全部の詩が、ぼくの全ての嘘。

アビコさん。

言葉の波が迫ってくる。



言葉の洪水が怖い。


あらゆるところから、自分を責めてくる。苦しめる。突き刺さる。


冷たい言葉とか、温かい言葉とか、あまり関係しない。


自分に向けられた言葉が全て怖いんだ。


自分に目を向けられることが怖いんだ。


何も見ないで欲しいし、何も言わないで欲しい。


そこにいることを知っていても、何もしないで欲しい。


ただ、そこにいるという事実だけを認めて欲しい。


そんな置物みたいな人生に憧れる。


人はひとりじゃ生きていけないし、多くの人と支えあって生きているってのは知っている。


だけど、最後はひとりだし、結局自分を救うのは自分だけで、自分で守るしかないこの世界で、孤独を深め、沈んでいきたい。

「全部の詩が、ぼくの全ての嘘。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く