話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

金田家

 「今日俺ん家泊まりに来いよ」

 「いいよ」
金田の家に本当にジャグジーがあるのか確かめたかったし、丁度良いと思い行くことにした。

 「6時に駅に集合な」
 
 「おう」



 ( 丁度6時くらいに駅に着いたぞ、金田どこにいるかな? )
 ( あれ?金田がいないぞ? )
電車に乗った時から嫌な予感がしていたが金田は遅刻していた。

あのやろうと思い金田に「まだ?」とLINEしてみると
  「わりぃ家でアニメ見てたわ、今から家出るから15分くらい待ってて」

正直金田のことを1発殴ってやろうかと思ったが、僕もアニメを見たくて仕方ない気持ちは分かるのでそこは許すことにした。


15分後ようやく金田が来た。
 「遅かったな」

 「おう、アニメ見ててな」
いやいや、まず遅刻したらごめんと言うのが普通ではないのだろうか?
いつも金田と関わると自分の考えがおかしいのでは?といつも思ってしまう。


とりあえず金田の家に行くことにした。
15分くらいで金田の家には着いたのだが、まず玄関前で驚いた。金田の家の鍵がカードロックだった...

 「おまえん家の鍵...」

 「あぁカードだけど?普通じゃねぇの?まさかお前の家普通の鍵?」

 「ふ、普通の鍵だけど?」

 「今の時代カードキーが主流だよ?」
え?そうなのか?うちの家は時代の変化についていけていないのか?なにか不安になった。

 「とりあえず家に入ろうぜ」

 「お、おう」

家に入ってからも驚いた。
前に「8Kテレビ買ったわ」と言っていたのに8Kテレビはどこにもなかった...

あとはジャグジーがあるのか確認するだけだった。
だが衝撃の事態が起きる。
お風呂には入れさせてもらえなかった。自分だけお風呂に入り、僕には入れさせてくれなかった。

そして
 「いい湯だったぜ!」と自慢げに僕に言ってくる。どこまでもたちが悪い。

でもその後は何故か2人で人生ゲームしたりなどなかなか楽しく過ごせた。色々あったが、また金田の家に行っても良いかなと思った。

「金田ありがとう」




今回も読んでいただきありがとうございます!
3日ぶりの投稿ですね!
読者様の家はカードキーですか?コメント欄で教えてください
感想やいいねお願いします!

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 蒼姫 夢月星

    私はカードキーじゃなくて鍵でも無くて………。
    パズルです(笑)

    1
  • こた

    最終話にしようかと思ってたけどもう少し書くことにしました。

    0
  • コング“シルバーバック”

    最後の一言、最終回みたい…

    1
  • M!Nt0

    カードキーとか最先端すぎて草

    1
  • guju

    風呂に入れないのはヤバイw
    それくらい入れてやれよ金田……

    1
コメントをもっと見る / 書く