獣少女と共同生活!?

【夕立】

第三十九話 プラモデル

風華とルナさんが来ると決まり、支度をすると言ってからおよそ2〜3時間。荷物を持った2人がやってきた。
2人共、最低限の生活用品だけを持ってきたらしく、他に必要なものは現地調達をするらしい。まぁ、各部屋に生活に必要最低限のものを置いてくれた巫狐さんには本当に感謝だ。
とりあえず、2人共空き部屋に案内し、各自部屋で荷物整理をしてもらう。そして、案内を済ませた俺はリビングのソファーで深く座っていた。
思わぬ出来事が起き、更に住人がいきなり増えたという予想外の出来事に、俺は疲れたみたいだった。
……そりゃそうか。普通じゃありえない事が沢山起きたんだもんな。
すると、仕事から帰ってきた秋風さんがリビングに入ってきて、俺に話しかけてきた。

「靴が多いですが、お客ですか?」
「後で紹介するけど、急遽新しい住人が2人増える事になったんだよ。決まったのは数時間前だけどね」
「それはまた急ですね……。朝倉様がよろしいなら、私も構いませんが」

そう言った後、秋風さんは手に持っていた袋を目の前の机に置いた。
つい気になった俺は、その袋を見ながら秋風さんに聞いてみた。

「それは?」
「仕事先で貰ったものです。私はあまり詳しくないのですが、貰い物を断る訳にもいかなかったので……」

そう言って取り出したのは、軍艦のプラモデル。確かに、あまり女性が手にしているイメージはないな。どちらかと言えば、男性が作っている事が多いだろう。
パッケージを見た俺は、どんなか軍艦を確認。知っている軍艦だったので、少し手に取って見てみた。

「駆逐艦雪風か……。まぁ、有名な軍艦だな」
「ご存知なのですか?」
「少しだけね。なんでも、『奇跡の駆逐艦』って呼ばれた事もあるそうだ」

何でも、第二次世界大戦中に沈まずに生き残った軍艦だとか。「呉の雪風、佐世保の時雨」だっけか。
多くの海戦を生き残った事から、「幸運艦」や「不沈艦」とも言われたとか。逆に、周りの軍艦が撃沈される事が多かった事から、「死神」なんて言われた事もあったそうだ。
まぁ、軍艦や戦車や航空機は格好いいという理由で調べていた時期もあった。今ではピーク時ほど興味がある訳ではないしな。
すると、秋風さんはそのプラモデルと俺を交互に見て、何か納得した雰囲気で話しかけてきた。

「宜しければ、コレ差し上げます。よく知らず、あまり興味がない私より、知っている朝倉様が持っている方がよろしいでしょう。もしかしたら、朝倉様のご友人などに興味がある方もいるかもしれませんし」

そう言われて、俺は持っているプラモデルから秋風さんに視線を移した。
まぁ、俺もこうゆう作業をするのは嫌いではない。道具はないが、これを機にやってみるのも面白いかもしれないな……。
そう考えた俺は、小さく頷いた後に返事をした。

「それじゃあ、貰おうかな。出来たら見せるよ」
「ふふっ。それでは、楽しみにしていますね」

そんな話をした後、秋風さんは部屋へと戻っていった。
……後で必要な道具を調べて、明日辺りに道具を買ってこようか。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く