獣少女と共同生活!?

【夕立】

第九話 誠の不安

あれから、秋風さんは荷物を持ってその日に引っ越しをしてきた。
次の日が日曜日だと言うこともあり、俺とみぞれも引っ越しの手伝いをしたので、すぐに終わった。
……が、一つ問題が生じた。
──部屋がない。
残念ながらうちはアパートなので、部屋はみぞれが今使っている部屋と、リビングの二部屋のみ。
とりあえず話した所、二人とも同室でいいとの事だったので、みぞれと秋風さんは同室になっている。
俺は変わらずリビングのソファーで寝ているが、流石にそろそろベッドでも寝たい。
……さて、どうしようか。
一軒家を買う……のも考えたが、今の俺にはこの生活でも大変。
貯金は多少あるけれど、足りないだろうし。
……アイツ・・・に頼るのだけはちょっと嫌だしな。後で何言われるか分かったもんじゃねぇし。
そうなると、やっぱ仕事量増やして功績残すしかないかなぁ……。
けど、みぞれ達をずっと留守番させるのはちょっと悪いしなぁ……。
うーむ、どうするべきかなぁ……。
と、考えながらソファーに座っていると、つんつんと肩をつつかれた。
それに反応するように俺は後ろを向く。そこには、秋風さんがいた。

「どうしました?何か考え事をしているようでしたが……。私でよければ、相談に乗りますが」

どうやら、考え事をしていた顔をしていたのか、俺を心配してくれているようだった。
しかし、相談する内容が……。
秋風が来て、部屋が少なく感じたから引っ越しを考えてるなんて言ったら、秋風さんに失礼だ。
ここはとりあえず、誤魔化すしかないか。

「いやー、今日の夕飯を考えててね。秋風さんは何か食べたいものとかある?」

すると、秋風さんは腕を組んで悩み始めた。どうやら誤魔化すことには成功したようだ。
が、この問題がバレるのも時間の問題かな。みぞれも最初は何回もいいのか聞いてきたレベルだったし……。
しかも、秋風さんは礼儀正しいだけじゃなく、どうやら勘が冴えているようだし。
すると、家のドアがガチャリと開く。どうやらみぞれが散歩から帰ってきたようだ。

「ただいまですー。あれ、お二人並んでどうしたんです?」
「あぁ。夕飯を一緒に考えてたんだよ。みぞれは何か食べたいのはある?」

みぞれに提案すると、みぞれも秋風さんと同じように悩み始めた。
しかし、みぞれは十数秒で口を開いた。

「私、カレーが食べたいです!」

笑顔いっぱいで答えるみぞれ。なんだか、さっきまで悩んでいたことがどうでもよくなる気がした。まぁ、結構重要だけどさ。
俺はソファーから立ち上がり、壁に掛けてあったバックを手に持った。

「それじゃ、買い物に行きますか!」

こうして、俺の悩みは一旦保留になるのであった──。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く