与えていなかったと言うことになる。普通であれば、あれだけの砲弾を一度に喰らえば、多少なりとも被害は出ていてもおかしくない。それを全く感じさせないほど力強い砲撃だった。


 しかし、長門も負けじと打ち返す。
 戦場に互いの巨大な砲弾が飛翔する音が木霊する。


 先に敵艦の砲弾が着弾する。
 周囲に水柱を吹き上げ、艦橋に至近弾と直撃弾の衝撃が走る。しかし、その衝撃の中に何となく矢野は嫌なものを感じた。


「副長、被害は?」


 思わず、伝声管で副長の報告を待たずに聞く。
 しかし、返答がない。


「見張りより艦長! ただいまの被害、後部艦橋に被弾!」


 その瞬間、矢野は凍り付いた。ダメージコントロールを担当する副長が死んだのだ。これによる被害の回復への効率低下は免れない。
 敵艦は、全く戦力を低下させることがなく、着々とこちらの戦力を削っていく。


「電探感あり! 反応極めて大! 新たな敵戦艦と思われます!」


 矢野は思わず舌打ちをした。





「陽光の黒鉄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く