獣少女と共同生活!?

【夕立】

第五話 お留守番

月曜の朝7時。
眠たい身体を無理矢理起こし、スーツに着替える。
そう、とうとう会社の日が来てしまった。昨日までのみぞれとの有意義な休日を返してくれ……。
スーツに着替えた後、俺はリビングに向かいコーヒーとトーストを用意。
その匂いにつられたのか、みぞれも起きてきた。

「おはよう、みぞれ」
「おはようございます……。会社ですか?」

眠たそうな目をしたまま、みぞれは質問をしてきた。
それを見た俺は、トーストを追加で1枚焼き、りんごジュースを用意。みぞれはコーヒー飲まないからな。

「そ、今日から会社だから、留守番頼むよ。俺が居なくても好きに使っててくれていいから」
「わかりました。外に出る時は鍵を閉めておけばいいですね?」
「おう。ちゃんと戸締りしとけよ?」
「はいです!」

さっきまで眠たそうだったが、一度起きたからなのか元気な返事が返ってきた。
しかし、やはり心配だな。みぞれを一人にするのもあるけど、家が帰ったら散らかってましたーとかあったらと思うと……。
辞めよう。みぞれはいい子だからそんな事にはならない。……優しさが空回りしたらあるかもだが。
しかし、休む訳にもいかないので渋々仕事に行く俺。みぞれがいるいない関係なしに行きたくはないけど。
こうして不安要素が俺の心に残ったまま、俺は会社に向かった。


誠さんが行って、初めて一人でこの家に過ごす事になった私。
しかも、念の為と言われて5,000円も置いていってくれた誠さん。私だってちゃんと昼食は作れます!……多分ですけど。
まだ時間は8時。今からお洗濯やお皿洗いなどをしても、誠さんが帰ってくるまで時間が沢山ある。
とりあえず、お散歩でもしようかな?
確か、ショッピングモールの帰り道に河川敷に連れてってもらったし、誠さんと出会った森にだって行ける。
あ、確かすぐ近くに公園もありましたね。行ったことないので、今日は公園にお散歩に行きましょう!
そうと決まれば早速準備です。
誠さんと買った服を身につけ、バックにお財布と家の鍵。そして誠さんに借りている携帯を持って準備完了!
戸締りよし、電気の消し忘れなし、家の鍵も閉めて……よし。
それじゃあ、早速お散歩開始です!


公園に着くと、おじいさんやおばあさん達もお散歩していたり、ウォーキングしている人、さらに子ども達もいます。
結構大きな公園で、子ども達の遊ぶ場所やちょっとした休憩スペース、図書館もあるそうです。
私は公園を1周しては深呼吸、また1周しては深呼吸。それを繰り返していました。
すると、足元にボールが転がってきました。

「そこのおねーさん!そのボール取って!」

どうやら、子ども達がボール遊びをしていたらしく、そのボールがたまたま転がってきたようです。
私は投げて届く自信がなかったので、ボールを持って小走りで子ども達の元へ。そしてボールを手渡しで返しました。

「はい、ボールです」
「ありがとう!おねーさん!」

ボールを手渡した少年は笑顔でボールを受け取りました。
すると、一緒にいたもう一人の少年がこちらをずっと見ていました。
気になった私は声をかけてみる事にしました。

「どうしたの?私に何か用?」
「おねーさんも一緒にやろうよ!」
「私ですか?いいですよ〜」

お誘いされた私は、一緒に遊ぶ事にしました。
最初はキャッチボール。彼らはボールの投げるスピードが速くて、中々キャッチするのが大変でした……。
すると、どんどん子ども達が集まっていき、鬼ごっこをする事に。
人数も多く、男女関係なく楽しく遊びました。私は足が速いわけではないですが、勿論子ども達の速度に合わせて走る事に。中々ペースを合わせると普通に走るより疲れる気がしました……。
そんなことをしていると、時刻はもう17時に。
子ども達は帰る時間なので、皆とお別れして私も帰ることに。
誠さん、確か今日は18時くらいに帰る予定と言っていたので、家でしっかりと待っていましょう。
帰り道をご機嫌に歩き、10分くらいで家に到着。
鍵を開けて、電気をつけたらすぐに荷物を片して台所へ。
ティーポット茶葉を入れ、お湯をゆっくりと入れて3分置く。
そして、ティーカップを用意していると丁度誠さんが帰ってきました。
私は玄関へと向かい、誠さんを見ると笑顔で言いました。

「おかえりなさい、誠さん!」

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く