話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で最弱の職についた僕は、最強を目指しました。

海美 蒼衣

3✤最弱の誕生

 この世界は、ジョブによって強さが決まる。
 職には、階級クラスが存在していて、下級職と上級職がある。
例えば、
冒険者の上級職は、聖騎士。
盗賊の上級職は、アサシン。
魔術師の上級職は、ウィザード。
剣士の上級職は、バーサーカー。
と、どの職にも上級職がある。これはレベルを上げることで相応の力が備わり、ジョブチェンジができる。しかし、稀に元からの才能で上級職を手にする者もいる。
 そう、俺の隣にいるアイリスの様に……

「す、凄いですよ!! アイリスさんのジョブは聖騎士ですっ!」

 興奮を抑えきれない受付のお姉さんははしゃぎながら色々と説明してくれた。

「しかも、ステイタスが異常です! 聖騎士の魔力量は平均でも500なのにアイリスさんは……7000もあります!!」

「え、そんなに……?」

 どうやら、アイリス自身も驚いているらしい、

「はい。他のステイタスも平均より非常に高い傾向にあります。」

「見て、優汰っ凄いでしょ!!」

と素敵な笑顔で自慢しくるアイリスに見惚れながらも

「じゃー次は俺の番だな」

 俺は自身のカードをお姉さんに渡し、調べてもらった。(どうやら、1度ギルド登録しないといけないらしい)

「こ、これも凄いですよ……。」

 これまた、受付のお姉さんは驚いているらしい。

「ど、どんな上級職なんですか!」

 ゴクリと喉をならしお姉さんの返答を待つ。すると、

「いえ、優汰さんの職は祓魔師エクソシストです。」

「上級職の存在しない最下級の職です。」

 そう、説明し忘れていたがもう一つ職が存在するそれは、『祓魔師』だ。

 祓魔師は、上級職の存在がなく。一般市民でも一応の力があればなれる事から、下級職のその下、最下級職と呼ばれている。

「え…………。」

 悲しさのあまり硬直してしまった俺から、誰しもが目を逸らしていた。

✤✤✤✤✤

 職が決まったあの日、1週間が過ぎた。
 俺は、序盤で騎士を騙して稼いだ大金で家を買い、自堕落な生活を送っていた。

「あぁー、暇だ暇だ。」

 何もする事のない俺は、暇を持て余しており、そんなやる気ゼロの俺を、アイリスはゴミを見るような視線を向けながら提案する。

「なら、クエストを受けましょう!」

 その提案に俺は、

「最下級の俺なんてお邪魔なだけですよ」

と毒を吐くようになっていた。

 すると、

「私が、一緒に冒険したいの……だめ?」

上目遣いで俺を見るアイリス。とても、可愛いだが!

「い、嫌だ、俺は弱いから」

と怠ける理由を職のせいにしていると

「あの時の、優汰はかっこよかったな」

とボソリとこぼしたその言葉に俺は負けたのだった。
(上目遣いの可愛い子にかっこいいとか言われたら誰だって負けるだろ!?!?)
 そんなこんなで、クエストを受けるためにギルドへ向かった。

「異世界で最弱の職についた僕は、最強を目指しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 海美 蒼衣

    しょうがないっ!

    3
  • 美浜

    男なら······しょうがないよね

    3
コメントを書く