話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

大学受験

 僕達の通っている高校は工業高校だ。
工業高校とは簡単に説明すると、高校で技能や資格を取得して高卒で就職するための高校の事だ。

学年120人いるのだが専門学校に進学する人はいても大学進学をする人は少ない。

なぜならば工業高校から大学進学するとなると他の進学校から大学受験する人達と比べ不利になるからだ。
なのでその大学進学する人の多くは野球推薦などのスポーツ推薦などを受け大学進学することが多い。

金田の場合はスポーツなど関係なく大学で勉強をするために進学するのだ。勉強するために進学するのを僕は否定している訳ではない。ただ金田は大学受験しようとしている人には見えない。

授業中は寝ていることもあり、家に帰ってからはよくゲームをしている。
それなのに、僕が「大学受かりそう?」
と聞くと
金田「んー多分いけそう」
などと言うのだ。

どうやったらそんな自信が出てくるのか僕からしたら謎でしかなかった。
これで金田が大学に合格したら謝らないといけないな...
というか合格してもらいたいな...







今回はどうでしたかね?
僕は金田が心配なんでしょうか?
まあ合格してもらいたいですね

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254463

    それお前な

    1
  • うみかぜ

    じわじわ来ましたw面白いです。ただ、1つ言わせてください「全国の金田くんに謝って!」笑笑

    5
  • ノベルバユーザー300744

    面白いですね
    本当にこんな人いるんかい

    3
  • けん玉マスター

    金田くん受かって欲しいですねw

    3
  • 亜蓮

    実は金田くんのこと好きなの?

    3
コメントを書く