獣少女と共同生活!?

【夕立】

第十五話 禁断の術

「──その子、もしかしたら指名手配している子かもしれんのじゃ」

そう、巫狐さんは確かに言った。
あんな子が……指名手配?何かの間違いとか冗談ではないだろうか?

「指名手配って……あの子がですか?」
「信じられん話じゃろうが、本当の話じゃ。あの子はやってはいけない術・・・・・・・・・を行い、またそれをやろうとしておる」
「やってはいけない術……ですか?」

やってはいけない術。つまり禁止される程危険な術か何かだろう。
その術を一度使っていて、また同じ事を繰り返そうとしている……。

「因みに、どんな術なんですか?」

そう聞くと、巫狐さんは少し悩んだ後、俺に教えてくれた。

「お主、もしも自分好みの世界が創れるとしたらどのような世界を望む?」
「自分好みの世界……ですか」

いきなり難しい質問を問いかけられたな……。
自分好みの世界って事は、自分が望んだ世界が創れるって訳か。けど、今の生活に特別不便がある訳ではないからな……。

「……あまり思いつかぬじゃろう?」
「そうですね。いきなりっていうのもありますけど、この世界に特別不便がある訳ではないので……」
「それはお主が今幸せだという証拠じゃな」

巫狐さんは笑顔でそう言った。
今が幸せか……。少し照れるが、確かにそうかもしれないな。
みぞれと出会って、秋風さんと出会って、色々あって。今は巫狐さんに家まで貰ったりして、幸せな生活を送っているかもしれない。
しかし、その笑顔もすぐに消えた。
巫狐さんはまた真剣な表情に戻り、話を続けた。

「じゃがな、あの子は違ったんじゃ。何かを代償にしてまで創りたい世界があった。一度目は失敗に終わったから良かったものの、今回はその術について書いてある書物──禁書・・を盗み、術を完成させようとしておる」

禁書。名前からして明らかにマズい書物なのが分かる。
さらに、禁術という事は恐らく大きな対価が必要なのだろう。
……あんなに幼い彼女が、そこまでして創りたい世界。どんな世界なのかはとても気になる。
だけど、本当に彼女はそんな禁術をしたいのだろうか?そんな考えもあった。
前に駅前の公園であった時、初対面の俺に彼女は「警告」してきた。
つまり、彼女は本当は禁術を──。

「まぁ、今後会うような事はないとは思うが、もし会うような事があれば気をつけるんじゃよ?」
「はい。肝に銘じておきます」

そう言うと、巫狐さんはこちらの世界と繋ぐ扉に入り、帰っていった。
その後も、俺は和服を着た彼女の姿とあの警告が頭から離れなかった。
何故、彼女は危険な禁術を使ってまで世界を作りたいのか。何故俺にだけ警告してくれたのか。
……彼女を探してみて、直接聞くのもいいかもしれないな。
そんな事を思いつつ、また作業に戻るのであった。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く