獣少女と共同生活!?

【夕立】

第二十話 変わった自分

「はぁ……。疲れた」

日曜日の今日。俺は土曜日に引き続き、会社で休んでいた子の分の仕事をやっていた。
休日出勤も辛いのだが、若い子に無理に働いてもらいたくはない。俺も課長も、なるべく定時で帰ってもらいたいからな。
……まぁ、良くも悪くもお人好し過ぎると周りに言われてるしな。「控えろ」と言われても、周りに仕事とかがまわるくらいなら、俺がやって負担を減らそうって考えになってしまう。
そして、その仕事がようやく終わったのだ。
昨日は一応19時までやっていた為か、今日は16時で終わった。この会社、新人育成とかいう名目で結構仕事与えてるからなぁ……。

「お疲れ様ー。まーくん」
「課長、会社ではその呼び方やめて下さいって」
「いいじゃん。どうせ会社には私とまーくんの2人しか居ないんだし」

そんな風に親しげに話しかけてくるのが、ここの課長の西行寺 文香さいぎょうじ ふみか。家が近かった為、結衣ちゃんと一緒に遊んでいたりしていた。

「それで?今から帰り?」
「まぁね。取り敢えず休んだ2人の期限がもう少しだったものと、金曜日にあった連絡事をまとめ終わったし」
「まーくんはほんっとマジメだねぇ。その期限って後12日後じゃなかった?」

一応、期限には1週間とちょっとあるが、もしかしたら何かしらで仕事が増えたり、手違いがあったり、急な要望もあるかもしれない。なら、早めに済ませて損はないだろう。

「ま、昔からまーくんは来る者拒まずみたいな所あったからねー。何でも頼まれ事引き受けてたから、良い様に使われてたからねー」
「……分かってても断れないんだよなぁ」

まぁ、その後に言われる「ありがとう」ってお礼が心地いいから、なんだかんだ引き受けちゃうってのも多いかな。

「でも、まーくんちょっと変わったよね。前より明るくなったもん」
「そうか?そんな変わってないと思うけど」
「ううん、変わった。きっと何かまーくんを変える出来事が起きたんだろうね」

俺を変える出来事……か。
確かに、あの時にみぞれと出会ってからの生活は大きく変わった。
みぞれと出かけたり、秋山さんと出会ったり、巫狐さんとも出会って、実は大変な子に会ってたりして……。
前までは会社行くか身体を休めるかの二択で、趣味もなかったし、やりたい事もなかった。
けど、今は違う。
みぞれ達の世界を救ってあげたい。あの子には別の理由があって禁術をしようとしてるのではないか?そんな事ばかり思い浮かべる。

「……そうかもな。俺、変わったかも」

『何が』変わったかと言われれば、はっきりは答えられない。だが、俺の中で『何か』は変わった。
……皆にお礼、ちゃんと言わなきゃな。
そして、他愛も無い話を少ししたら後、俺は帰路へと向かうのであった。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く