ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

動けなくなるなら飛び出すな

「ヴォォァァオ!」


 瑠璃の【水鏡】を食らったマハドルは、雄叫びを上げながら私に凍らされた足を無理やりに引き剥がし、自身にダメージを与えた瑠璃に拳を振り下ろす。


 やはり、今のカウンターで瑠璃を脅威と認識したか?


 私の周り人間が「逃げろ!」と、瑠璃に向かって叫ぶ声が響く。幸いな事に、先程のビームで凪ぎ払われた地点に居た瑠璃達の近くには人は居らず、マハドルのこぶしはアクアとエレオノの前に出た事で孤立状態に在る瑠璃だけを狙って居る。


 そして私は、そんな一人の状態であの巨大なマハドルの拳に晒されて居るという瑠璃の状況を・・・・呆れて見ていた。


 ドゴォォォン!


 爆発が起きたかの様に飛び散る地面と舞う土煙と共に、マハドルの拳は瑠璃に到達し誰もが瑠璃の無惨に散る姿を幻視する。


 しかし「ヴオォォオ!」そんな叫びと共に瑠璃を攻撃したマハドルの腕が血を噴き出す。


 そして誰もがマハドルの攻撃で、その五体をバラバラに砕かれたと思った瑠璃が、マハドルが拳を引く前にその血の噴き出す腕を駆け昇る姿が見える。


 腕の中腹肘の関節辺りまで登った瑠璃は、勢いそのままにマハドルの肘関節を狙い拳を振り下ろしそれと同時に飛び降りる。すると、瑠璃が着地すると同時に瑠璃に打撃を加えられたマハドルの腕の部分が一瞬膨らみ、ドバン!と弾け、八つの内の一つの腕が落ちる。


「えっと、何が起きたのかな?」


 一連の行動を見ていた私の後ろには何時の間にかコロ達が来ていた。腕を破壊された痛みに吠えるマハドルの咆哮を聞きながら、私は周りに攻撃部隊交代の指示を出しながらコロの疑問に答える。


「簡単な事だ。マハドルは自分の魔力攻撃をカウンターで返した瑠璃を脅威と認識した。そこで自分の攻撃圏内に居た瑠璃を、手っ取り早く直接攻撃したんだ。まあ、そうなると思ったから私もギフトで奴の足を地面毎凍らせたがな」


「そ、それは解るよ。でも何で攻撃したマハドルがあんなにダメージを受けたのかな?」


「今説明するから慌てるな。結果私の攻撃を無理やり引き剥がして攻撃したマハドルは、体勢が整わないままに本能に任せて、脅威となる瑠璃を攻撃した。だがな、そんな体勢が不十分な状態で足元に居る瑠璃を攻撃した所で、瑠璃に取っては驚異でも何でも無い。力の籠らない攻撃は瑠璃にいなされたんだ」


「み、澪さま?いなす・・・と、言いますが幾ら力も無く、体勢が不十分でもあの巨体ですよ?ど、どうやって・・・」


「ああ、拳の当たるインパクトの瞬間に打点をずらして、衝撃を全て自分の手前の地面に当たる様にしたんだろ?オマケに角度まで調整する事でつっかえ棒の様にして、自分自身の力と重量で腕の破壊まで狙いやがった。それがいきなり血が噴き出した理由だよ。後はその腕を伝って破壊した腕の一番脆い所に【水破】を打ち込んで内部から決壊させたんだ。その破壊も全体でなく一部にする事で、血管を爆発する様に仕向け内部から圧力で破裂させたんだな」 


「え、えっと、瑠璃って凄いのかな?」


「・・・単純な戦闘力なら私と白亜の二人でも敵うか分からんな」


「頼もしいのやら恐ろしいのやらですね?」


「やっぱりハクアちゃん達ウチに来てくれないかしら?」


「ウチもスカウトしたい位なんだが?」


「あ、あははは・・・」


「ふむ、とは言え瑠璃がタゲを取るならこのままではいかんな。コロ、瑠璃と交代でアクアの護衛に付いてくれ。瑠璃!お前もコロと交代で私と共に行動だ!」


「了解。行ってくるかな」


 二人に指示を出すと瑠璃がやって来る。やはりと言うべきかマハドルは瑠璃に狙いを定めるかの様に目で追っている。


 しかしその隙に、攻撃部隊の交代も済み刻炎のメンバーがマハドルへの攻撃を開始する。どうやら瑠璃に落とされた腕は既に再生している様だ。


 再生が早いな。それに白亜の言った通り本能的な行動だ。基本は攻撃する者の迎撃。密集地帯への攻撃。たまに人の居ない所へと移動するのは何だ?それの意味が分からんな?後はやはり【結界】の存在か。いや、それは後回しだな。それよりも、そろそろか?


 瑠璃と合流を果たした私は後ろから放たれた合図を見て、事前に打ち合わせしていた時間になった事を確認し、再びギフトでマハドルの足止めをする。


「時間だ!全員下がれ!」


 私の合図で攻撃部隊の面々が凍らせた部分から退避する。それを確認した防御部隊は盾を構え衝撃に備える。同時にクーの合図が飛び魔法部隊が一斉に土魔法でマハドルの下に落とし穴を作る。


 土魔法で開けられた落とし穴は、マハドルの巨体の下半身を丸っと隠して仕舞う程に深かった。それでもまだ見上げる程の高さでは在るがそれでも十分過ぎる程の成果だ。


 流石に時間を掛けて魔力を練り上げた事は在るな。


 そして、マハドルが落とし穴に落ちると共に、残りの魔法部隊がマハドルに一番効いた属性の火魔法で追撃を図る。ドゴォォォ!特大の火球が穴に嵌まったマハドルに炸裂する。それに合わせ遠距離攻撃部隊や魔法が得意ではない面々も次々に攻撃を加える。


 土煙で見えないがマハドルのHPは未だに健在だ。私は全員に待機を命じ、何が起きても良い様に防御を怠らないよう伝える。


 何が起こるか分からないのだから土煙が晴れるまでは待機するからべきだな。しかし、白亜に言われてヘルにHPを可視化して貰ったがこれは便利だな。いちいち調べなくても良いのは助かる。


 今私の目にはゲームの様にHPがバーの様に見えている。白亜の話では数字で視る事も出来るらしいがこれでも十分だった。


 私がそんな事を考えながら土煙が晴れるのを待っていると、それに焦れたバカな下級冒険者が何を思ったか数人飛び出して行く。


「なっ!?何をしている!」


「はっ!何をビビっているか知らないが、弱って居る今が仕留めるチャンスだ!」


 奴等には私達の様にHPは見えていない。そのせいで既に瀕死状態と勘違いしたのか?!


 私は直ぐに周りに再び待機を命じそいつらを追い掛ける。すると、ブワッ!と土煙を掻き分けながらマハドルの腕が冒険者に伸びていく。それを見た冒険者は咄嗟の事で動けない。


 バカが!動けなくなるなら飛び出すな。


 私は内心で悪態を付きつつ冒険者共を思いきり飛び蹴りで蹴り飛ばす。


「ぐぁっ!」


「みーちゃん!」


「澪さま!」


 冒険者の変わりにマハドルの手に捕まれた私は、何とか脱出しようと力を込めるも潰されない様にするので精一杯だった。


 くっ、マズイ、。


 ギチギチと嫌な音が体の中から響いてくる。そんな私を嘲笑うかの様に更に力は込められる。


「あがぁぁ!」


 ギフトで手を凍らせ様としても上手くいかない。他の人間も私を助けようとするが魔法は撃てず、マハドルの妨害で私まではたどり着かない。駄目か・・・私がそう思い掛けたその時、マハドルがいきなり空を見上げる。そこには遥か上空から何かがマハドルに向かって凄まじいスピードで向かって来るのが見える。


「グォォァォォ!」


 咆哮と同時に再び口からビームを放つマハドル。極太の黒い本流が天に登り襲撃者を襲う。しかし、その襲撃者も天空で光を放つと更にスピードを上げ、黒い本流をスレスレで交わし一気に落ちる。


「ヴオォォオ!」


 マハドルに向かって落ちた襲撃者は、その手に持つ刀をマハドルの目に突き刺しそのまま切り刻む。すると痛みに呻き咆哮を上げ私の拘束が緩み、私はそのまま重力に引かれ自由落下する。 


 そんな私を襲撃者は空中でキャッチして【結界】を足場にそのままマハドルから距離を取る為に飛びなが。


「よう。お待たせ」


「相変わらずルーズな奴だな。十分何てとうに過ぎたぞ」


「最低でもとは言ったもん」
  
 そんな風にのたまわった。



コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品