ゼロから始める異世界救済

ゲーマー黒の剣士

6話 利害の一致

彼女は泣いていた。
俺のせいで泣いていると分かっている。
(でも…それでも、俺には守りたい奴等がいる。だから…俺は…)
「…私は、ここで諦める訳にはいかないんです!お願いします…どうか…力を貸してください……」
「……どうすればいい」
「……え?」
「俺はどうすればいい?何をすればいい?俺に何を求める?」
「…協力、してくれるんですか?」
「…守りたいものがあるんだろ?」
「…!」
「俺にも、守りたい奴等がいる。だからお互い、守りたいものを守ればいい。俺は仲間を、あんたは国と民を。」
「…ありがとうございます。お礼は、いつか必ずします…」
「お礼?俺達は、偶然利害が一致しただけだ。守りたいもの達を守るのに、邪魔になる存在が一緒なだけだ。そうだろ?だから、お礼なんていらねぇよ」
(あの王様は、必ず俺達の障害になる。美琴と雪篠を守る為には、舞台から退場してもらわないと困る。)
「……」
お姫様は、ポカーンとした顔で俺を見ている。
「な、なにか文句でも?」
「い、いえ…あの、何故急に協力的になってくださったのかと思いまして…」
「さっき言っただろ?利害が一致しただけ……いや、違うな」
「?」
「…お前の目、昔の俺によく似ている」
「似ている…ですか?」
「あぁ。真っ直ぐで…正義感に溢れている。俺も昔はそうだった…」
「…今は違うんですか?」
「……俺は昔、正義の味方に憧れていたんだ。悪い奴等をやっつけて、いろんな人達を助ける。そんな人間に」
「『いた』って…諦めたんですか?」
「あぁ……ある日気づかされたよ…正義の味方なんて、ただの綺麗事だったって事がな…そんな事、もっと早く気付けば良かった」
「……そんなことありません」
「……は?」
「確かに、正義の味方なんて、ただの綺麗事なのかもしれません。でも、そんな綺麗事に救われている人も、確かにいるんです」
「……馬鹿馬鹿しい」
「ふふっ、そうですね。でも、少なくとも私は救われました」
「……」
「…だから、諦めないでください!」
「ッ!?」
「諦めなければ、きっといつか、願いは叶うんです!。だから…だから…!」
ゴーンゴーンゴーン
彼女がなにかを言おうとした時、執事さんが言っていた『夕食の時間を知らせる鐘』が、王宮に響き渡った。
「……そろそろ夕食の時間だ」
「…そうですね。ありがとうございました。詳しい事はまたあとで話します」
「分かった。またあとでな」
そう言って俺は、ドアノブに手をかけ、彼女の部屋から出た






「ゼロから始める異世界救済」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く