獣少女と共同生活!?

【夕立】

第十二話 謎の少女

とある金曜日。会社が偶々早く終わったので、皆で夕飯を食べに行くことに。
俺は会社から家の方の駅へ。みぞれと秋風さんは家から駅に来てくれるらしいので、どうせだから駅近くのデパートへ。
そういえば、このデパートに俺が行くのはみぞれの服を買いに行った時以来か。秋風さんとみぞれの二人は、服を買いに行ったりなどでデパートにはたまに行っているらしい。
目的の駅に早めに着いたので、集合時間まで10分ほど余っていた。
近くの自販機で微糖のコーヒーを購入し、駅前の公園のベンチに座り込んだ。
時刻はまだ18時前で、まだ明るい事もあり公園には沢山の子どもが遊んでいた。
その風景を見つつ、缶コーヒーをちびちび飲んでいた。……傍から見たら、もしかしたら変態に見えるかもしれないな……。
バタバタと遊ぶ子ども達を見ると、俺にもあんな時期があったと思い出すな。今はあんなにはしゃげる体力もないし、なんなら危ない人になってしまう。
そんな事を考えていると、一人の少女が隣にちょこんと座った。他にもベンチはあるのにどうしてここなんだ……?

「お兄さん、今一人なの?」
「え、あぁ……。待ち合わせをしているんだ」

いきなり話かけられた為、ちょっと驚いたが普通に話すことが出来た。
少女の歳は、見る限り大体小学2~3年頃といった所だろうか。服は何故か和服で、何処か大人びた印象を受けた。

「……お兄さん、ペットとかって飼ってたりする?」

その言葉に、少しドキリとした。
みぞれも秋風さんも、元々は動物。何か獣っぽい匂いでもするのだろうか?
しかし、俺自身みぞれや秋風さんから獣っぽい匂いはしないし……。俺ってそんなに鼻悪かったっけ?

「えっと……、動物を飼ってる友達とよく会ってるからかな?自分はあまり感じなかったんだけど、もしかして気分悪くなったりした?」
「いえ、私も動物とは関わりが強いもので……。もしかしたらそのせいかもです」

よかった……。匂いがスーツについたら落とすの大変って聞いた事あるから、クリーニングに出そうか迷ったぞ。
しかし、動物と関わりがあるのに和服かぁ……。お金持ちとかだったりとかなのかな?

「……朝倉 誠さん。貴方、今後気をつけた方がいいですよ。その優しさが、己を傷つけますよ」
「──っ!?」

その言葉が少女の方から聞こえたので、少女の方を急いで向いた。
しかし、そこにはあの少女の姿はなく、俺一人だけベンチに座っていた。
そして、ポケットのスマホが鳴っていた。
急いで見ると、みぞれからだった。

『誠さん、着きましたが今何処に居ますか?』
「あぁ……、悪い。今駅前の公園に居るから、そっちに行く」
『わかりました。待っていますね』

電話を切り、缶コーヒーの缶をゴミ箱に捨てて駅に歩き始めた。
……あれは夢だったのだろうか?
気になるが、今はみぞれ達と夕飯を食うか。

──この時、俺はあの言葉をなんとも思っていなかった。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く