獣少女と共同生活!?

【夕立】

第二十三話 佐倉 華と、もう一人の少女

「ただいまーっと」

マンションの2階のドアを開け、中に入る。
私の言葉の返事は返ってこない。部屋は真っ暗。
そう、これが私の──佐倉 華の今の現状なのだ。
正確に言えば、今借りている身体の持ち主の現状。私も、似たような経験をしたからよく分かる。
この子の両親は、この子が生と死の狭間を彷徨っている間の約1年間、ずっと帰りを待っていたらしい。
しかし、1年間も華の心配をしていたせいなのか、精神が病んでいき、2人とも自殺をしてしまったらしい。
そして、両親が亡くなった1週間後。私と一体化した華は、家に帰った。
華は、両親から虐待を受けていながらも、両親が好きだった。
虐待が毎日だった訳じゃない。両親も心が病んで、それで虐待をしてしまっていた。
私が調べた結果、両親も華の事を愛していた。虐待してしまっていた事に後悔していた。
明日は華を甘やかしてやろう。明日は目一杯愛してあげよう。
そんな時、彼女は病気で意識不明となった。
両親の心のダメージがどれだけ大きかったかは分からない。けど、間違いないのは自殺をしてしまう位の傷を負ったという事だ。

(つぼみちゃん、大丈夫?)

そう、華が語りかけてきた。
佐倉 華という名前になる前の──本当の私の名前。華だけが唯一知っている名前だ。
私と華は二重人格の様なものなのだが、それぞれの思想を持ち、それぞれの意思で人格を変える事が出来るといった、アニメとか漫画みたいな都合のいい設定になっている。
好み、行きたい場所、したい事。一緒にはいるが、考えている事は全くといっていい程に別。
だが、今まで言い争いなどにはなった事がなく、お互いが一歩引く様な感じ。
私は正直、華には悪い気持ちが多い。その為か、彼女には今与えられている命で、沢山の楽しみを見つけて経験をして欲しい。
──私が、味わう事が出来なかった楽しみを。

(えぇ、大丈夫。それより、今日の夕飯は任せて頂戴)
(急だね……?蕾ちゃんのご飯は美味しいから、寧ろお願いしたいくらいだけど)

ニコッと微笑んだ後、身体の所有権が私に移る。
手を握ったり、開いたりして感覚を確認。そして、テキパキと料理を作り始めた。
今の私は、あの時の様に一人じゃない。華が居る。
あの世界に復讐するとは言ったけれど、差別なんてない世界を作れるのは、私だけ。その為なら、どんな代償だって払うつもりだ。
だから、私はあの世界を──見えない差別が多いあの世界を、私が終わらせる。
私が、創り変えてみせる。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く