獣少女と共同生活!?

【夕立】

第十一話 悪夢

『どうしてだよッ!』

──なんだ?俺の声……?

『なんで辞めたんだ!答えろよ!』

──あぁ、あの時の記憶か。

『あのせいで母さんは──』

──辞めてくれ……それ以上……辞めてくれ。

『お前なんて──』


「──ッ!」

ズドンッ!
跳ね起きる俺。そのせいでソファーの上から落ちてしまった。
身体を多少打ってしまったが、幸い傷や痕になりそうではなかった。
しかし、さっきまで見てた夢──随分と前の記憶を思い出したもんだ。
はぁ……。俺なりに解決したつもりではあったんだがな。まだ何処か心残りがあるみたいだ。
時刻は午前2時。まだ夜中か……。明日も仕事あるから、出来れば寝ていたかったんだがな。
……流石に寝直す気分じゃないな。
台所に行き、慣れた手つきでコーヒーを作る。
いつもより砂糖を入れ、いつもは使わないミルクも入れ、暖かくてちょっと甘いコーヒーの出来上がり。
気分を一気に変えたいという事もあり、ベランダに出て外の風を感じながら飲むことにした。
コーヒーを一口。うん、やっぱりちょっと甘いな。
……はぁ、みぞれ達の前じゃなくて良かった。あんな顔見せたら、あの子達がどれだけ心配するだろうか。
なるべく事情も話したくはないが、もし見つかって気が滅入っていたら、迷わず俺は話していただろう。
そして、あの子達の前で泣いていたりしていたかもしれない。それだけあの記憶は思い出したくなかった。
あれは今から約十年前。俺がまだ15歳だった頃だ。
家で母さんと親父と俺の三人暮らしをしていて、母は重い病気とかでずっと寝たきりの生活だった。
俺と親父は母さんの為に、出来ることなら何でもしてあげていた。母さんの病気は、今の医学では治らないとされていたからだ。
幸いにも薬で症状は軽く出来た為、寝たきりだが60歳くらいまでは生きていられると言われていた。
そう、あの出来事が起こるまでは。
親父は、突如母さんに薬を投与するのを辞めた。
俺は何度も理由を聞くが、黙ったまま。母さんにも聞くけど答えず、家にある薬も飲んでくれなかった。
始めは、何故だと考えた。一人で何度も、様々なケースを考えた。
しかし、答えを導き出す前に母さんは死んでしまった。
どうしていいか分からなくなった俺は、何度も親父を問い詰めた。
しかし、出てくる答えは黙秘のみ。
何も教えてくれない親父に、俺は徐々に距離を置き、もう何年も話さなくなっていた。
……あの頃の俺は、まだ子供っぽい思考だったと今は思う。
けど、親父はまだ心の何処かで嫌ってるし、恨んでいる。
……分かってはいるつもりだ。いつかはこうなってしまう、と。
けれど、まだ話したい事も沢山あったし、一緒にしたい事だって沢山あった。
はぁ……。思い出したくなかったわ。
もうちょい頭冷ましてから寝るか。じゃなきゃまた夢に出そうだ……。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く