ナイツオブソードオンライン

双葉エレン

第23話 ピンチと仲間の助け

アクアの神速により、パーサックモードのボスモンスターの間合いを詰めより拳を握りながら


『上位スキルで何とかなれば良いけど...今はやるしかない』
《溝落ち》


アリアはパーサックモードのボスモンスターの腹へ強い一撃を入れた
しかし、HPがあまり削れてなく
スキル硬直にかかりそのままパーサックボスモンスターの平手打ちを喰らい地面に叩きつけられる


それを見てレクトは、瞬時に間合いに入り込み回転しながら


『カチカチじゃねぇかよ...!パーサックモンスター』


パーサックモードのモンスターへ遠心力で切りつけた


なっ...!?


見る限り、HPゲージが殆ど削れていない事に驚き戸惑って居ると、パーサックモードのモンスターからの手の甲のなぎ払いを受けて吹き飛ばされる


アリアは、ゆっくりと体を起こして飛ばされるレクトを眺めながら


『やっぱり...ダメか...。でも、私はこんな所で諦めるわけには行かないんだ...だから立ち上がれレクト!あのボスを倒せるのは、君しかいないんだ!』


砂煙が舞い上がる中、ゆっくりと歩きながら


『いってて...んな無茶ぶりを降るなよ...』
『無茶苦茶な相手ほど、むちゃをしたくなるでしょ?』
『そんな訳あるかよ、まぁいい...倒さなきゃいけないのは一緒さ』


パーサックモードボスモンスターは二人に振り向き大きな斧で振り回す仕草をあらわす
レクトは、アリアの前に出て言う


『前衛は俺が引き受ける、俺が危なくなったら割って入って来い』


しかしアリアは、レクトの真隣に並び拳を鳴らしながら


『悪いけど後衛はやらないよ』
『死ぬ気か?』
『それをそっくりそのまま返すわよ、第一あんたに守られてじゃ嫌よ。それに回復アイテムも僅かだし...言いたいことわかるよね?』
『一気に畳み掛けるのか、悪くない提案だけど...あのボスモンスターのモーションからして弾けるスキルだ詰まり...』
『弾いてから一気に畳み掛けるね!』
『その通りだ...ではやるか』


パーサックボスモンスターは斧を強く握りしめて振り回し始めた
二人はガードして耐えしのぎ、心の中で数える


1、2、3...


そしてアリアと、レクトは口を揃えて言い放つ


『今だーーー!!』


二人は一斉に斧を弾き飛ばした、パァンっと軽い音が鳴り響き、パーサックボスモンスターは斧を持つ腕が空高く上げた
そしてレクトは、剣を持ち替えて言う


『アリア、今だ行くぞ!』
『OK!』


二人にはパーサックボスモンスターへ走り出してスキルを放つ


これは私の最大のスキル...最上位スキルを味わいなさい!


アリアは、両手を握りしめてパーサックボスモンスターへ目にも止まらない速さで体に連撃を入れて背後に回り込み左手に力を込めながら言う


《ハイドボディ・ブロー》


強い進撃の音が鳴り響き、パーサックボスモンスターは大きく体制を崩す
そしてレクトは、剣を構えてながら


システム外スキルコネクトを解放されてから一月余り、それを有り得ない形で使えるように鍛錬をしていたのを今...この場で使ってやる!


レクトはパーサックボスモンスターへ右手で4回切り付けてそしてスキル硬直前に素早く左手に投げ飛ばして剣をパーサーク突き刺して一気に切り上げる


レクトは空中に飛び上がり、再び右手に剣を投げとばして手に取り
静かに呟く


『次こそは...本当の最上位スキルーー』


目をゆっくり開き、パーサックボスモンスターに目掛けて剣を投げ飛ばして突き刺した
そしてストレージを開きもう一本の剣を取り出して左手に持ちそのまま回転しながら降下しながら、突き刺した剣を右手につかみそのまま抜き取るようにボスモンスターの体を蹴飛ばしながら


《ロード・オブ・...バースト!》


空中で左右に連撃を入れて、左右から二回切り裂き、回転しながら更に二回左右から切り下ろして地面に着地しながら


『うおぉぉぉぉぉぉーー!!』っと叫びながらパーサックボスモンスターを突き抜けた!!


アリアは、レクトのスキルを見て呆気に取られていると...
パーサックボスモンスターはなんと動き出した
HPを見る限りあと数初程度残っていたのだ
レクトはスキル硬直により動けない状態になっていた
アリアは、とっさに神速で動こうとした
しかし、MPが足りない事に気づき焦り始める


パーサックボスモンスターは、斧を頭上に持ち上げて空翔に振り下ろそうとしていた
アリアは、走りながらレクトに向かって言う


『逃げて...レクトーー!』


パーサックボスモンスターは斧を振り下ろした瞬間ーー


逃がしたはずのブラックの姿がありそしてギリギリと音をたてながら


『戻ってきて正解だった...っな!』


ブラックはパーサックボスモンスターの斧を力任せに弾いた
そしてブラックは木の上を見あげて言う


『出番だ!』


すると、木が揺れ始めて飛び降りてくるファースト
槍を頭上で回しながら、地面に目掛けて切り下ろした


目の前にClearっと表示されて、獲得報酬画面が出てくる
ファーストは槍を背中に戻しながら


『なんで僕達を逃がしたの?』
『危険だから...』
『そんなのは百の承知だ、だからパーティーを組んたじゃないのか?』
『被害を減らすためよ...悪気はなかったよ』
『アリア、僕達を信じられないの?』
『いや、そうゆう訳じゃ...』
『なら、逃がすって判断は間違いだな。なんの為のパーティーで外部クエストに来たのか...考えろ』
『ごめんなさい...』
『分かればいいよ、次からはしないでよ』
『たっく、ファーストの優しさには付いていけねぇよ...』


3人は楽しく会話をしてる中、一人レクトは...武器を見つめて呟く


『そーいや、この『ルッシュデータ』って剣...アイツが買ってくれた武器だっけか...』
青く透き通るその剣は、曇ってる空を反射させていたのだった

          

「ナイツオブソードオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く