獣少女と共同生活!?

【夕立】

第四十六話 対話

「あら……。来たのですね」
「あぁ。君を止める為にね」

俺が先頭になり、蕾ちゃんと対話する。
作戦なんて決めてない。が、俺が何とか説得すると伝えてある。
勿論、説得に失敗するかもしれない。その時は、巫狐さんが力づくでも取り押さえするとの事。
そんなに簡単な事じゃないのは分かっている。だが、彼女だって苦しんでいたんだ。周りに見捨てられ、独りで亡くなったんだ。恨んでしまう気持ちも分かる。
けど、今は違う。過去は変えられなくても、今は変えることが出来る。なら、その希望に賭けてみるのもありだろう。
俺は覚悟を決め、蕾さんに話しかけた。

「華さん……いや、蕾ちゃん。話がしたい」
「……華から聞いたのですね。私の名前を」
「あぁ。彼女から、君を止めて欲しいとも言われたよ」
「そうですか」

淡々と話す蕾ちゃん。その雰囲気は冷たく、少女が見せる雰囲気ではなかった。
まるで──全てを諦めているかの様に。
だからこそ、誰かが手を差し伸べてあげるべきだ。君には居場所がある、という事を教えてあげるべきなんだ。

「君の過去の話を聞いてから、考えた。俺は見捨てられた経験がある訳じゃない。けど、俺が独りの時に助けてくれる人はいた」
「……そうですか」
「全てを信じられなくなったり、全てに絶望していたりした時、その時に差し伸べられた手が、どれだけ幸せなものかも知っている」

俺が、何もかも捨てようとした時。そこで文姉は助けてくれた。俺を、闇の中から救ってくれた。
そして、それがどれだけありがたくて幸せなものかを知っている。だからこそ俺は、誰かを救える様な人間になりたいと思った。
そして、今がその時だ。

「過ぎてしまった過去を変える事は出来ない。それが、どれだけ幸せであったとしても、苦しいことでも、自分の心から消える事はない。けど、今を変える事はいくらでも出来る。過去の苦しさを忘れるくらいの幸せを作ればいい」
「……貴方はそれが出来ます。ですが、私にはもう出来ない事なのです。死んでしまっている、私には……」
「そんな事ないッ!」

俺は声を荒げた。蕾ちゃんを落ち込ませる為にこんな話をしているんじゃない。そして、その考えは違うという事。
蕾ちゃんは、驚いていた。しかし、また悲しい顔に戻ってしまっていた。

「確かに、過去の蕾ちゃんなら一人だったかもしれない。けど、今は違うだろ?」
「……何を、言って」
「何で、華ちゃんが君の為に身体を貸してくれていた?同情があったかもしれないが、同情だけなら俺に『助けてあげて下さい』なんて言わない。そして、俺も何も思っていないならここには居ない」

蕾ちゃんの気持ちが揺らいだ。これならいけるかもしれない──!
俺は、畳み掛ける様に話を続けた。

「今の君は昔の君とは違う。華ちゃんやここにいる人、そして俺が君を気にかけているんだ。だから──」

蕾ちゃんは一人なんかじゃない。気にかけてくれるのが家族じゃなかったとしても、それは偽物なんかじゃない。
俺は学んだ。本当に大切なものは、無くなって始めて大切さを実感する。当たり前の事が、当たり前じゃなかったと実感する。
だから、知って欲しい。俺が気付いたことに。彼女にも。
俺は、彼女に近づいて右手を差し伸ばし、こう言った。

「──一緒に、暮らさないか?」

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く