獣少女と共同生活!?

【夕立】

第四十七話 幕引き

「一緒に……暮らす?」

俺の言葉を聞き、蕾ちゃんは明らかに動揺していた。
本来であれば、「こんな事もうやめてくれ!」とか言ったりするのだろう。
けど、これは蕾ちゃん自身の心の問題。彼女の復讐をやめさせるには、彼女が心を許せる場所を作ってあげればいい。ただそれだけなのだ。
しかし、それだけの事が難しい。動物の世界では、禁止書物を無断で持ち出した犯罪者。こちらの世界では、そもそも理解してくれる人が少ない。
なら、こちらの世界で少なくとも暮らしやすいであろう俺達の家に暮らさせるのもよいだろう。
俺は、蕾ちゃんが聞き返した言葉に頷き、話を続けた。

「蕾ちゃんの事、少しだけど俺は知っている。そして、その事を踏まえた上で助けてあげたいと思った。だから、俺は考えたよ。蕾ちゃんにどうしてあげればいいのか」

今までたくさん悩んだ。そして、家族の温もりを──誰かが自分を思ってくれる喜びを、改めて知った。
蕾ちゃんはその温もりを知らない。なら、教えてあげればいいんだ。

「華ちゃんが病院にいた時、君が助けてくれたと聞いた。確かに、復讐する為の身体が必要だっただけなのかもしれない。けど、復讐の為だけなら身体の所有権は君がずっと持っていればいい。違うか?」
「……あくまでも、この身体は華のです。私のために協力してくれたとしても、私の勝手で華が死んでしまってはいけませんから」
「そう、君は華ちゃんを助けたかった。復讐より、自分と似たような悲しい結末を迎えようとしている彼女を」

蕾ちゃんは震えている。何故かは分からないが、恐らく華ちゃんとの出会いの時を思い出しているのではないだろうか?
蕾ちゃんの復讐心は今も残っている。けれど、復讐が終わってしまえば華ちゃんとの生活も終わってしまう。
けど、いつまでも身体を借りているわけにもいかない。そんな所だろう。
考えた結果、蕾ちゃんは復讐の目的を果たそうとした。しかし、その復讐もまた揺らいでいる。
蕾ちゃんは頑張った。幼いのに、こんなにも辛い経験を二度も体験した。
……もう、解放されてもいいんだ。

「蕾ちゃん、もう無理をしなくていいんだ。今度は、幸せになってもいいんだ」
「幸せ……に?」

その言葉を聞き、蕾ちゃんは涙を零した。
今まで抑え込んできた感情が溢れたのか。それとも、優しくされたのが嬉しかったのか。それとも、その両方なのか。
俺は蕾ちゃんに近付き、そっと抱きしめた。あまりにも弱々しい身体で、強く抱きしめたら壊れてしまうのではないか?と思うくらいに。
蕾ちゃんは、ガタが外れたかの様に大泣きした。俺は、泣き止むまでずっと頭を撫でた。子供をあやすみたいに。

──こうして、一つの大きな出来事に幕を降ろした。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く