獣少女と共同生活!?

【夕立】

第一話 ウサギの少女

4月。
社会は入学式や入社など、様々な形で新たな出会いを迎える時期。
勿論、この俺朝倉 誠あさくら まこともその1人だ。
プログラムの会社に勤めて3年。流石にプログラミングにも慣れ、そこそこ安定した地位を手にした俺は、今日もいつもと変わりのない日常を送っていた。
納期や新入社員の面倒見などがあったりなど、少しいつもとは違うかもしれないが、それは誤差の範囲。俺の平和な日常は何一つ変わらない。
会社から帰宅する途中に電車に乗るのだが、睡魔に襲われて寝てしまい、いつの間にかよく分からない土地まで来てしまったが、幸い帰りの電車もある。……1時間半も後だが。
仕方なく時間を何処かで潰そうと考え、たまたま周りを見渡すと登山道らしき小道を発見。
一本道らしいので迷う心配もない。時間も腕時計で確認出来るので、見ながら歩いていれば間に合わないという事は少ないだろう。
……が、そんな慢心があんな大変な事になるとは思ってもいなかった。


山の中間くらいまで来ただろうか。広い空間が広がった場所へと繋がり、そこには小さな池があった。
夜空は星々が輝き、その夜空池が鏡のように移す。それは幻想的で、とても綺麗な光景だった。
目を奪われて見ていると、近くで草が不自然に動いた。
小動物でも動いたのだろうか……?
好奇心でその草に近づき、ゆっくり音を立てないように覗いてみる。
すると、そこに居たのはウサギの耳が付いている少女がスヤスヤと寝ていたのだ。
……なんでこんなところにコスプレ少女が?
見た感じ、高校生くらいの女の子。服はちょっとボロボロだが、長い耳と丸い尻尾はそこまで汚れていないように見える。
家出したコスプレ少女とか初めてみたぞ?まぁ、家出少女自体見たの初めてだけど。
時刻は22時を過ぎており、親御さんも心配しているだろう。

「こんな所で寝ていると風邪引くぞー」

少女の身体を揺すりつつ、声を掛けてみた。
するとウサギ耳がピクピクと動き、ゆっくりと目を開けてこちらを見た。

「……あ、人間さん。おはようございますぅ」

まだ寝ぼけているらしく、目をこすりながら返事をした。
ここの地域の子だろうか。……じゃなきゃここには居ないか。

「もう夜も遅い。送って行ってあげるから、もうお家に帰りな?」
「そうですね……。ところで、今何時ですか?」

彼女は時間を聞いてくる辺り、時計や携帯電話などを持っていないのだろう。今時の子にしては珍しい。
腕時計を見ると、時刻は22時25分。電車は約一時間後に来るわけだから、送っていっても間に合うとは思う。

「えっと、22時25分だね」
「えぇ!?もう22時を過ぎてしまったのですか!?」

時間を伝えてあげると、22時を過ぎている事に焦っていた。門限とかなのだろうか?
女の子は慌てながら辺りをキョロキョロ見渡し、空を見上げ、大きなため息をついた。

「大丈夫?門限とか?」
「いえ、22時を過ぎてしまったので家に帰れなくなってしまったんです」

……家に帰れなくなった?
電車はまだあるし、バスは……通ってると思う。
家の人が厳しくても、流石に『帰れない』というのは可笑しい。
ここはもう少し事情を聞いてみよう。

「えっと、家に帰れないって何か理由でもあるの?」

そう質問すると、彼女は息を整え、真剣な目でこちらを見た。

「はい。私、ご覧の通りウサギなのです」
「うん、ちょっと待って」

ご覧の通り、ウサギだと?
誰がどう見てもウサギのコスプレとかにしか見えない。これをウサギと言う人は居ないと思う。

「えっと、俺の目に狂いがなければだけど、何処から見てもコスプレをした女の子……だよね?」
「違いますよ!コスプレとかじゃなく、しっかりとしたウサギなんです!証拠に……って、何で私人間の姿になってるんですかぁ!?」

彼女は自分の姿を確認すると、また驚いた。
自分の手や足、耳や尻尾を触ったり見たりして確認した。
その仕草ひとつひとつが可愛い。23歳独身の俺、感動。
しかし、動物が人間になるなんて聞いたことがない。漫画やアニメの世界ならありそうだが。
彼女自身も何故人間の姿になっているのか分からない辺り、自分自身の力で人間の姿になっているのではないのか。

「とりあえず、君のことを教えてもらってもいいかな?」
「は、はいです……」

そう彼女は警戒しながら話してくれた。
彼女の話を簡単にすると、彼女は別の世界から来たらしい。
その別の世界というのが、動物達だけの世界。アニマルワールド的なものに彼女は住んでいた。
その世界には人間年齢でいう18歳になると、別の世界の森で一週間暮らし、生活や行った世界の記録などをして帰ってくるというものがあるらしい。
彼女もその最中で、今日で7日目だったらしいのだ。
彼女が元の世界へ帰る方法は、21時から22時の間に御神木にお供え物を置くだけらしい。
しかし、突然の睡魔に襲われて寝てしまい、お供え物を指定の時間内にお供え出来なかった。
……今の俺もそんな感じだな。電車で寝過ごしてるし。
つまり、彼女は帰る場所がない。かと言ってここで過ごすとしても、見た目はコスプレ少女。警察に通報されかねない。
さらに、この世界の一般常識も知らない。これは色々とまずいのでは?
うーむ。この現状を他の人には知らせず、尚且彼女を安全に暮らせる方法……か。
まぁ、案はなくはない。が、彼女はそれでいいのだろうか?
……帰る手段が戻るまでなら大丈夫か。
そう考えた俺は、彼女にこう提案した。

「君は、ここの世界で過ごすには一人では大変だろう。もし君が良ければ、俺の家で過ごさないか?」

うむ、我ながら不審者っぽいな。
いや、この現状を知ってて周りに広めない方法。俺が彼女を守ってあげるしかないだろう。うん。これは最善の策なんだ。
彼女は、それを聞いて迷った。が、その迷いはすぐになくなった。恐らく、俺と同じような考えをしていたのだろう。

「よ、よろしくお願いします!」

彼女はペコリと頭を下げた。
こうして、俺とウサギの少女との共同生活が始まったのであった。

「獣少女と共同生活!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く