話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?

がーねっと

異世界転移二十六日目みたいですよっと。一つ目

はい、26日目おはようございます~。
イイアサデスネー。


くっ、朝もクソもねえな、この魔窟。
ひでぇもんだぜぇ……。
さて、神様からの連絡は……999超えてやがる。
遅すぎたんだ……。


まあ、さくっと無視してメッセージを送ってやるか。
凝ったものを送るつもりないから挨拶にしとこーかな。
うん。


『おはよーございまーす』


よし、これでいいか。
メンドーだ……ピローン……ちっ……。
少し前より遅いけど割り込むなよ。
割り込むなよ。


何々……?


『遅いわよぉ!二週間無視はひどいんじゃないのぉ!?スタンプ連打しちゃったじゃなぁい!ていうか、断罪の魔窟ってどこにいるのよぉ!98層ってのもおかしいのにぃ!!あと2層でクリアってのもおかしいのよぉ!!誰よそんなとこに魔王ちゃん転移させたのぉ!!!』


盛大なブーメランですね、わかります。
しかも、長いから疲れるなー。
流石にこれも無視をするとかわいそうだから返信してやるか~。


『こんなとこに転送させたのは神様じゃないですか~』
『はっ……!』
『で、この世界にあるスキルについてなんですけど~』
『私に任せなさぁい!説明してあげるわぁ!!』
『……うぜぇ』
『魔王ちゃんひどぉい!……で、スキルの説明だけれど……簡単よ。才能を示せばいいのよ。そしたら簡単にLv.は上がるし、手に入るのよぉ~。もしくはスキルポイントで買うか、ね』
『スキルポイント……本当にゲームみたいだなぁ』
『ゲームが元だからねぇ』
『ゲームが元……』
『そうよぉ。この世界は貴女たちの世界のゲームをもとにして作った世界なのよぉ。地球がシャットダウンしようとしてるんだものぉ』


地球がシャットダウン?
ふむ、よくわからない。
けど、地球自体が神様たちの遊び道具や、作ったキャラだとも言えなくはない。
ま、私は私だし。
難しいことはほかの人に任せましょー。


『なるほど~。スキルの使い方は~』
『ヘルプ見なさぁい』
『それもそうか』
『あ、それより早くギルドに顔見せに来なさいよぉ』
『?顔見せ?』
『キャラに入ってギルドに来なさいって言ってるのよぉ。貴女、掲示板とか見てないわねぇ』
『……見るのが怖くて』
『いいから、キャラをタップしてダイブしてきなさぁい!』
『は~い』


会話をそこで見るのを終了して言われたとおりギルドで作ったキャラのうちのひとりに入る。
一番最初は、魔王軍の女性型魔王さまに入ろう。


浮遊感を少し味わいながら光に包まれて、次に目を開けたら今まで画面で見ていたものが現実にあった。
人で賑わって、だいぶ狭そうだ。
大きくは……。


あ、ウィンドウ出てきた。
あー、これで変えられるのねぇ。
でもやっぱり金が取られると。
これくらいの出費なら痛くないぞ!!


さて、まずはこの大きさだよね……。


【100万クロ使って現在の人数に合わせた大きさまで大きくしますか?】
    YES/NO


迷わずYESで。
一気に広くなったぞ!
じゃあ、魔王軍だから、魔王城が良いです。
外観はお城で、でも、お城としては機能してない感じがいい。


Q.お城の意味とは。


A.大きくてかっこいいことですかね。


何かが違うぞ!!
まあ、私は止まりませんよ~。
酒場に、消耗品とかを売るカウンターが欲しいね。
あ、今気付いたけど、薬って料理に入るんだね。


初めて知ったわ~。


でも、お城なんだから玉座が欲しいです。
私が入ってくるときはそこで。
まあ、魔王ですからな!!!


周りからは変な目で見られてるけど私は気にせず自分のやりたいようにやるぞ!!



「絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く