話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?

がーねっと

異世界転移二十五日目みたいですよっと。

おはようございま~す。
時計を見たら、まさかまさかの約二週間経ってたよ。


とりあえず、今日は先延ばしにしていたキャラ作りだ!
外見を思い通りに帰られるのは知っていたけど、性別も変えられるのか!
すっごいなぁ、この世界。
本気でゲームみたいだなぁ。


最初に作るのは魔王軍から作っていこうかな。
とりえず、全部のギルドに男女両方欲しい!
男性から作っていきましょうか!


男性の外見か~。
魔王らしくしよう。
でも、魔王の種類だって色々あるよね?
マッチョさんは少し嫌だなあ。
違和感あるだろうし。
じゃあ、細マッチョで。


あ、アクセサリーとかあるよ!
金取られるけど。
まあ、お金はなんか一杯手に入ったから使うかな~。
山羊の角に、髪の色は紅く。


羽、羽か!
欲しいね!
絶対欲しいね!!
あ、6枚の羽があるぞ!
買ってみた。で、なんか、思ってたのと違う。
思ってたのと違うよ!!


白黒なんて望んでないよ!!
白黒なんて!!別にカッコイイから良いけどさ!!!
……身長は190くらいで。
目は黒で良いよ。カッコイイし。メンドーだし。


肌の色は白い感じで。
うひょー。かっこいいー!
服装?貴族風で。
あ、王様みたいなのじゃなくて騎士とか?


で、次は女性だ!


こっちは人間で。
アクセサリーなど余分なものは付ける気はないぞ!
あ、でも、ドレスとかにネックレスはいるよなぁ。
つけようかなぁ。
ま、まあ、とりあえず外見だ!


髪の毛の色は黒くして、あ、蒼のメッシが欲しいですの!
で、目は紅く。
肌は白くて、身長は女子の平均より高く165cmで。


服装……。
うーん、ドレスですよねぇ。
蒼と灰色のドレスで。
あまり派手なのも気が引けるし、黒いと全身真っ黒になっちゃうからね。
うん、これも結構可愛いねぇ。


じゃあ、キャラの口調や性格だね。
男の方は無口で、笑って処分。
女の方は常に笑顔で敬語に毒を吐いてもらおう。
よし、オッケー!


じゃあ、次のギルドだ!
料理の人たちです。
ん~。
メイドと執事さんがいいなぁ。


じゃ、決定!
執事さんは山羊の獣人で、メイドさんはひつじさんの獣人という定番でいきましょい!
口調や性格は……執事さんは無表情で笑顔の時は怒っている感じで。
口調は完全に敬語、言葉が崩れる時はヤンキーです。
怖いよ……。
で、メイドさんは天然だけど仕事はきっちりこなしますよ!
武器は小さなナイフやフォークです。
わたしが使っている大きなナイフやフォークも考えたけど……。
うん。これでいいや。


さて、服のギルドの人を作ろう。
女性はなんとなくイメージが出来てる。
魔法少女のヤンキーで!
うん、怒ったときにヤンキーになるだけだよ。
身長は140あるかないかくらい。
髪は金でツインテール、目は青!
手にはステッキを持たせてあげよう!!
ジャケットの中には裁縫道具が!


武器はステッキですよっと。


じゃ、男性だけど……。
あ、貴族がいいな。
仮面をつけた貴族さんで!
お金はこの子から~。
この子はね、黒を基調としたものがいい。


魔法少女のキャラは笑ってるけど本気で怒ったときは魔法ではなく肉体で語ってくる。
貴族は口調は偉そうだが、常識が一応ある。
あ、あとよく笑う人にすればいいか。


さ~、次は鍛冶……じゃなくて武器専門ですかぁ。
男性はTHE✩職人って感じのおっさんだけど呑んだくれ。
やるときにはやるけどもっぱら酒場にいる。
そこにしかいない。
で、女性は……男口調の女性。
体つきはボンキュッボンだけど、男みたい。
ああ、体だけはいいのに……。


性格はそのまんまでいいや。
あ、でも女性の方の髪は赤くして!赤く!!


で、次は防具専門なんだけど……。
あ、ほかのギルドのキャラから引っ張ってこれるの?
じゃあ、引っ張ってこようか。


男性は武器専門から。
女性は……魔法少女ちゃーん!!
よし、オッケー!


で、裏ギルドなんだけど…。
とりあえず男性は執事さーん!
女性はつくろう。


病弱そうな女子で。
病的なまでに白い肌に白い髪。
目は濁った赤色。
やせ細った体。
立つと140位の身長で。
うん、これでいっか。


さてと、作ることができたわけだ!
この世界は何かと便利。
スキルさえあれば頭の中にやり方が浮かぶ。
本当にゲームみたいに便利だ。


だから、失敗するんだろうけど……。
ぼっちの私には関係ないですね!!!!!


さ、とりあえずセーブして寝ようか。


おやすみなさ~い。







「絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く