朝起きたら妹が魔王になってました

猫撫こえ

第20話「結婚報告!?」

「起きてー! 朝だよ! すっごい朝!」


「んあ…?」


 耳元でユミスが元気に騒いでいる。どうやら完全回復したみたいでひとまず安心。


「おはよう、ユミス。体はもう大丈夫なの?」


「この通り! もう大丈夫だよ、ありがとね」


 窓から外を見ると、そこには元の美しいリージュの景色が広がっていた。


 ドンドンドンドン!


 突然、玄関がけたたましい音を立てる。


「お兄ちゃん、もう大丈夫なのーっ?」


 騒音の正体は妹だった。


「鍵乃か…びっくりさせんなよ…」


「もう家に入っても大丈夫?」


「おう、全部解決したぞ。オールグリーンだ」


「そっか、良かったね」


「鍵乃、家に入る前にしてもらいたいことがある」


「なに?」


 これを手伝ってもらわないと計画が狂う。もう一回、お祭りをするんだ。


「ミクと手分けして、村の人をユミス像の前に集めてくれ、お前はあまり遠くに行くなよ」


「突然どうしたの?」


「後で分かるさ、だからお願い!」


「分かった。お兄ちゃんはどうするの?」


「俺はユミスに伝えることがあるから後で向かうよ」


「ユミス…か、ふーん」


「なんだよ…」


「お兄ちゃんの女たらし」


「はぁ!?」


 そう言うと鍵乃は駆け足で向かってしまった。三百メートル以内にいないと困るのだが。まぁ、ミクもいるし、そこは大丈夫だろう。


「ユミス、入るよ…ってうおぉぉ!?」


 そこにはお着替え真っ最中のユミスがいた。この世界に来てからというもの、ラッキースケベの神からの加護がヤバい。


「燈矢!? ちょ、ちょっと待っ、っとと…うわぁっ!」


 よろめき、足を滑らせ思いっきり転ぶユミス。正直痛そう。


「大丈夫か!?」


「こっち見るなぁ!」


 高速で繰り出された鉄拳が鼻頭にめり込む。


「いったぁぁぁああっ!!」


「わああっ! ごめん燈矢!」


ーーーーーーー


「まぁ、なんというか、いきなり入ってすまなかった」


「私の方こそ突然殴ったりしてごめんなさい」


 めり込んだ顔面をユミスに修復されながら、謝り合う空間は、なんとも言えないシュールさを醸し出していた。


「あっ、そうだった。今日、復活祭やるぞ」


「うぇぇ!? 今日だったの!?」


「あれ? 昨日も言わなかったっけ」


「言ってたような、言ってなかったような…」


 ユミスの復活祭を行うために、村人を集めようとしていたのだ。


「ありがたい事だけど…もう祭りの準備は…」


「いや、やる。誰がなんと言おうとやる。たとえ、隕石が落ちてきても、龍が襲ってきてもやる。」


「どうしてそこまで…」


「ユミスはお祭りしたくて頑張ったんだから、その頑張りが報われないのはおかしいだろ」


「でも…」


「いいから、ほら行くぞ」


 俺はユミスの手を取り、家を飛び出した。


「ちょっ、燈矢! どこに行くの?」


「お前の銅像の前まで」


 ユミス像の前には、すでに村人がわらわらと集まっていた。


「ユミス様だ! お体は大丈夫なのですか?」


 村人からのユミスに対する声が飛び交う。


「ごほん、静かに! 静粛に! ビークワイエット!」


 突然の英語に戸惑う村人。この世界の共通言語が日本語ってやっぱりおかしいよな。シャスティに聞いとけばよかった。


「えー、今日集まってもらったのは他でもない。ユミス様の復活祭をするためだ」


 村人がざわつく。


 すると突然、ユミスに後ろから服を引っ張られる。


「ん? どうかした?」


「ユミスって呼んでくれないの?」


 おいおい、この神様、昨日からずいぶん甘えんぼになってる気がするぞ。


「これには、時と場合ってのがあってだな…」


「そっか、燈矢にとって私はその程度の存在なんだ…たった一日面倒見てもらっただけだもんね…はぁ…」


 めんっどくさぁ…こいつ超めんどくさい。てか重い。でも、正直こういう所は俺的にポイント高い。


「ごほん、うおっほん。えっと…村で準備してた祭りの道具とかはどこにあるんだ?」


「すぐ使えるように物置にしまっておいてるよ。何があるか分からないからねぇ」


「ありがとう、じゃあそれをそのままもう一回飾り付けよう。祭りが明日になったっていい、ユミスを喜ばせるんだ」


 この言葉に再び村人がざわつく。もしかしてなんかいけない事言っちゃった?


「おいお前! なんでユミス様のことを呼び捨てにしてるんだ!」


「そうだそうだ!」


 あー、地雷踏んだ。こうなるかもしれないから呼びたくなかったのに。


「黙りなさい、あなた達」


 ユミスが一声で群衆の罵声を黙らせた。神様ってすげぇ。


「こ、こにょ…んんっ…ごほんっ。この人は、わ、私の…旦那さんになる人だから良いのです!」






「は?」




「「えええええっ!?」」

「朝起きたら妹が魔王になってました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く