話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陽光の黒鉄

spring snow

第10話 メリーランド、被弾

 この時、メリーランドは他艦と同じように対空火器を打っていた。


「艦隊に航空機を近づけるな!」


 激しく打ち上げる対空砲火をものともせず、敵の爆撃機は真っ直ぐこちらに向かってくる。


「落ちろ!」


 念じるも敵は一向に落ちる気配はない。


 このままでは敵に爆撃される。


 そんな恐怖心にとらわれそうになったとき、不意に爆撃機が編隊を分け、別の方向に向かい始める。その動きについ、目をとられてしまい一瞬の隙ができる。


 その瞬間を狙ってか、はたまたは偶然か。


 敵機は爆弾を投下した。その高度およそ二〇〇〇。


 落下まで回避するには可能な高度ではあるが、メリーランドは気をとられており、その存在に気付くまで時間が掛かる。


「姉様! 上!」


 突然、念話が入る。それは同じ戦隊に所属する妹のウェストバージニアからのものであった。


「くっ! 面舵一杯!」


 とっさに指示を出すも舵はそう簡単には効かない上、船体の面積も大きいために交わせないことは明白であった。


(だめだ、当たる!)


 そう直感して、ぎゅっと目をつぶった。


 次の瞬間、右脇腹に激しい痛みが走る。


「ぐぅっ!」


 思わず脇腹を押さえて倒れ込んだ。同時に大きな爆発音が聞こえ、激しい火炎が艦上を踊る。
 命中箇所は艦中部の煙突脇にある12,7cm副砲がある地点で爆弾は副砲の防楯を貫通。本来であれば、敵に向けられるべき弾薬に引火し、爆発を起こしたのだ。


 戦艦は分厚い装甲で船体が守られており、そう簡単に多少の命中弾が出ても沈むことはない。
 故に、副砲の砲弾が誘爆した程度で船体に与える影響は少ないが、艦魂に伝わる痛みはかなりのものだ。


 メリーランドが手を放してみると、少しの出血では済んでいる。
 止血をするほどでもないなと思い、先ほどの爆撃隊の行く先を確認しようとするとアリゾナが突如現れた。
 手には包帯やガーゼなどの応急手当用の道具を大量に抱え、あたふたとメリーランドのことを探す。


 そしてメリーランドを見つけると一目散に駆け寄ってきた。


「おい! 大丈夫なのか! 怪我はないか? どこか痛い場所は?」


 アリゾナが機関銃のように矢継ぎ早に質問をしてくる。相当焦っているのか包帯が甲板を転がっていくのにも気を止めない。


「ええ。大丈夫です。少しは痛みますが、それほどたいした傷ではありません」


 メリーランドはアリゾナの普段からは考えられない慌てっぷりに若干びっくりしながらも、答えた。


「そうか。良かっ……、いや、心配なんかしていないぞ! その……ただ、私はお前に何かあると合衆国海軍にとって多大な犠牲が……」


 アリゾナは安堵したような顔を浮かべたが、すぐにメリーランドを睨み付けながら説得力の無い言い訳を言い続けた。
 大急ぎで持ってきた応急手当用の道具を隠すのも忘れない。
 その様子に思わず、アリゾナは吹き出す。


「ぷ、くっくっく!」


「何がおかしい!」


「いえ。別に何でもありません」


 そう言っていると今度は別の艦魂が転移してきた。
 手には先ほどのアリゾナと同じく、大量の包帯を持ち、制服ではなく黒のメイド服のようなものをまとったメリーランドそっくりの少女であった。服装以外の違いは目の色でメリーランドは海のような濃い青色に対して、その少女は炎のような赤色である。


「姉様、大丈夫ですの!」


 その少女はすっ飛んできて、メリーランドをなで回し始める。


「姉様の身に何かあっては一大事ですわ! ここはやはり全てを脱がして……」


 そう言うなり、服を脱がそうとし始める。


「何をやっているんだ!」


 アリゾナがすぐに止めに入るとその少女はアリゾナを睨み付けた。


「あ、そこにいたのですか。あまりの雰囲気の薄さに気付きませんでいたわ」


 いきなりけんか腰にアリゾナにぴしゃりと言い放つ。


「何だと! てめ~!」


 つかみかかろうとするアリゾナをメリーランドが制した。


「申し訳ありません、私の妹が。これでも優しい子なんです。後でキツく言っときますので、どうかお許しください!」


 そうこの少女がメリーランドの妹のコロラド級戦艦、四番艦のウェストバージニアだ。


「ふん、別にこの娘の言うことなど気にしていない!」


「ほ~う、良くそんなことが言えますね。あなた、先ほどは事実を言われただけで殴り掛かろうとしたくせに」


「止めないか、ウェストバージニア!」


 見るに見かねて、メリーランドが厳しい声でウェストバージニアをしかりつける。
 その瞬間、ウェストバージニアは縮み上がって泣きそうな表情をし始める。


 その様子に怒る気を削がれたアリゾナはふんっ、と言って帰って行った。


 ウェストバージニアはしょんぼりとしたまま下を向いている。先ほどのようにメリーランドが叱るのは滅多にない。それ故、彼女にとってかなりショックなことであった。


「ウェストバージニア、来てくれてありがとう」


 そう言って、抱きしめながら頭を撫でてやると気持ちよさそうに顔を柔らかい笑みを浮かべた。


「ウェストバージニア、あなたも戻りなさい。私は大丈夫。特に大きな怪我はないわ。今は戦闘中だから戻って警戒を続けなさい」


 ウェストバージニアから離れ、優しく言った。


「分かりましたわ、お姉様!」


 ウェストバージニアは元気に言って、その場から瞬間移動した。


「さて、旗艦に連絡をしないと……」


 先ほどの爆撃隊の妙な動きを報告しようと念話を繋げると回線がやたらと混み合っていた。所々、怒鳴り声や悲鳴、そして爆発音が聞こえてくる。


 何か異常事態が起こっている。


 そう確信したメリーランドはとっさにレーダー画面を見つめた。
 そこには駆逐艦に群がる爆撃機と戦闘機の群れが映し出されていた。



「陽光の黒鉄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く