話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?

がーねっと

異世界転移八十一日目ですよっと。二つ目

というわけで、連れて来られました。
でも、何でこんなことになってるんだろ?
おかしいなぁ。


「ルールはkill数、方法は何でもあり、制限時間20分限界まで何回でも戦う、で良いんですか?」
「ええ、構いません」
「闘技場なら殺しても殺したことにならないから安心して良いわよぉ!」
「分かりました」


ええ、いつの間にか作られてたのもわかりました。
さてさて~、今私は闘技場に居ます。
魔王城の外にありました。
円形闘技場で、闘技場から外への攻撃は一切出来ない仕様。
神様が創ったそうですよ~。


元々は神様同士が戦うために作られたとか何とか。
今はそんなこと言ってる場合じゃないけど。


けど、この勝負私のほうが有利なんですよ~?
4対1ですけど。


これが相手のステータスです。




    黒川 彼方
  Lv.89
  HP 465 MP 2800
   攻撃力  54
   スピード  54
   精神値  260
   知力値  260
   器用値  260
    運     90
  称号:暗躍者
  Uスキル:算術 人心掌握 交渉術 管理 尋問
  Nスキル:魔術Lv.187


これが宰相さん。
この人が地球で何をしていたのかすごく気になるところではありますな!!
とても怖いなぁ。




    ガント
  Lv.134
  HP 5660(+500) MP 278(-200)
   攻撃力  432
   スピード  300
   精神値  100
   知力値  40
   器用値  110
    運     75
  称号:脳筋
  Uスキル:脳筋
  Nスキル:斧Lv.340 身体強化Lv.254 肉体強化Lv.198 武器強化Lv.130 防具強化Lv.126


で、二人目。
こちらの方はどうやら元々この世界に居た人みたいだ。
今先話てたのを聞いた。
それにしてもこの人の筋肉すごい!!
なんで身体強化と肉体強化一緒にあるんだろう?
確か身体強化は肉体強化の上位スキルだった気がしたんだけどなぁ。
それと称号とUスキル。
脳筋って……。
HPも高いし、この人が一番Lv.高いし要注意かな??




    ノエル
  Lv.76
  HP 690 MP 690
   攻撃力  125
   スピード  220
   精神値  125
   知力値  125
   器用値  260
    運     170
  Uスキル:魔術防御
  Nスキル:短剣Lv.97 弓Lv.38 罠Lv.167 身体強化Lv.42 投擲Lv.74 


三人目。
ショートカットの女の子。
どうやら日本人じゃないみたい。
でも、私には日本語に聞こえるんだけどこれ、どうなってんだろうね??




    エリカ
  Lv.94
  HP 1620 MP 1000
   攻撃力  280
   スピード  180
   精神値  120
   知力値  120
   器用値  190
    運     105
  Uスキル:聖剣 儀式 剣技
  Nスキル:身体強化Lv.374 盾Lv.274 魔法Lv.176


四人目ほいっと。
どうやらこの人もこちらの人みたい。
聖剣ってなんじゃろね?
儀式ってのも見てみたいけど今回はパスで。
さっさと終わらせて100層へ早く行きたいんじゃぁ~。
心がぴょんぴょんするんじゃ~。


さて、はじめようか。




   3   




   2




   1




  GO!




始まった瞬間にガントさんとノエルさんが私のほうへと向かってくる。
攻撃されるのは嫌なので空へと浮かびながら私の周りに薄く水の幕を張った。
ちょうど私を中心とした半径2mちょいの円形に水の幕が張られているわけです。
魔法も飛んでくるけど水で何とかします。


とりあえず、水に流そうか。
フォークを取り出してガントさんとノエルさんを払う。
ノエルさん驚かないで~、私ちゃんと君のこと見てるよ!!


あ、kill数増えた。
二人消えちゃったし、蘇るまで15秒もある。
じゃあ水で一気に押し流します!!


はい、ドーン!
部屋全体を水で満たして満たして~。
風と炎を操りながら水をかき混ぜます!!
もちろん中心は私!!


あ、kill数増えた。
上に逃げてる子も居るけど風で飛ばされて……。


あ、kill数また増えた。


ダメ押しで雷も落として水に帯電でもさせとこう!!
木が生えてくるけどそれは雷落として穴あけて、もう一度雷落として……。


あ、kill数増えた。








「67対0で魔王ちゃんの勝ちねぇ……」
「いい魔導の練習になりました」
「……笑顔でそんなこというのは貴女だけよ」
「ほめても何も出ませんよ?」
「ほめてないわよぉ! で、貴女……実際どれだけのLv.があるのよ」
「私ですか……はっきり言っておきますと500は超えてます」
「ご、500……もう神の領域に片足突っ込んでるじゃない……」


神様は驚いたような呆れているような変な顔をしている。
だが、ここまでLv.があがったかわりにすごい数死んでますからねぇ~。
辛いよ、いや、真面目にね。


……100層に行ったらどれくらい死ぬんだろうか?
いやだなぁ。


とりあえず、今先から何も反応が無いので勝手に退室します!!
そう言えば一つ増えたスキル確認してなかったなぁ。




     ヘルプ
  =眷属化について=
    自分が作ったぬいぐるみや、キャラに人格や明確な意思を与えることが出来る。
    生命が無いものに命を吹き込むことが出来る。
     【現在5体まで眷属化可能です】


と、いうことはー?
ギルドの運営を自分が作ったキャラがしてくれるようになるってことですね!
早速やっていきたいところですが、今日は疲れたので寝ます。


おやすみなさ~い。



「絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く