楽しむ異世界生活

フーミン

34話 魔王と大天使

しばらく両親と話をした後、私服に着替えて部屋に戻る。
 ケルミアは気持ちよさそうに眠っていて、俺の寝る場所が無くなっていた。
 俺は別に眠くないから大丈夫だが、なんせ暇だから何かすることを探さないといけない。
 試しに《魔王》の〈魔王化〉を使ってみるか。
 魔王に相応しい姿になり魔力量、身体能力。そして闇魔法の威力も上がるらしい。
 発動する為に、強く念じる。
 だんだんと体に黒い煙が漂って、魔力量が増えるのを感じる。
 自分の腕を眺めていると、青白い肌になり。周りの温度が下がるのを感じた。
 自分の姿を確認する為に、鏡を覗く。


 そこには真っ赤な髪の間から、真っ赤な角が生えていて、白い牙が2本。目元はソルナントの魔眼と似たような目になっている。
 自分の姿とはいえ、随分と禍々しい姿になったな。
 確かに魔力量も、身体能力もこれまでと比べ物にならない程強くなった気はするが、こんな姿を人に見せる訳にはいかない。
 一旦元の姿に戻ることにした。


「はぁ……はぁ……随分と疲れるなぁ……」
『強制的に体を変化させて強化してますから、相当な不可がかかります。
 長時間の魔王化を行うと、体が壊れてしまいますよ』


だとすると、奥の手として使うことになるな。
 次は《大天使》の〈大天使化〉を使うか。
 〈魔王化〉と同じ要領で、〈大天使化〉を行う。
 〈魔王化〉と違って、周りの温度は特に変わらないようだ。
 そして、魔王化よりも遥かに魔力量と身体能力が上昇していくのを感じる。
 そして背中にも大きな翼が生えている。
 《竜の力》の翼と違って、手は生えていないが、とてもフワフワな白い翼だ。
 鏡を見ると、そこには真っ白な美しい女性が立っていた。


「これが……俺……」


あまりの美しさに見惚れる程の美貌だ。
 真っ白い髪に、大人のような顔。全てが整っている。
 胸は変化してないが、美しさも魔力量も身体能力も、全てが有り得ない程上昇している。


『あ……レム様が…………これほどまで……』


レインも、俺の美しさに言葉も出ないようだ。
 寝ているケルミアの方を見ると、枕元にいるネロでさえ、目を見開いている。
 肝心のケルミアはぐっすり寝ている。


「レイン。大天使化してる時の体の負荷は?」


なんとなく声を出してみたが、その声ですらも、とても綺麗な音色だった。
 全てが人類を超越した存在。それが大天使なのだろう。


『あ、負荷ですね……!
どうやら大天使化は、周りの物質を癒す能力があるようで、負荷は全くありません!
 永遠に大天使化できます!』


何! 人類を超越した存在に、時間制限無しだと!?
 ……それだと、魔王化など必要無かったのでは?
 心の中で神様に訴えかけるが、その声が届いているのかは知らない。
 だが、こんなチートを常時発動するなんて、ゲームバランスの崩壊だ。


「とりあえず、元の姿に戻るか」
『あ……そんな。美しいレム様が……』


レインは大天使化の姿をずっと見ていたいようだが、それは無理だ。
 自分の元の姿はこれだ。自分を見失っては全てを失うことになる。


内心、あまりの美しさにそのままでいたい気持ちもあったが、バランス調整だ。RPGの鉄則である。
 流石に魔王化の負担が大きすぎたのか、疲れが一気にやってきた。
《時空旅行》も試したい気もあったが、確か時を操るのは禁術の1つってネロが言っていた。
 時空旅行はまた今度にしよう。
 眠る場所もないので、俺は床に座って眠ることにした。



「楽しむ異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く