獣少女と共同生活!?

【夕立】

第四話 やはりみぞれは女性だなと思った

食事が終わった俺達は、ショッピングモールにある洋服店に来た。勿論、俺がいつも来るし○むらではなく、今日はユ○クロに来た。多分女性服ならこっちの方がありそう(偏見)。
……まず、みぞれの服のサイズ俺知らねぇや。
と、言うことで知っているみぞれ自身に選ばせる事に。今まで貯金は貯めてあるし、ある程度多くても大丈夫。
みぞれは一着ずつ選んでいく。手に取ったと思えば戻して、また手に取ったと思えば戻す。その繰り返し。
やっぱり、こうゆうとこは女性なんだなーと思いつつ、見守る俺。親みたいな事してるな、俺。
服が決まったら後は下着か……。ここに確か売ってるよな?
まぁ、どちらにせよ俺が選ぶわけじゃない。みぞれに全てを任せよう。うん。
すると、みぞれがこちらに服を持ってきて話しかけてきた。

「誠さん、どっちの方が似合いますか?」
「んー、どっちも似合いそうだな。とりあえず試着でもしてみたら?」

そう言うと、みぞれは俺を連れて試着室まで小走りで向かった。
ふむ……。女性の服選びをした事ない俺にちゃんと務まるだろうか?素直な感想を言うだけでいいのかな?
いや、みぞれだったら着こなすだろう。女子高生なんてなんでも着こなしそうだし(偏見)。
そんな事を考えていると、中から「終わりましたー」と一言。それと同時に閉じていたカーテンが開く。
おぉ……、女の子らしい服装だ。
ちょっとモコモコした白い服に、黒っぽいスカート。眼福です。

「ど、どうですか?」
「うん、似合ってる。可愛いよ」
「ありがとうございます!」

どうやらご満悦のよう。返答はこんな感じで素直な感想でいいのか。

「それじゃあ、もう一着の方も見せますね」
「うん、待ってる」

そう言うと、またみぞれは試着室の中へ。
んー、次はどんな服が出てくることやら。ワンピースとかも似合いそうだし、ロングスカートとかもいいな。コートとかも似合いそう。
そう考えてると、また中から一言。次はどんなのかなー。
そう期待してると、カーテンが開く。
そこには、意外な服があった。
縦セーターである。
みぞれの胸が主張され、ちょっとぶかぶかの袖。ナニコレヤバい。
みぞれ、胸あるなーとは思ってたけど、これ結構あるよね?Eはあるよね?

「あの……どうですか?」
「買おう。それは買おう」

即決。ちなみにさっきの服も勿論買うが、これは買わなきゃ損。寧ろ着て下さい。
そんな変なイベント(?)がありつつも、買い物が終わった。
結構服などを買い、これで暫く服には困らないだろう。
みぞれも始めは遠慮していたが、試着して似合うやつはほぼカゴに入れた。お陰でカゴが2つ分一杯になったが。
縦セーターと横セーターはそれぞれ2〜3着ずつ。だって見たいからね。欲望には逆らえないね。
こうして、俺達はユ○クロを後にした。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く