獣少女と共同生活!?

【夕立】

第二十四話 引越しのお手伝い(前編)

「はぁ……。休日くらいはゆっくりしたかった」

そう嘆きながら、いつも使う駅から電車で4駅。今となってはほぼ見なくなった、懐かしの場所に来ていた。
ここは、俺が生まれ育った場所。そして、今は出来ればあまり来たくない場所。
ここに来る理由はなかったのだが、とある人のお呼び出しにより、この土地に来ることになった。
そして、その呼び出した本人は……2分経っても来ず。あの人、マイペース過ぎるからな……。
駅で買った缶コーヒーを啜りつつ、待ち人を待っていると、遠くからそれらしき人が。
向こうも俺を見つけたのか、大きく手をブンブンと降る。子供じゃないんだから、はしゃぐなって……。

「ゴメン!遅くなっちゃった」

そう言って、俺の目の前で息を切らしながら来たのは、西行寺 文香。俺の会社の課長を務めている。
小さい頃から面倒を見てもらっていた俺は、文姉と呼んでいた。今は会社で会う事が多くなったので、文姉と呼ぶわけにもいかない。ので、課長と呼んでいる。

「遅くなったのはしょっちゅうだからいいけど、引っ越しするのを手伝えってどゆこと?」
「そのまんまの意味?会社近くに家を確保出来たから、そっちに引っ越そうかなーって」

簡単に引っ越すと言いながら、ニコニコしている文姉。そういやこの人、家がそこそこのお金持ちだから、引っ越しとか別荘とかしょっちゅう言ってたりしてたっけ?
前に引っ越ししようか悩んだ時、文姉に頼むのも良かったが、流石にそこまで迷惑をかける訳にもいかない。結果的に、巫狐さんに新しい家をもらったから良かったが。
つまり、引っ越しをしたいから力仕事は任せた。そうゆう事か……。

「……ん?引っ越しの手伝いって、俺以外には?」
「荷物自体、そんなにないからまーくんだけでいいかなーって」
「それは慢心過ぎじゃないですかね……」

家具を運ぶのを一人でやるって、結構な重労働。更に、会社に近いとなると4駅も離れている訳なので、量によっては往復。明らかに一人でやる量じゃない。
だが、手伝うと言ってしまった以上、手伝わずに帰るなんて言えない。やるしかないのだ。

「はぁ……。取り敢えず、トラックは?」
「車は確保してあるから、まーくんは積み込みをお願いね〜」

歩きながらニコニコして言う文姉。気が効いているんだが、いつも微妙に抜けてるんだよな。
そして、歩く事5分ほど。着いたのは、大きな高層マンションだった。

「文姉、もしかしてココ?」
「うん。ここの一番上の階に部屋借りてるのよ」

……ちょっとお金持ちってレベルじゃねぇ。お嬢様ってレベルのお金持ちだわ。
馴れない高層マンションにビクビクしながら入り、文姉に案内されて目的の部屋に到着。
カードを差し込み、鍵を開ける。オートロックってやつなのかな?初めて見たわ。
部屋の中は最上階というだけあり、街を見下ろせる景色。高い。
荷物は幸いにも、ダンボール5個分。これならそこまで時間はかからなそう。
こうして、引っ越し作業のお手伝いが始まった……。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く