全部の詩が、ぼくの全ての嘘。

アビコさん。

全部の詩が、ぼくの全ての嘘。

詩なんて書かなくても死なないし、
誰にも読んでもらってないのも知ってるし、
紙と鉛筆の無駄であることも知っている。




ジーっと音がする蛍光灯の青白い光を受け、眼が焼き付けるような白紙の照り返しを見つめている。


そこに吐き出したい思いってのは全て空虚で、言葉という形にした時に、嘘になる。


本当に伝えたいことは、言葉になる前に消えている。


ただ、したり顔で、それらしいことを語って、満足している。


じゃあ、どうしたらいいんだろうね。


何も書かずにじっとしてればいいと思うんだよね。

「全部の詩が、ぼくの全ての嘘。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く