話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?

がーねっと

異世界転移二日目みたいですよっと。

さてさて。
おはようございまーす。


二日目だが、昨日の続きをしようかな。
ふむぅ。
アプリが色々あるなぁ。


呟くアプリもあるねー。
繋がるアプリもあるねー。
ニコニコするのもあるねー。


とりあえず、全部ログインした。
で、呟いて、後は放置だ。
うん。


で、繋がるアプリはーあー、あれ。
友達一人いるぞ?
おかしくなーい??


名前が『神様』かー。
…………放置で。


掲示板なんかも見るけど言い争ってるなー。
でも、掲示板怖いから見るのも一瞬。


それに見たって今の私には必要ないからねー。
とりあえず先に進みたいけど、私の今いる場所どこー?


メニューってアプリかなー?


タップすんと色々出てくる。


アイテム
装備
ジョブ
スキル
魔法
セーブ
ヘルプ


全部確認……はしてないけど驚きの事実が分かった。
どうやら、この世界 “ 死 ” という概念がないらしい。
セーブを押すとどうやら死んだらセーブを押した場所に戻ってくるらしい。
死に戻りっていうか、リスポーンするというか、まあ、ゲームみたいな感じか。


…………てことは?
『死刑執行』というスキルって意外とすごいスキル?
ていうか、危ないスキルか。
で、最初の目的の今の場所だけどどうやらここは【断罪の魔窟】と言うらしい。
しかも地下96層とか書かれてる。
うわぁ。


地上に出るまで95層上がらないといけないの?
それなら地下100層目指した方が早いよなぁ。


あーあ、お腹好いたなぁ。
アイテムには何か無いの??


・ナイフ
・フォーク
・スプーン
・茶碗
・真っ白な本


食べ物が一つもないな!
おかしい。
ナイフ、フォーク、スプーンを取り出して見てみるとでかい。
なんか、でかい。


すごく……大きいです……。


で、取り出してみた感想は、ナイフはもう薙刀でいいと思う。
フォークは槍でも通じると思う。
で、スプーンはもう、なんかね。
なにこれ、シャベル?
これで穴を掘れって?


掘れそうだよ、これは本気で色んなものが掘れそうだよ。


で、ナイフたちを鑑定すると破壊不可能らしい。
やったね。
この魔窟はナイフで進んでいこうと思うよ。
てことでナイフにスキル『死刑執行』をかけて進める。


ナイフにかけると怪しく光りながら、鋭くなった……ような気がした。
実際はどうなったのかわからない。
まあ、やるしかないので辺りに気を配りながら慎重に一歩一歩進んでいく。


と、何も見つけず、何も見当たらず、何も遭遇せず下へと向かう階段を見つけました!
さて、一旦セーブして階段を降りるとすぐ曲がり角で、その先は大広間になっていた。


で、中央には大きな化物がいたわけですが……。
鑑定してみたらこれだよ!
おかしいよ!!


    =フルホ=
  LV.392
  HP ※※※※ MP ※※※※
  罪:人喰らい ※『死刑執行』で裁くことが可能です。


人喰らい、という意味は……そのまんまか。
だけど、裁く?
え、何をどうやって裁くんだろう。


    ヘルプ
  =裁きについて=
    罪を犯したものを
    死刑執行をかけた武器で攻撃した場合
    致命傷となる場所に傷を与えたら希に
    一撃死させることができる。


お、おう……?
致命傷ってことは頭に攻撃したり、目ん玉攻撃したり、股間に攻撃したりとかのことかな?
LV.392のやつにも有効なのかな?
ふむ。
死というものがないならやってみるのもいいかも知れない!








と、思っていた私が馬鹿でした。
ええ、馬鹿でしたとも!!
いざ行こう!
と思っていたらいつの間にか後ろに敵が……。
できれば何もせずに殺されるのはいやで……アーーーーーーーーー!!




……おはようございます。
いい朝ですね。




おやすみなさい……グスン。

「絶対わざと神様は私だけ違う場所に転移させたし、ちらりと透けて見える魔王ってのはどういうこと?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く