獣少女と共同生活!?

【夕立】

第二十二話 1人より、3人で

華さんと話し終えた後、俺はまっすぐに家に帰った。
華さんが抱えている辛さ。それが全て分かる訳ではないが、何処か引っかかっていた。
彼女が暴行をされていて、その復讐がしたい。その事を話す顔はずっと微笑んでいたが、俺には悲しい表情に見えた。
何処がと言われれば詳しくは言えないのだが、恐らく「ぬくもり」を知らない彼女は、それを知りたいのではないのか?
それだとしたら、誰かがそのぬくもりを教えてあげないといけないのだが、この事情を話すのは秘密だと約束してしまった以上、誰かに協力してもらう事は出来ないし……。
はぁ、どうしたものかねぇ。
考えすぎて疲れてきたので、勢いよくベッドにダイブ。ふかふかであったかい。
かと言って眠いわけでもなく、布団の中でゴロゴロ。
時刻は21時。明日も仕事があるので、早く寝ないとな。
……かと言って眠くないのに寝るのって結構辛いので、散歩でもして身体を疲れさせる事に。
軽く身支度をし、リビングに出るとみぞれと秋風さんがテレビを観ていた。

「誠さん、今からおでかけですか?」
「うん。寝れないから、散歩にでも行こうかとね」

そう言って、リビングにあった上着を羽織り、準備完了。すると、2人も外出の準備を始める。

「私達もお供しますよ」
「私達も暇ですし、夜風にあたるのもいいですからね」

そう言うと、手早く準備を済ませて玄関へ。たまには皆で散歩もいいな。
そうして、俺達は家を出発した──。


夜道を歩いて十数分。俺達は駅前の公園へと着いた。
この公園は結構広く、中を適当に歩くだけでも結構な時間を消費するので、散歩する場所には最適だと思う。
……これだけ歩けば、今の悩みもどうにかなるかもしれないしな。

「ところで朝倉様」
「ん?どうしたの?」

入り口から歩いて少し経ったあたりで、秋風さんが話しかけてきた。
チラッと秋風さんの方を向くと、ちょっと真剣な顔になってこちらを見ていた。

「あまり深くは聞きませんが、何か悩んでらっしゃいませんか?」

いきなりそう言われ、ドキリとした。
もしかして、そんなに顔に出ていただろうか?みぞれもその問いを聞いて、俺を真剣な目で見ていたので、バレバレだったのか……。
でも、オブラートに包めば相談出来るし、少しは解決するかもしれない。これはチャンスなのかも。

「……恨みを晴らして、その子を元気にさせる方法ってあるのかな」

その問いを聞いた2人は、驚くような目をしていた。
そりゃ驚くか。意味分からない相談だし、そもそも俺が恨みを買ってるみたいな言い方だしな。驚くのも無理もない。
しかし、それでも2人は何も聞かず、真剣に考えてくれた。
本来ならば、誰かの為の悩みなのか、自分の為の悩みなのかを聞いたりするだろう。そういった誰でも生まれるであろう疑問は、無意識の内に聞いてしまったりもする。もしくは、慰めの言葉などをかけるだろう。
だが、2人はそのどちらもしなかった。
真剣に俺の問いを聞き入れ、真剣に考えてくれている。俺は、そんな2人に心からの感謝をした。
そして、公園内を散歩しながら3人で話し合い、時間が遅くなってきたので帰る事に。
2人は、あまり力になれずに申し訳なさそうにしていたが、俺にとっては大きな前進になったと思う。
次に華さんと会ったら、俺なりの救いの手を差し伸べられる様に──そう、心の中で誓った。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く