妖精王になるとは言ったが、女になるとは聞いてねぇ!

私氏

職業適正検査

「よーしそれじゃあとりあえずはじめるよー」
気の抜けた声共に入ってきたのは185cmをゆうに越える女の人だった。
「でかくね?」
ナシオがヒソヒソと話しかけて来た。
俺は驚きのあまり声も出なかったが、先生はクラスの空気をぶち壊すように話を進めていく。
「私はアンヴィーっていうんだ。よろしくね。アン先生とでも呼んでーまぁ職業はウォーリア。これから君たちの担任になります」
「「よ、よろしくお願いします」」
「早速だけど、適正検査やるよー」
どんどん話を進めていきクラスはみんなおいてけぼりになっている。
「何ボーとしてるかわからないけど一人ずつやるから並んでね」
その言葉を聞いて 少し緊張してきてしまった。俺ならいい職業につけると思っていると、
「カイムあなたの番よ」
どうやら水晶にてを触れるとわかるらしい、恐る恐る触れて見る。すると水晶が輝きだした。
「フムフム戦士のようだね」そ
戦士って強いのかな?と考えてると、
「戦士はステータスが高いが派生に期待ができない職業だね」
まじか、、そんなハズレを引いてしまったのか。と落ち込んでしまった。
他の奴らはどうだったんだろうか?特にあの三人の職業が気になっていた。多分俺の考えてることが正しければパーティーはあの三人と組むことになるだろう。
ちょうどミライナが帰って来た。
「ミライナはどうだった?」
「私は魔法使いだったよー。まぁあんたはどんまいとしか言えないけどね」
「最悪の気分だよまったく」
魔法使い使いは派生が多くスタンダードさな職業だろう。
「ちぃーす!お二人さん俺が来たぜー」
心なしか浮かれているナシオが近付いて来た。
「ナシオはなんだったんだ?」
「おっ!聞いてくれよ!俺は銃士だったんだ」
銃士?確か銃士はステータスが低めだったような?上級職は強いけどあまり喜ぶことではないような
「なあなんで銃士でよろこんでんだよ」
聞いてみると、
「まあステータス低めだがよ遠距離で攻撃できて安全だしな、俊敏だけはかなり優れているからさ安全に冒険できるだろ?だから最高の職業なんだよなー」
一連の説明を聞いてなぜ冒険者になったんだ?と突っ込みたくなってしまったが、我慢我慢
ナシオが思い出したかのように言った
「そういう言えば俺のヒメナちゃんは?」
「あのぅ、私後ろにいるんですけど」
全員で声がした方を見てみるとヒメナが立っていた
「「うわぁぁ!」」
「そ、そんなに驚かなくても……」
いやいやいや!そりゃ驚くでしょいつの間にか後ろにいるんだよ?そりゃ叫びますよ
「そこーあまり興奮するなよー」
アン先生に注意された
「ま、まあともかくヒメナちゃんはなんだったんよ?」
「私は、一応傀儡師でした」
傀儡師かそれはかなりレアな職業じゃないか
ステータスはかなり低いがレベル3の死神まで行ければ最強の部類になれる職業だ
「ヒメナちゃんおめでとう!私達一緒に頑張ろうね!」
「はい…よろしくです」
なかなかミライナいい感じにヒメナとやれそうだと思う
とりあえずはみんなの職業が決まったし一段落かな






  

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品