獣少女と共同生活!?

【夕立】

第四十二話 決意

「──その女子、亡くなっていたんじゃよ」

その言葉を聞いた途端、俺は何故か冷静で、2つの考えが横切った。
1つは、一度亡くなっている事が分かっただけの可能性。佐倉 華という少女の身体を借りているだけで、俺が話した華さんは一度亡くなっている。それが発覚した、という事。
まぁ、この可能性はほぼゼロに等しいだろう。少し前に起きた出来事だ。調べれば分かるだろう。
そして、もう一つの考え。この考えだけは不思議と疑問に思わなかった。
──もう一度、死んでしまった可能性。
まず、考えないであろう可能性。そして、考えたくない可能性。なのに、すんなりと頭の中に浮かんだ。
そして、俺は巫狐さんに聞いてみた。

「その亡くなった少女に、会う事は出来ますか?」
「お主が見たと言う女子と同じかも確認しておきたいのでな。こちらからも確認を頼みたい」
「分かりました。今日は時間が時間ですし、明日でも大丈夫ですか?」
「うむ。では、明日に妾から迎えに来よう」
「すいません、お願いします」

その後、お茶を飲み干した巫狐さんは帰り、俺一人が和室に残っていた。
大きなため息と共に、座っていた俺はそのまま後ろに倒れ、横になった。
華さんに会って、言おうと思っていた事を言う前に会えなくなるなんて思ってもいなかった。いや、まだ確証ではないけれど。
しかし、もし本当に亡くなってしまったのなら、俺が説得する事も無くなったし、危機だって無くなった筈だ。
……それなのに、何か大きな違和感が俺の中に残っていた。
その違和感が、どの様なものかと言われたら俺は答えられない。だが、何故かしっくり来ないのだ。
もし、華さんが自ら命を絶ったのなら、何故あのような警告をしたのだろうか?そして、何故あんなに悲しそうな顔をしていたのだろうか?
つまり、何か原因がある筈だ。亡くなってしまっているなら、亡くなった原因。亡くなっていないのなら、偽装の様な事をした理由。
そして、俺はその原因が気になっている。ここまで関わってしまったという理由もあるのだが、俺が知りたいというのが大きい。
……こうなったら、とことん調べよう。暫く、会社も休ませてもらおう。
俺は、立ち上がってリビングに行き、3人で食事をし、風呂に入った。
そして、自室に戻った後、俺は枕元の小さな引き出しからとある物を取り出した。
それは、丸い宝石の様なものがついたネックレス。とある人から貰った、お守りの様なものだ。
俺は、そのネックレスを一度握りしめ、枕元に置いた。明日、コレを持って行こう。
そして、俺は明日に備えて早めに寝ることにした。何もない事を、祈りながら──。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く