獣少女と共同生活!?

【夕立】

第十七話 誠、熱を出す

ピピピピッ、ピピピピッ。

「……しくじったな」

土曜日。少し体調が悪くなったので、あまり使わなくなった体温計で熱を測った。
結果、38.4℃。結構熱があった。
特に買い出しの用事や仕事の納期とかがなかった為、今日は元からゆっくりしていようと思ってはいたが、その休みが熱で取られるとは……。
ベットの上で座って体温計を見ていると、部屋のドアがコンコンとノックされた。

「誠さん、もう少しで朝食が出来ますよー」

どうやらみぞれが朝食の時間だと伝えに来たようだった。
けど、朝食は食えるか分からんし、かといって断るのも悪いし……。どうしたものか。
……ここは誤魔化しても仕方ない。素直に風邪だと伝えようと。
マスクを付け、温かくしておこうという理由でパーカーを羽織る。そして、部屋のドアを開けた。

「おはようござ──って、大丈夫ですか!?」
「おはよう、みぞれ。風邪をひいただけだから、大人しくしておけばすぐ治ると思う」
「そ、そうですか……」

出会ってから体調を崩したことがなかったから、みぞれは心配してる様子。そもそも体調不良なんていつぶりだろうか?
とりあえずリビングに向かうと、秋風さんの姿が見えなかった。

「アレ?秋風さんが居ないけど、まだ部屋?」
「いえ、お仕事であっちの世界に戻ってます」
「そっか」

巫狐さんが来てから、いつでも行き来出来るように門を開いておいてくれている。その門ことドアは、どうやら地下室に設置しているらしい。
……しかし久し振りにだな。みぞれと二人きりなんて。
俺が椅子に腰掛けると、みぞれが朝食を持ってくる。なるべく胃に優しいものがいいのだが……。
そして、目の前に置かれたのはうどん。珍しい朝食なので、少し驚いた。
その表情を見たみぞれは、少し笑ってこう言った。

「昨夜、誠さんの顔色が少し悪かったので、一応胃に優しいものをとうどんを作りましたが、結果的に良かったようですね」

昨日か……。体調悪い感じは全然しなかったが、どうやらみぞれは顔色の変化に気付いていたようだ。
……よく見ているなと共に、気付いてくれてありがとうという気持ちが凄い大きい。
そして、そのうどんを啜り食べ、一応完食。とは言っても、そこまで量があった訳ではないので普段なら足りないが、病人となった今では丁度いい量。ここまで来ると流石としか言いようがないな。
食器を洗い場に置き、その場で「ふぅ」と一息つくと、みぞれはこう言った。

「今日明日でお仕事もありませんし、ゆっくり休んで下さい。私でよければ何でもしますので」

ん?今何でもって……。いや、ふざけている場合じゃないな。

「あぁ、治るまでそうさせてもらうね」
「はい!」

みぞれは頼られると張り切るから、程々に頼るのが丁度いい。今日は恐らく頼るべき日なのかもしれないな。
こうして、休日二日間はみぞれに頼りっぱなしだった。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く