全部の詩が、ぼくの全ての嘘。

アビコさん。

人間嫌い。

人に興味が無い。
うわさ話などのゴシップ話が心底どうでもいい。


他人が何しようが、何を考えていようが、どこで死のうがどうでもいい。


自分に関係の無い話題だと、1ミリも目を向けようとも思わない。




そんな感じだと変わっていると呼ばれる。
もっと、交流せよと告げられる。


誰からも必要とされずに、寂しい人生を送ることになるぞと脅される。


そうなのだろうか。よく分からない。


人は、自分に興味を示してくれる人間に興味を示し返すし、愛情も表現することは知っている。


だけど、そんなに頑張って生きる必要があるのだろうか。


そこまでして生きたくないし、そんな生き方ってしんどい。


人間なんて嫌いで、猫を見つめて、犬の餌をまいて、生きたい。

「全部の詩が、ぼくの全ての嘘。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く