朝起きたら妹が魔王になってました

猫撫こえ

第21話「ダーティマリッジ」

「は?」


「「えええええっ!?」」


 フーッフーッと息を荒げ、大声で飛び出た爆弾発言。いや、もうこれテロだよね。後ろで立っていた鍵乃とミクに至っては魂が抜けている。


「チョットコッチコイ」


「ふぇぇ!? わ、わかった」


 ユミスを銅像の裏に連れていく。


「おい、なんてことしてくれたんだお前は」


「えっと…どうしよう?」


「どうしよう? じゃねぇよ。ホントにどうすんだコレ」


 村人達は豊穣祭、復活祭なんてものをぶっ飛ばして、興奮気味に結婚式を企画している。


「お兄ちゃん。どういうこと?」
「燈矢くん。説明しないと××しますよ?」


 なんだろう。なんだかミクの声が上手く聞こえない。心なしかピー音が聞こえる。


「俺に聞くんじゃなくて、ユミスに聞いてくれ」


「ユミスちゃん!」
「ユミス…?」


「「どういうこと!?」」


「えっと、私のせいで燈矢がみんなに怒鳴られるのが嫌で…」


「それとコレがどう繋がるんだ?」


「それっぽい理由考えたら、こうかなって」


「こうじゃねぇよ」


「うぅっ、ごめんなさい…」


「とりあえず、撤回しねぇと…ってうおお!?」


「あわわわっ!?」


 突然屈強な男達が笑いながら俺とユミスを抱えて、歩き出した。どこに向かっているのか皆目見当もつかない。


「いやぁ〜まさかユミス様が燈矢君とそんな関係だったとは」


「まったくだ、おめでとう。燈矢君、ユミス様」


「祭りが結婚式になる報告だなんて、粋なことするねぇ」


 詰んだ。完全に結婚式モードだ。この状況を打破できるほど今の俺は冴えていない。ユミスの方を見ると、申し訳なさそうに顔を両手で覆っている。


「はぁ… みんな、待ってくれ。さっきのは無しだ。一旦下ろして、俺の話を聞いてくれ」


 屈強な男達は静まり、そっと地面に俺達を下ろした。


「明日まで。申し訳ないが、明日まで待ってくれ。でも、祭りの準備はしていて欲しい」


 一日、ユミスと話し合ってみる必要がある。


「なるほど、恋人でいられる時間が惜しくなったのだな。そういうことであれば任せておけ」


 色々間違ってるが、とりあえずはここから離れられそうだ。むしろ、この状況は利用できる。


「ユミス、少し…いや、たくさん話がある。着いてきてくれ」


「どこに行くの?」


「いいから、着いてきて」


 リージュには林を抜けた先に、とても美しい湖がある。デートだと思わせておけば誰も気を使って近寄らないだろう。本音を言えば、ちょっとだけ行ってみたかったっていうのもある。


「ここならみんな気を使って来ないだろう」


「そうだね。それにしても綺麗だね、こうしてると、本当に恋人同士みたい…だね」


「なぁ、聞きたいことがあるんだが、いいか?」


「答えられる範囲なら、好きなだけどうぞ」


「ユミス、好きだ。愛してる。」


「うぇっ!?」


 顔が真っ赤に染まる。さっきの発言もそうだが、やっぱりこれはアレだろ。言っちゃうぞ? いくぞ、言うぞ。


「お前、俺のこと好きだろ」


 言っちゃったぁ〜。自意識過剰発言だコレ。この漂うドS系主人公感ヤベェ〜。恥ずかしすぎて死にそう、てか埋まりたい、いやむしろ埋めてくれ。


「好きだよ。仕草も顔も性格もにおいも雰囲気も、全部好き」


「改めて言われると、かなり恥ずかしいな」


「うん、言ってる私も恥ずかしくて死にそう」


「そっか、じゃあこれから言うことは少し辛いかもしれないな」


「何?」


 龍倒して世界救うとか、命を賭して戦うとか。本当に話したいのはこっちだ。


「俺は祭りが終わったら、世界救わなきゃならない」


「へ?」


「命がけでバカでかいドラゴン倒して、世界を救うんだよ」


 上手に話せない。心配されたくなくて、好きでいてくれることが嬉しくて。


「てか、俺最近モテすぎじゃね? ユミスだけじゃなくミクも色々してくるしさ」


「ふっ、面白いね。だから好きなのかな」


「いやぁ、モテすぎるのも困りものだな」


「あのね、燈矢。私、いいお嫁さんになれると思うの。料理も出来るし、掃除も欠かさないし、その…夜だって…」


「うっ…」


 確かに考えてみれば超絶優良物件なんだよな。可愛いし、優しいし、家事もできるし、おっぱい大きいし。あれ? ユミスって完璧じゃね?


「確かに、可愛いよな。おっぱい大きいし」


「一言多いよね」


「俺はさ、ユミスを危険な目に合わせたくないんだよ。これからは多分、ずっと死と隣り合わせになるような生活になるし」


「それって、鍵乃ちゃんとミクは着いていくの?」


「そうだな、鍵乃は俺から離れられないし、ミクは俺の使い魔だし」


 これも酷い話だ。ミクは最悪置いていけるが、鍵乃には選択肢すら与えられない。


「私はダメなの?」


「えっ?」


「私は、燈矢と一緒に居られないの?」


「危ないし、ユミスをそんな目に遭わせるわけにはいかないよ」


「私、今結構傷ついてるよ」


 ユミスが突然立ち上がる。その目には色んな気持ちが詰まった涙が溜まっていた。


「私、役に立たないかな? 足でまといかな?」


「そんなこと言ってない! ただ、ユミスには戦う理由がないし、わざわざ危ない目に遭う必要も無いだろ!」


「そうだね。でも、燈矢と一緒に居たい。それに、私ならなんでも治せるよ」


「確かに治癒能力はすごいけど…」


「だからね、私と結婚してください。お願いします」


 ユミスを連れていけば、回復役もいて、頼もしいだろう。でもそれと結婚がなぜ繋がるんだ?


「結婚をする必要はあるのか?」


「神様は、契りを交わすと、本来の力を手に入れられるの」


「つまり、連れて行って欲しくて、そのための力が欲しいから、結婚して欲しいと」


「うん、でもそれは半分。もう半分は私の気持ち。燈矢を好きだっていう気持ちのわがまま」


「そっか、じゃあ結婚しよう」


「そう、だよね…ってえぇっ!?」


 我ながら、今人として、男として最低のことをしている。世界で一番好きな人じゃない人と、結婚しようとしている。


「い、いいの?」


「うん、一緒に居よう。ずっと」


 俺がそう言うと、ユミスは泣きそうな顔で俯いた。


「燈矢、無理してるよね。本当は結婚なんて、したくないんでしょ?」


「そんなことないよ。俺だって、ユミスのこと好きだし」


「鍵乃ちゃんのためだから、私と結婚するんでしょ」


 全部バレバレで笑っちゃうほどに苦しい。最低な自分が嫌になる。


「ううん、いいの。私は嬉しいから」


「ごめん」


「じゃあ、目標変更だね! 旦那様をメロメロに惚れさせる! これが新しい目標!」


元気に笑って、大声で「旦那様を惚れさせる」とかいう矛盾を叫ぶ姿に、心が揺らいだ。


「はははっ、そりゃ楽しみだ。でも相手は手強いぞ? なんせ俺の妹なんだから」


「負けないよ、絶対に」


「あ、でもどうやってあいつらに説明するんだ?」


「私が言うよ。私が招いたことだし、宣戦布告にもなるからね」


 湖を眺め、頬を染めるその姿は、とてつもなく可愛くて、情けなくなるくらいにかっこよかった。

「朝起きたら妹が魔王になってました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く