話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

番外編2(暴言を吐く先輩)

 前話でも話したが僕は飲食店でバイトをしている。バイトを始めて1ヶ月が経った頃事件は起きた。

お客様からパンケーキの注文が入りパンケーキ、フォーク、ナイフなどを準備した。そしてそれをお皿に盛り付けるのだが僕はナイフの向きを決められた向きと逆に置いてしまったのだ。失敗した奴がこんなことを言うのはなんだが、それくらいのミスなら「ドンマイ」と励ましてくれるのが先輩ではないのかなと思う。

だが、先輩は笑顔で「殺すよ?」と僕に言ってきた。ナイフの向きを間違えただけで「殺すよ?」なんて言われると思っていなかった。

本気で「殺すよ?」と言われるより笑顔で「殺すよ?」と言われる方が断然怖い。
それを言われて涙が出そうになった。まさかこんなことを言われるとは思ってもいなかったからだ。

そしてこんなこともあった。これに関しては僕が悪いのだが、お客様が帰ったらテーブルを拭かなければならない。だがテーブルを拭くのを忘れてしまった。それを見た先輩は僕に「殴るよ?」と言ってきた。
確実に僕が悪いのだが、もう少し優しく言ってほしい。酷く言われると恐怖で仕事に集中出来なくなる…






みなさんどうでしたか?共感出来ることありました?
次回も読んで下さいね!

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • こた

    相談してその方がやめてしまうと店が成り立たなくなるのでむりですね!
    コメントありがとうございます!

    2
  • 相原

    wow...
    私、今駅員のバイトしてますけど、想像つかないっすね。人身事故は見たことありますけど。

    3
  • けん玉マスター

    殺すよは流石に…。
    僕もバイトしてて先輩の位置に当たりますが同じ先輩としてそれは許せないです。
    店長に相談してみては?

    3
コメントを書く