話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?

がーねっと

異世界転移一五二日目みたいですよっと。夜一つ目

はい、皆さん!
おはようございます!!
いやー、いい天気ですね。
見てくださいよあの綺麗な星空。
こんな日にはお城とかに忍び込みたくなりますよね!


そんなときはこれ!
じゃじゃーん!


兵士の服〜。
これは、ジョンが奪って綺麗にしたものです。
いやぁ、新品はいいねぇ。
てことで装備しましょう。


ちなみに!
服を脱ぎたくない方は、メニューを開き、装備欄からセットしましょう!
そうすると、あら不思議。
なんといつの間にか兵士の服に着替えられているではないか!
一体どういう仕組みしてるのか、さっぱりわからないね。


「じゃあ、行きましょうか!」
「【隠密】カケ、ル」
「ばっちこーい!」
「いつでも、良いぞー」
「……スキル【隠密】」


ブレットがそう言うと、辺りに黒い霧みたいなのが現れ、私たち3人の周りを囲む。
霧は私たち3人それぞれの体に吸収された。
その瞬間に、自分の中からすぅーと、何かが薄れていく。


これが、【隠密】ってやつの力かな。
なんか、変な感じ。
取り敢えずこの状態のものをセーブして。


「忍び込むぞー」
「おー」
「頑、張ル」


小声で城へと私達は動き出した。
城の中では3人バラバラになって王様を探すことになるので、暫しのお別れですな!!






   【MISSION START】
・城へと忍び込み、王族三人を暗殺し国を乗っとれ






私は、このログに終わったあとに気付きました。

「絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く