獣少女と共同生活!?

【夕立】

第三十三話 帰宅

電車に揺られて約2~3時間程。俺は、家の最寄り駅へと到着した。
現時刻は17時。みぞれ達は、夕飯を作って待っていてくれるらしく、そのメニューが楽しみだった。
ゆったりと家までの帰路を歩く。暫くここを歩かなかっただけで、こうも懐かしく感じるものなんだと思った。
そんな感傷に浸っていると、あっという間に家に到着した。
俺は鍵を開け、その懐かしい言葉を懐かしい人たちに言った。

「ただいま」
「おかえりなさい!誠さん!」

リビングから、小走りでこちらに来るみぞれと秋風さん。秋風さんは、ホッとした優しい顔でこちらに来ていた。
一方、みぞれは少し涙を浮かべていた。それほど、心配させてしまっていたのだろう。

「心配かけて悪かった。ごめん」

俺は、みぞれの頭を撫でながら俺は言った。
嫌がるのではないかと心配したが、みぞれは安心した顔で撫でを受け入れていた。
そんな俺たちを見ると、秋風さんは分かりやすい咳をした後に言った。

「ゴホン。……朝倉様、失礼を承知でお聞きしますが、何処に行っていらっしゃったんですか?」
「……電車で、少し遠くまでね。向こうで色々あったから、なんだかんだで帰りが遅くなっちゃったけどね」

頑張って笑みを浮かべるが、ぎこちない苦笑いにしかならなかった。まぁ、逃げ出しましたなんて言えないから仕方ない。
秋風さんもそれ以上は聞かず、やれやれと表情で語っていた。
すると、玄関での歓迎を受けたのが大きかったので気付かなかったが、いい匂いが漂ってきた。

「この匂い……」
「今日はオムライスとコンソメスープです!」
「オムライスか。みぞれの作るオムライスは美味いからな」
「えへへ……」

褒められて喜ぶみぞれ。その表情は、とても可愛らしかった。
みぞれのオムライスは、俗に言うふわとろオムライスで、オムレツ部分の外側を薄めに固め、中は半熟より少し固めといった器用な構造となっている。お陰で、オムレツを割って食べる某洋食店に近いものが家で食べれるのだ。
俺もそのオムライスは好きだし、秋風さんにも好評。その為、何かいい事があった時には大体このオムライスが出てくる。
スープの味は毎回変わり、今回のコンソメスープ、トマトスープ、中華風スープ……。具材が入っていたり、スープのみだったりと、作業工程を見なくても分かる位にこだわっている。

「それじゃ、冷めないうちに食べちゃおうか」
「はいっ!」
「そうですね」

そうして、俺たちはリビングに向かい、久しぶりに3人で食卓を囲んだ。
食事をする間、様々な話をしたが、3人の幸せな表情が消えることはなかった──。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く